ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。

大学受験の国語における「文法」について〜無料体験授業も開催致します!

2018年04月17日

 大学受験生のみなさん、いよいよ受験年度が走り出しましたが、国語、特に文法についての対策は、できていますか。ここでいう対策とは、動詞の活用を全部覚えているとか、助動詞の意味・用法や活用を暗記し終えているという意味ではなく、それらを古文の文章中で的確に判断する、その力が身についているでしょうか?という問いかけです。

大学受験における文語文法、すなわち古文の文法は、きわめて大事です。古文の出題がない大学(センター利用を含めて)だけを受験する方はもちろん不要ですが、国公立理系受験の方を含め、受験科目に古文が入っている方は、一学期のうちに文法の骨格をきちんとつかんでおきましょう。

センター試験では、古文のうち文法の出題は、ほぼ1問です。私大一般入試では大学の出題傾向にもよりますが、1問から3問程度の大学が多いです。

このことから、文法はないつもりで…と口にする高校生を時おり見かけますが、それでは全体で合格ラインを突破できるだけの得点を、国語で上げることはできません。その理由は大きく言って二つあります。

 まず、いわゆる文法、すなわち助動詞や助詞の識別などの問題は1問でも、センターではほかに文中での語釈の問題が3問あり(第3問の問1)、ここでも語句の意味だけでなく、文法の基礎知識が必要になります。これだけで、古文50点のうちの20点を占めるわけです。私大の一般入試においてもほぼ同様です。

 そして、さらに重要な点ですが、古文の場合は文法(と重要古語の意味)を押さえていないと、文章の内容が読みとれないことがあります。完璧でないにせよ、文法の基礎は十分理解しておかないと、大まかな流れをつかむこともできないのです。それができていて、ようやく次に、登場人物の動作や会話を切り分けて行く、という段階にすすみます。また、漢文受験が必要な方も、古文の文法がわかっていないと、理解できない部分が出てきますね。

 こうした文法の基礎の部分への対策を、夏休み、あるいは2学期になってからはじめようというのでは、合格の可能性を自らせばめようとするようなものです。夏休み、2学期には、身につけた文法を駆使して、文章理解に注力してこそ、高いレベルの得点をめざすことができ、合格もぐっと身近にたぐりよせることができます。

 今週末の21日土曜日、13時から、「大学受験のための古文・文法<無料体験授業>」を開催致します。国語を武器に大学受験を成功させたい方は、ぜひこの機会をご活用下さい。既卒者(浪人)の方にも対応致します。詳細は以下のリンクからご確認下さい。
http://blog5.kotogaku.co.jp/article/182977770.html 4月21日無料体験会のご案内


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com




posted by 言問学舎 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:


コメント:

※折り返し担当のものよりご連絡いたします。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183008196
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック