ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。

都立高校推薦入試得点開示/個人面接・集団討論満点の報告がありました!

2018年05月12日

 今春高校に進学した新高校1年生は、まもなく初めての中間テストを迎えるところです。その中の一人から、昨夜連絡がありました。

 入試結果報告において2月1日からお知らせしてきた、都立北園高校に推薦入試で合格、進学した生徒からの連絡で、内容はその推薦入試の得点開示を受けた、結果報告でした。

 北園高校は、調査書点500点、個人面接・集団討論250点、作文250点なのですが、彼の結果は、個人面接・集団討論が250点中250点、作文が250点中235点というものでした。個人面接・集団討論は文句無しの満点、作文の得点率が9割4分、双方あわせて(実際の入試得点率で)9割7分という、すばらしい結果を出してくれたのです。

 この生徒は中学時代に生徒会長を務め、ほかにも幅広い体験、経歴を持っていて、面接の練習をしていても、本当に面接向きだな、と感心させられる生徒でした。ですから個人面接・集団討論の満点は、彼自身の実力によるものと考えております。いっぽう作文でも、こちらの指導をしっかり受け止め、的確に反映させる対応力を見せてくれました。そんな彼からの「先生の細かなご指導のおかげです」という言葉は、まことに嬉しく感じられました。

 本年度中3生につきましても、随時都立高校推薦対策をスタートします。指導科目は小論文・作文と個人面接・集団討論対策です。二学期期末テストまでのレギュラー授業では小論文・作文と内申対策(中間・期末テスト対策と読解力養成)を中心とし、夏期講習で集団討論対策を実施します。

 小論文・作文を書く力や面接・討論での幅広い対応力は、一朝一夕に身につくものではありません。また一般入試との二段構えで臨む上では、平成28年入試で小山台高校に合格・進学した受験生(現高校3年生)が、一般入試(共通問題)の国語で100点満点を取ってくれるなど(こちらも得点開示の結果です)、一般入試の国語で高得点を取らせる指導も、言問学舎の授業の強さとして定着しています。

 来春、推薦入試を含めて都立高校合格をめざす方は、お早めに言問学舎にご相談下さい。無料体験授業は、月・水・金のレギュラー授業に一週間分ご参加いただけます。科目・曜日などの詳細は、直接おたずね下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:


コメント:

※折り返し担当のものよりご連絡いたします。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183213311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック