ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。

<総合学習塾>としての言問学舎の実像をお伝え致します

2019年01月12日

 昨年末の冬期講習及び年明け三学期の授業開始後、言問学舎では多くの新入塾生、体験授業受講者をお迎えして、大変活気のある平成31年のスタートとなっております。

 日ごろ、国語に大きな特色のある塾として、国語に関する考察や国語関連の実績のご紹介を多くお知らせしておりますので、今日はこの機会に、総合学習塾としての実績、実像を、お伝えしたいと思います。

 まずはもっとも明確な指標として、平成30年度中3生の、3年一学期→二学期の通知表評定のアップの状況を、ご報告致します(生徒たちの了解を得て公表するものです)。

・生徒@ 国語、社会、理科「4」→「5」、英語「3」→「4」、9科合計で評定「5」アップ
・生徒A 英語「3」→「4」、9科合計「1」アップ
・生徒B 数学「4」→「5」、英語「3」→「4」、9科合計「2」アップ

 平成30年度の文京区立中学在籍者は以上の3名で、全員評定が下がった教科はありません。また3名トータルで見ると、国・数・英・社・理の主要5教科すべてにおいて、評定アップを実現しています。ちなみに在籍校は文京六中2名、三中1名です。

 このように通知表評定(=内申点)をアップさせるための指導の決め手ですが、率直に言って二つの基本方針が、重要な局面でよい結果を生むことにつながっていると思われます。

 一つはまず、中3になる時の春期講習、中3一学期を終えての夏期講習で、1・2年領域の復習確認を徹底していることが挙げられます。中3で習う領域の内容でも、特に数・英では1・2年の基本ができていないと、理解も対応もできないことが多いです。遠い目標(高校受験)を見て焦ることなく、まずはしっかり1・2年領域の足もとを固めさせる。昔から言われている鉄則ですが、これをきちんと実行させることが、大きな成果につながっていることは間違いないでしょう。

 二つ目には、徹底した中間・期末テスト対策が挙げられます。中3生では各テストの約1か月前から、教科書準拠版のテキストを使い、テスト範囲に絞った学習を徹底します。ここでもまず基礎を固めてから、理解度に合わせてハイレベルな内容へと進んで行くなど、基礎固めに加え、少人数集団授業の利点を最大限に生かし、一人一人のレベルに即して実力をつけさせる指導を実施しています。また、期末テスト前には実技4科のテスト対策も実施しています。

 これらの指導が実を結んで、例年中3生のほぼ全員が2学期に評定を伸ばしています。また昨年度(平成29年度)の中3生は、数学の偏差値(育伸社学力テスト)を4月から10月の半年で「18」アップさせました。もちろん、成績が上がるのは何よりも本人の努力によるところが大きいのですが、言問学舎ではそれを引き出すのに最適な環境と指導ブログラムが整っている上、舎主のほかにも5科すべてに力量のあるスタッフがそろっており、全員が一丸となって生徒のために力を尽くしていることが、生徒の成績の伸びにつながっていると言っていいでしょう。

 ことし、新しくともに勉強する方たちを、言問学舎ではお待ち致しております。入塾説明会第1回は、1月26日(土)に開催できる見通しとなりました。後日詳しいご案内をお出ししますが、入塾のご相談、無料体験授業は、随時受け付けしています。どうぞお早めに、メール、電話、自動予約システムにて、言問学舎舎主小田原漂情までご相談下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:


コメント:

※折り返し担当のものよりご連絡いたします。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185370806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック