ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。

言問学舎の強み‐新学期説明会・体験授業週間を前に

2019年03月07日

 3月に入って、各高等学校では卒業式が連日のように行なわれています。国公立大学をはじめ、これからの合格発表を待つ方もたくさんおられますが、学校や子どもたちを取り巻く環境は、卒業、進学、進級の色に染められているこの頃です。

 そして私ども「塾」の内側は、受験生たちがいったん卒業し、新しい塾生を迎える入れ替わりの時期となっています。今週末から言問学舎新年度(3月15日開講)に向けての説明会・体験授業週間に入りますが、それにあわせて言問学舎の「強み」をわかりやすくご案内致しましょう。


★言問学舎の強みその1

 何といっても、国語を教える力に長けていて、子どもたちに「真の国語力」をつけさせることができるのが、言問学舎の最大の強みです。舎主・小田原漂情は、自らが歌人・小説家であり、大学受験までの国語の全分野に精通していて、近年は東京都立高校の推薦入試における小論文・作文指導や、公立中高一貫校適性検査の記述問題対策等で、高い実績を残しています。また間もなく、言問学舎の国語指導の精髄を凝縮した新刊『国語のアクティブ・ラーニング 音読で育てる読解力』を刊行します(言問学舎発行。書店注文も可能な形を取ります)。

★言問学舎の強みその2

 言問学舎は、今年6月から17年目の歩みに入ります。舎主・小田原漂情は、満40歳で言問学舎を創業する前は、学習参考書を発行する出版社に長く勤務するなど、ずっと教育業界の実情を見つづけて来た、私教育界のベテランです。その舎主が、日々の勉強や塾での生活の様子から、受験に向かって揺れ動く子どもたちの心のありようにまで、毎日細かく目を注いでいます。もちろん受験指導にあたっては、あらゆる可能性を想定しながら早め早めに策を立て、自らが先頭に立って各学校、大学との折衝にあたることもあります。

 これらの目くばり心くばりはひとりひとりに万遍なく、間違いなく向けられますから、一人の生徒が受けられる「授業内容に隣接した領域のサービス」にきわめて大きなものがあり、言問学舎の強みその2と言っていいでしょう。

★言問学舎の強みその3

 時々、「言問学舎は国語の塾ですか?」という質問が寄せられます。「国語を教えることに強い塾ですか」ということが問いの内容であるとすれば、まさにその通りです。ただし言問学舎は、「国語だけを指導する塾」ではありません。小学生の4科、中学生・高校生の5科にすべて対応しています(大学受験の地歴公、理科の一部科目は教員が常時在籍していない場合もありますが、ご要望にあわせて採用または派遣手配を致します)。

 すなわち、小・中・高生の主要教科の勉強すべてを指導する総合学習塾でありながら、国語指導において「真の国語を教える」塾であるととらえていただければ幸いです。

 そして、言問学舎の全科対応体制を支えているのは、常時十数名が在籍している、優秀な講師たちです。社会人数名のほか、東大または有力大学の大学生・大学院生が、言問学舎の理念をしっかり体現してくれているからこそ、子どもたちのわずかな変化もきちんととらえ、子どもたちとともにゴールをめざしていけるのです。講師の定着度が高く、生徒との関係も豊かで安心できることが、言問学舎の強みその3です。


 こうした「強み」を持ち、お子さんたちひとりひとりをていねいに指導する言問学舎の説明会・体験授業週間は、3月8日スタートです。日時のみを以下に掲載します。詳しくはリンク先の記事をご確認下さい。

◇3月期・春期講習説明会/国語の相談会

日 時:3月9日(土) 10:30〜 / 16:30〜
    3月10日(日)10:30〜 / 17:30〜
    3月13日(水)13:30〜 / 16:30〜
    3月16日(土)10:30〜 / 13:00〜

◇春期特別無料体験授業

日 時:3月8日(土)、9日(土)、10日(日)、13日(水)、14日(木)の全日、説明会開催時間をのぞく午後の全時間帯に、以下の学年・教科の無料体験授業を受講していただくことができます。必ずご予約下さい。

http://blog5.kotogaku.co.jp/article/185648894.html 説明会・体験授業の詳細はこちらから

 お申込み・お問い合わせは、電話またはメールにて、お気軽に舎主・小田原漂情までどうぞ。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:


コメント:

※折り返し担当のものよりご連絡いたします。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185669821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック