ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。

言問学舎・2019年度新学期スタートのご案内と受け入れ体制について

2019年04月06日

 4月第一週の土曜日、好天に恵まれ、あたたかい日となりました。「平成」の世も今月一杯、5月からは「令和」となることが、先日発表されました。出典である『万葉集』の梅の歌の詞書も一部の学年に教えましたが、ことし2019年が、平成31年と令和元年からなる1年であることも、子どもたちに教えています。身近な内容であることから、子どもたちにもわかりやすいようで(昭和64年と平成元年の1989年のことは、子どもたちにはピンと来ないものであるらしいことを、ずっと感じていました)、みな興味深く、受けとめています。

 さて、春期講習は本日をもって完了し、週明けの8日月曜日より、レギュラーの授業体制に入ります。現在のところ、各学年・コースとも、新入塾の方をお迎えすることが可能な状況です。ただ、中学受験生に関しましては、私立中受験は首都圏模試の偏差値60くらいまでの学校が第一志望であることを、難易度の上限とさせていただきます。2年連続で合格者を出している公立中高一貫校志望の受験生を含め、3名まで受け入れ可能です。

 また、大変申し訳ございませんが、舎主・小田原漂情の国語の授業は、平日16時半以降と土曜日午後はすべて時間割が確定しており、すでに設定されている時間割の中で、適正な授業時間をご案内させていただく形となります。例年のご案内と少々異なりますので、お詫びかたがたご案内させていただく次第です。

 いつも通り、無料体験授業ならびに入塾・教育のご相談は、随時受け付け致しております。電話およびメールのほか、「無料体験授業・入塾相談ご予約」システムを、どうぞご活用下さい。4月期の入塾説明会/国語の相談会は、13日土曜日に開催を計画しておりますが、先日ご案内した言問学舎刊の国語教材『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』の発売開始との関連から(出来・入荷時期の確認中)、後日お知らせを掲載させていただきます。

 2019年度、言問学舎での勉強をご検討下さっているみなさまは、どうぞお早めに、言問学舎舎主・小田原漂情までご相談下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com







posted by 言問学舎 at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:


コメント:

※折り返し担当のものよりご連絡いたします。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185821155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック