ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。

中高一貫校適性検査T対策〜「文章を書くこと」は決して難題ではありません!

2019年04月26日

 東京都内では都立小石川中等教育学校をはじめとする、公立中高一貫校の適性検査では、だいたい「適性検査T」として、300字〜500字の長文記述を必要とする問題が、出題されます。これが非常に難しそうだということで、チャレンジそのものをあきらめてしまう受験生やご家庭も、あることでしょう。向き、不向きという意味では、たしかに文章表現の得意なお子さんと、そうでないお子さんとの間で、適性検査体験の勉強をスタートする時点でのとっかかりの良さ、悪さは、あるかも知れません。
しかし合格者を含む受験生が、みんな文章を書くのが得意だったはずはありませんし、適性検査はU、Vなどでも記述式で回答する箇所も多いですが、書くことが得意だというだけで合格できるわけでもありません。

 そしてまた、文章を書くということは、特別なことではありません。中高一貫校の適性検査で合格するのはたしかに大変なことですが、合格するかどうかは文章表現力の良し悪しではなく、求められている答えを書けるかどうかです。それには「書く力」以外の部分が大きいですし、文章表現の方は、コンクールで入選するような「名文(?)」が必要なわけでもないのです。

 とはいえ、適性検査T、U、Vとも、記述式の問題が主になるわけですから、中高一貫校の受験を志す以上、適性検査の各設問に対する解答が「書けるようになる」勉強をすることは、必須の課題であると言えるでしょう。そして、その時に書く文章は、「特別なもの」である必要はなく、しっかり勉強する意思のあるお子さんなら、きちんと書けるようになる。それが言問学舎の公立中高一貫校対策コースの特徴です。小石川中等教育学校は開校初年度に、そして近年では、今春白鷗高等学校附属中学校、昨春千代田区立九段中等教育学校に、合格者を送り出しています。

 具体的に「文章の書き方」をお子さんたちにお教えする言問学舎の「適性検査T対策 無料体験授業」を、4月29日(月・祝)および5月2日(木・祝)に、開催致します。

◇中高一貫校適性検査対策授業体験会

日 時:4月29日(月・祝) 13:00〜14:00
               17:00〜18:00
    5月2日(木・祝)  11:00〜12:00
               17:00〜18:00
会 場:文京区西片2−21−12 言問学舎 ※南北線東大前駅徒歩3、4分

対 象:小学4年生〜小学6年生

参加費:無料
    
※当日までに必ずご予約下さい(直前のお電話でもけっこうです)。『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』掲載の作品を使った「文章の書き方」の授業を行ないます。学年の違う方が同時に授業を受ける場合(例:6年生と4年生)、教材の内容を別にして対応する場合があります。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
 


posted by 言問学舎 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:


コメント:

※折り返し担当のものよりご連絡いたします。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185915376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック