ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。

春本番!そろそろ腰を上げて新学年にそなえましょう!

2020年03月21日

 昨日の春分の日、そして今日と、東京では日中の最高気温が20度を超え、季節としては「春本番」となってきました。新型コロナウイルス関連の休校、自粛の動きのため、市況が大きく冷え込む中、深刻な状況に苦しむ中小企業、自営業の方も多いと聞きます。もちろん私ども言問学舎も、特異な状況の中で、予測と大幅に異なる新学期を迎え、日々対策に追われる立場であります。

 しかし、世の中がどんな状況であろうとも、子どもたちの「勉強」は、ストップして良いものではありません。「ゆとり教育」時代に学齢期を過ごした年代の人たちは、勉強が「易しくて」幸せだったのか?そんなことはありませんね。あとで困ったり、悔しい思いをしたりした人もいるはずです。

 同じようなことが、今、小・中・高等学校に通っている人たちにも言えます。このあいだ、4月から高校2年生になる生徒たちに質問しました。

 「この3月、ほぼ1ヶ月学校が休みになって、君たちの勉強量は大きく減っている。では再来年の1月、2月に、君たちが大学を受験する時、各大学は、ここの1ヶ月の勉強量減少に配慮して、その分だけ入試を易しくすると思うかい?」

 すると5人の現高校1年生は、みな等しく、首を横に振って答えました。

 「思いません・・・。」と。

 3月も、残すところ10日ほど。4月からは、新型コロナウイルスの感染状況にもよりますが、各学校ともおおむね通常どおりに動きはじめる方向へ、向かっているようです。これまでの3週間は、もう過ぎたこと。これからはじまる新しい学年の一年間のために、そろそろ腰を上げ、腰をすえて、勉強をはじめる時がきているのではないでしょうか。

 かねてお知らせした通り、言問学舎の春期講習は、今からの参加お申し込みもできますし、そのうちの一部を、無料体験授業とすることもできます(4月からの通塾予定教科の1週間分で、1コマ〜6コマです)。また、新中3数学の「確率」、新中2数学の「資料の整理、活用」など、3月の休校期間に学校で習うことができなかった領域も、最初に指導します(前期の数学以外は申し出制)。

 お申し込み・お問い合わせは、各サイトメールフォームまたは電話で、お気軽に言問学舎舎主・小田原漂情までどうぞ!


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com




posted by 言問学舎 at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:


コメント:

※折り返し担当のものよりご連絡いたします。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187295131
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック