ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。
最近の記事

『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』は、書店注文でお求めいただけます!

2019年05月23日

 先月、言問学舎より発行発売した、真の国語力を育てる国語教材『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』は、子どもたちに大好評で、関係各方面からも高い評価をいただいております。1冊の本になったことで、同じ形式のプリントでの学習に習熟していた言問学舎の生徒たちも、より積極的に「書くこと」に取り組むようになり、1回の授業で書き上げる感想文の分量が、平均して200字詰原稿用紙1枚分ほど、増えるようになりました。

 『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』で勉強すると、「考えて、書く」ことが、苦にせずできるようになります。まず、親しみやすい文章を、音読とともに楽しく読んで(付属DVDで、定評のある小田原漂情の音読を聞きながら、文章を読む構成です)、一番大きなハードルである、「国語の勉強を楽しみ、好きになる」ことができます。そして、子どもたちの考える力を引き出す「読解シート」で、やさしい手がかりから順々に考えを深めていって、最後に感想文を書き上げるところまで進むのです。

音読で育てる読解力.JPG

 先日ご案内した、今春の東京都立高校推薦入試において(北園高校に合格)小論文で8割の得点を上げた現高校1年生の生徒も、中3からの入塾ですから直接同書を使った授業をしたわけではありませんが、通常の授業で音読を通して国語に深くなじんでおり、また小論文対策では「手がかり」を見つけて自分の考えを組み立てていく、同書のコンセプトをそのまま生かした言問学舎の「書く授業」で小論文の力をつけて、みごとに合格したのです。

 また平成31年入試(今春4月入学)では、2名が東京農業大学に合格、進学していますが(農学部と生物産業学部に1名ずつ)、この人たちも、同様に言問学舎で「書く力」を身につけて、希望をかなえたのです。二人とも、小論文と面接が決め手となる推薦入試での合格でした。

 『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』発売当初は、言問学舎へのメール申し込みかご来社でお求めいただくよう、ご案内致しておりましたが、現在は、全国の書店からの注文に対応できる体制が、整っております(地域にもよりますが、「大取り次ぎ」と直接の取引ではないため、10日前後、到着まで時間がかかるケースもあります)。また、主要都市の大型店には少部数ですが配本されておりますので、「どこの書店に送られているか」については、言問学舎まで電話またはメールでお問い合わせ下さい。

 ネット書店での販売についても現在検討中です。今しばらくお待ち下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com






posted by 言問学舎 at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

都立高校得点開示結果のご報告−北園高校小論文は8割をマーク!

2019年05月17日

 風かおる5月、今春入学した新高校1年生は、初めての中間テストを目前に控えています。いっぽう5月に入り、今春入試の合格者への得点開示が行なわれる時期となったため、北園高校に推薦入試で合格した生徒が、昨日、その結果を報告してくれました。

 本人の了承を得ておりますので、お知らせ致しますと、小論文が300点満点中240点、集団討論・個人面接が200点満点中141点という結果でした。小論文が得点率80%、集団討論・個人面接が70.5%ということで、申し分のない成績だと思われます。ちなみに内申点(素点40)を加えた総合点では、825点となっています。このデータは、来春以降北園高校または近いレベルの都立高校の推薦入試を受ける方たちの参考になると思われますので、本人承諾のもとにお知らせするものです。

 もちろん、この点数が「合格最低点」ということではありません。推薦受験者の得点分布グラフから推測すると、小論文は上位20名に入っており(合格者63名、受験者197名中)、集団討論・個人面接も上位70名前後と考えられます。また素内申が40未満で合格している級友もいるということですから、推薦入試の合格ラインは、女子でだいたい800点超というあたりかと思われます。いずれにせよ、平成31年1月実施の北園高校推薦入試女子で825点の受験生が合格しているということは、得点開示結果による正確なデータとして、参考になさって下さい。

 もとより、一般入試と違い、推薦入試では、過去問を解いて自己採点するということができません。また今年北園高校は、前年までの「作文」から「小論文」に変わったため、対応に苦慮した受験生も多かったのではないでしょうか。ちなみに先述したデータを提供してくれた言問学舎の生徒は、2日目の面接当日、帰って来たあとの第一声が、「楽しかったですよ」というものでした。この落ち着きも、合格をあと押しした強力な力だったのであろうということを、ひと言申し添えておきます。

 言問学舎では、平成30年4月入学(現高校2年生)、平成31年4月入学(現高校1年生)と、2年連続で、北園高校へ推薦入試合格者を送り出しました。今回の小論文の得点率80%という結果も示す通り、「書く力」を育てることが、合格のためのきわめて大きな原動力となっております。また都立高校入試では、推薦入試単体で合格を考えるのではなく、一般入試との二本立てで合格を勝ちとるのが常道です。まず2学期の評定を上げることを主眼とし、「書く力」と5教科の学力をあわせて向上させてゆくためには、1学期の期末テストへの対策から、しっかりやっていく必要があると言えます。来春の都立高校入試で推薦を含む受験、合格を希望される方は、お早めに言問学舎にご相談下さい(データを提供してくれた生徒も、昨年2学期の時点で内申素点を「5」引き上げました)。

 本年度は、中3生8名の定員に対し、残席は3名です。毎週月・水・金の19時20分〜21時30分に授業があり、一週間分の無料体験受講が可能です。面談も随時実施致しますので、言問学舎舎主・小田原漂情まで、お気軽にお声がけ下さいますようお願い致します。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

【募集】2019年度 第1回日本漢字能力検定実施のお知らせ<準会場>

2019年05月09日

 文京区の総合学習塾言問学舎は、英検・漢検の準会場として塾生以外にも多くのみなさまに受検(準会場利用)していただいております。本年度第1回の漢検を以下の日程で実施致します。6月1日(土)実施の英検につづき、多くの方々のご参加をお待ち申し上げております。

<2019年度第1回 日本漢字能力検定検定【準会場】 実施要項> 

  実施日 7月12日 金曜日  ※今回は金曜日夕方の実施です。

  時間帯 同日 16時以降 

※申込者のご希望に一定程度対応します。申し込み集計後、実施時間の詳細を決定します(級ごとにその日一回の実施です)。

  
   検定料 10級〜8級 1,500円
       7級〜5級  2,000円
       4級〜準2級 2,500円
       2級     3,500円
              ※検定料は協会所定の準会場検定料です。
               当会場で受検できる級のみ掲示しています。
  
お申込み方法

 お問い合わせメールフォームまたはお電話にてお申し込みの上(この時点で正式に受付し、お席を確保します)、一度弊社までお申し込み手続きにお出で下さい。ご遠方もしくはお仕事のご都合などで事前手続きのしにくい方は、言問学舎舎主小田原まで、電話でご相談下さい。
  
お申込み締切日 6月10日 月曜日

※各検定協会の規程により、正式なお申し込み後のキャンセルはお受けしかねますので、ご承知置き下さい。


★南北線東大前駅下車徒歩3分、大変利用しやすい環境です。
(ほか、都営三田線・大江戸線春日駅徒歩9分。根津駅・本郷三丁目駅や路線バスもご利用になれます。詳しくはHPのアクセスをご覧下さい。)

★言問学舎の塾生以外の一般の皆様も、ぜひご遠慮なくご利用下さい。塾生になる必要などはありません。準会場としてお断りするまでもないことですが、受検されるにあたって「入塾の勧誘」に類する行為は一切行なっておりません。詳細については言問学舎専用ホームページ「英検・漢検の準会場」のページ等、あわせてご覧下さい。

★本年度1学期入塾生についても募集中ですので、あわせて塾をお探しの方は、本サイトほか言問学舎からのご案内を、ぜひご覧下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

令和元年の通常営業は5月7日火曜日よりスタートです!

2019年05月02日

 新しい令和の時代も和やかな空気のもとに滞りなくスタートし、10連休も後半に入りました。昭和から平成へ移行した際のやや重い雰囲気を記憶する身としては、かくもおだやかな新時代の幕開けに、思いを深くするばかりです。

 さて、私ども言問学舎は、4月29日から今日5月2日まで、受験学年など一部学年の授業と月例テストなど、特別体制の営業を致しましたが、5月3日から6日までは、お休みとさせていただきます。連休明けは5月7日火曜日13時30分より、通常営業と致します。

 6月1日土曜日実施の英検の受け付けは、7日火曜日までとなっております。メールは連休中も24時間受け付けておりますし、お電話を下さる方は、必ず「受検級、受検者のフルネーム、ご連絡先のお電話番号」を、留守番電話に残して下さい。この3点が確認できる留守番電話のメッセージは、締め切り前受け付け有効と致します。ただし、7日中に必ずご連絡を差し上げますので、留守番電話へのメッセージでお申し込み下さった方は、7日にこちらから連絡がない場合、8日中にお電話を下さるようにお願い致します。

 また、無料体験授業、入塾相談(面談)も、7日火曜日から通常どおり受け付けを致します。すでにご相談、体験授業がお済みで、連休明けからの通塾をご予定の方は、留守番電話もしくは7日当日のお電話で、その日からの授業に出席していただくことが可能です。

 なお、先日ご案内致しました言問学舎刊『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』は5月下旬より、書店でのご注文に対応することが可能となります。また、東京都内をはじめ、在庫のある書店もわずかですがありますので、電話もしくはメールでおたずねいただければ、ご案内させていただきます(取次の「地方・小出版流通センター」から委託されている書店です。各書店での陳列場所等はわかりませんのでご承知おき下さい)。『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』の詳細につきましては、以下のリンクよりご確認いただけます。
http://blog5.kotogaku.co.jp/article/185878819.html 真の読解力・国語力を身にけるのはこの1冊!


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

中高一貫校適性検査T対策〜「文章を書くこと」は決して難題ではありません!

2019年04月26日

 東京都内では都立小石川中等教育学校をはじめとする、公立中高一貫校の適性検査では、だいたい「適性検査T」として、300字〜500字の長文記述を必要とする問題が、出題されます。これが非常に難しそうだということで、チャレンジそのものをあきらめてしまう受験生やご家庭も、あることでしょう。向き、不向きという意味では、たしかに文章表現の得意なお子さんと、そうでないお子さんとの間で、適性検査体験の勉強をスタートする時点でのとっかかりの良さ、悪さは、あるかも知れません。
しかし合格者を含む受験生が、みんな文章を書くのが得意だったはずはありませんし、適性検査はU、Vなどでも記述式で回答する箇所も多いですが、書くことが得意だというだけで合格できるわけでもありません。

 そしてまた、文章を書くということは、特別なことではありません。中高一貫校の適性検査で合格するのはたしかに大変なことですが、合格するかどうかは文章表現力の良し悪しではなく、求められている答えを書けるかどうかです。それには「書く力」以外の部分が大きいですし、文章表現の方は、コンクールで入選するような「名文(?)」が必要なわけでもないのです。

 とはいえ、適性検査T、U、Vとも、記述式の問題が主になるわけですから、中高一貫校の受験を志す以上、適性検査の各設問に対する解答が「書けるようになる」勉強をすることは、必須の課題であると言えるでしょう。そして、その時に書く文章は、「特別なもの」である必要はなく、しっかり勉強する意思のあるお子さんなら、きちんと書けるようになる。それが言問学舎の公立中高一貫校対策コースの特徴です。小石川中等教育学校は開校初年度に、そして近年では、今春白鷗高等学校附属中学校、昨春千代田区立九段中等教育学校に、合格者を送り出しています。

 具体的に「文章の書き方」をお子さんたちにお教えする言問学舎の「適性検査T対策 無料体験授業」を、4月29日(月・祝)および5月2日(木・祝)に、開催致します。

◇中高一貫校適性検査対策授業体験会

日 時:4月29日(月・祝) 13:00〜14:00
               17:00〜18:00
    5月2日(木・祝)  11:00〜12:00
               17:00〜18:00
会 場:文京区西片2−21−12 言問学舎 ※南北線東大前駅徒歩3、4分

対 象:小学4年生〜小学6年生

参加費:無料
    
※当日までに必ずご予約下さい(直前のお電話でもけっこうです)。『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』掲載の作品を使った「文章の書き方」の授業を行ないます。学年の違う方が同時に授業を受ける場合(例:6年生と4年生)、教材の内容を別にして対応する場合があります。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
 


posted by 言問学舎 at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

【お詫び】英検に関するコメントを下さった方へのお詫びとお願い

2019年04月22日

 ただいま言問学舎で受検者を募集している6月1日(土)実施の英検受検のお申し込みを、4月20日(土)以降に本ページへのコメント(メール)の形でお寄せ下さいました方々に、お詫びとお願いを申し上げます。

 本日、コメントへの対応を行なう途中に不手際があり、ご返信のためのメールアドレスを当方で確認できない状況となってしまいました。深くお詫びを申し上げるとともに、お手数をかけて大変恐縮ではございますが、いま一度、このホームページの「英検・漢検のお申し込み」の項に掲載されている「【募集】2019年度第1回実用英語技能検定実施のお知らせ<準会場>」の記事より、コメントをお寄せ下さいますようお願い申し上げます。

 まことに申し訳ございません。よろしくお願い申し上げます。
posted by 言問学舎 at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎の「書く力」を体験!中高一貫校適性検査対策授業体験会を実施します!

2019年04月19日

 新小学6年生のみなさん。4月から最高学年となり、また中学受験を予定しておられる方は受験に向かう一年となって、希望と緊張の入りまじった毎日を、過ごしておられるのではないでしょうか。

 とくに「緊張」という面から言うと、保護者のみなさんの方が、お子さんたちよりもずっと強いものがあるかも知れませんね。

 国語に強い文京区の言問学舎では、本年度(2019年度)も、都(公)立中高一貫校受験を考えておられる方々のための「公立中高一貫校受験コース」を、開講しております。30年度に都立白鷗高等学校附属中学校、29年度は千代田区立九段中等教育学校へと、2年連続で合格者を送り出した秘訣である「文章読解・記述力指導」、すなわち「文章を書く力」を身につけてもらう根源の力は、創業以来つちかってきた「音読と読解、表現の講座」にありますが、このたびそのエッセンスを凝縮した、『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』を、上梓致しました(言問学舎発行・発売)。

九段、白鷗に合格した子たちも、この「本」(平成31年3月8日初版発行)を直接使ったわけではありませんが、同じ内容の学習を積み重ね、合格を勝ちとりました(1年間の授業の間には、他の形式の指導も実施しています)。テキストとして出版したことで、よりパワーアップした言問学舎の「適性検査T対策 無料体験授業」を4月29日(月・祝)および5月2日(木・祝)に、開催致します。

◇中高一貫校適性検査対策授業体験会

日 時:4月29日(月・祝) 13:00〜14:00
               17:00〜18:00
    5月2日(木・祝)  11:00〜12:00
               17:00〜18:00
会 場:文京区西片2−21−12 言問学舎 ※南北線東大前駅徒歩3、4分

対 象:小学4年生〜小学6年生

参加費:無料
    
※当日までに必ずご予約下さい(直前のお電話でもけっこうです)。『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』掲載の作品を使った「文章の書き方」の授業を行ないます。学年の違う方が同時に授業を受ける場合(例:6年生と4年生)、教材の内容を別にして対応する場合があります。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

真の読解力・国語力を身につけるのはこの1冊!言問学舎が読解力のためのテキストを刊行しました!

2019年04月18日

 「国語の勉強はむずかしい。とくに文章読解力を身につけるのは、学校でも具体的に教えてくれるわけではないし、書店で問題集を買って来て勉強しても、塾で先生に質問しても、正解や、その見つけ方を教えてくれるだけで、読解力が上がるとは思えない。」こんな声を、よく聞きます。

 実際、言問学舎に通う子どもたちの様子を見たり、保護者のみなさまからお話を伺ったりしていても、「子どもたちの国語力」が心配になることは多くありますが、読解力の向上が期待できる環境や取り組みを聞くことは、めったにありません。

 そもそも、「読解力」を身につけるということは、文章を正しく読んで、手がかりを見出した上で自分の考えを表現し、それを検証、攪拌(かくはん)して磨き上げることによってはぐくまれるものですが、残念ながら現在の多くの国語の勉強の現場では、効率よく(速く)正解を見つけることが優先されていて、「文章をしっかり読み、考えて、書く」という指導がなされておりません。従って、「国語力をつけるには本をたくさん読むしかないのか」という保護者の方々の疑問の声が、永遠のテーマのようにさまよっているのです。

 本来、小学校の中学年・高学年となれば、文章を読んで関心や疑問を持ち、それを文章に表現するということが、できるようになるはずです。むしろ子どもたちの内面には、そうしたことへの欲求も強くあるはずです(言問学舎で国語を学ぶ子どもたちは、積極的にそんな姿を見せてくれます)。ただそうした学習機会がないまま中学生・高校生になっていかざるを得ないので、先述したような根本的な思考力、国語力を身につけることのできない子が多くなっているのでしょう。これはここ5年、10年に限ったことではありません。

 このほど言問学舎では、「文章を正しく読んで、手がかりを見出した上で自分の考えを表現し、それを検証、攪拌して磨き上げる」ためのテキスト『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』を刊行致しました(言問学舎発行・発売)。平成15年6月の創業以来、16年の長きにわたってご好評いただいている言問学舎オリジナルの国語指導「音読と読解、表現の講座」のエッセンスを1冊に凝縮した、類書のない根源的な国語のテキストです。

 「文章を正しく読む」ことに関しては、収録されている全7篇の物語を自ら執筆した言問学舎舎主・小田原漂情の音読が、付属DVDとなっています。DVDを視聴して、お子さんが自分でも音読することで、文章がことばとともに有している「音韻」の力を、実感することができるでしょう。

 「手がかり」については、言問学舎の16年の歩みの中で磨きぬいたオリジナルの「読解シート」がセットされており、お子さんたちが自分の考えを、無理なく書き出していける工夫が盛り込まれています。そして、やはり長年の蓄積が生み出した、子どもたちの手による「読解シート記述例・文例集」が、読者のお子さんたちが自分の考えを検証して練り上げる大きな助けとなるでしょう。

 また、今回の発売を記念して、本年(2019年)6月30日までの原稿到着を期限として(郵送の場合は当日消印有効)、お子さんたちが書いた感想文を小田原漂情が無料添削するサービスも、実施します(お一人当たり2篇まで)。

 『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』は、現在好評発売中です。4月18日現在、言問学舎で直接の販売のほか、メールお申し込み/代金銀行振り込みの形で、通信販売を開始したところです。書店での注文やAmazon等での販売も計画しておりますが、少々時間を要しますので、当面は下記のメールフォームより「通信販売希望」として、メールでお申し込み、またはお問い合わせをお願いします。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

音読で育てる読解力.JPG

◇『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』2019年3月8日初版第1刷発行
本体価格1,800円+税(現在、消費税込み1,944円) 送料256円
著者/小田原漂情 発行発売/有限会社言問学舎
今回刊行のテキストは、小学5・6年生および中学1・2年生に対応しています。小学2年生〜4年生対応のテキストを、6月末をめどに発行する予定です。

 ではみなさん、楽しくて深い国語の世界へ、ようこそ!


posted by 言問学舎 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

読解力を芽生えさせ、伸ばすには?−言問学舎ならではの国語の相談会を開催します!

2019年04月11日

 公立の小・中・高等学校では、だいたい今週から新学期がはじまって、オリエンテーションや健康診断なども滞りなくすすみ、そろそろ授業がスタートしようという頃になってまいりました。毎年感じることですが、この時期の真新しい教科書のインクのにおいには、「さあ、今年一年、しっかり勉強しようね」という清新の気が、満ちているようです。

 さて、かねてご案内致しております通り、私ども言問学舎でも、国語のもっとも大切な部分を育てる読解力向上のための国語教材『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』を開発してまいりましたが、このほど本冊、付属の音読DVDとも出来し、まもなく納品される運びとなりました。

 そこで明後日、4月13日土曜日には、『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』に凝縮される言問学舎の国語教育、子どもさんたちの成長期に一度は体得してほしい「本当の読解力を身につける国語の勉強のしかた」に特化した国語の相談会を、開催致します。

 国語の勉強とは、文法や漢字など、知識事項を覚えるだけのものではありません。また、試験問題の解き方だけを身につけることでもありません。大切なことは、文章を読んで、そこから自分にとって他のものでは置き換えることのできない「何か」を、受けとることにあります(その「何か」は一人の人の一回の学習機会ごとに得られるものであり、換言できるものではありません)。

 そのためには、文章に書かれていることがらを、読み手が主体的に受けとめることが必要です。主体的に受けとめるということは、まず一度、自身の感性と関心のおもむく通りに、文章に真向かい、全面的にその内容を受けとるということです。小説でも評論でも、これは同じです。言問学舎では、読み手が心を添わせる「『心』からのアプローチ」と呼んでいます。しかしながら、そのことが苦手な子どもが実に多くなっているのが、現在の子どもたちと国語を取り巻く状況です。

 「何を書いていいかわからない」、「文章を読んだけど何も感じない」などと口にするのは、特別に勉強が苦手とか、国語がきらいといった子に限りません。その背景には多くのことが考えられますが、学校での勉強で、「考えて、書く」ことを教えられていないか、機会はあっても具体的にどうすれば良いかをわかりやすく教えてもらえないか、そういった環境の問題があることも、多分に考えられるのです(子どもたちや親御さんたちからの聞き取りを通して、推測しています)。

 しかし、大学入試や新学習指導要領に関する報道でも知られている通り、これからの学習は、「自分で考えて、表現する」方向に変わって行きます。その流れの中で、「あなたの考えを書きなさい」と求められた時、「何を書いていいかわからない」と言いながら小学校高学年〜中学前半の時期を過ごした子と、文章を読む楽しさを知り、手がかりをつかんで自分の思いを書くことを体得している子との間には、きわめて大きなスタート地点の落差があることでしょう。

 言問学舎の国語指導は、「文章を読む楽しさと、自分の思いを書く」ことができるようになることを主眼としていますが、今回刊行する『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』は、その内容を一冊のテキストに凝縮し、音読は附属DVDで、「考えて、書く」手がかりは言問学舎オリジナルの読解シートでそれぞれ提供し、ご自宅で先述した通りの国語の力を身につけられる、類書のない国語教材です。

 この『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』の内容と、「読解力を芽生えさせ、伸ばす」ための国語の勉強の仕方をあわせてご紹介する「国語の相談会」を、以下の通り開催致します。予約不要で当日直接ご参加いただけます。多くの方のご来訪をお待ち致しております。

◇「読解力を芽生えさせ、伸ばす国語の勉強法」の相談会

日 時:4月13日(土) 13:00〜
     
会 場:文京区西片2−21−12 言問学舎 ※南北線東大前駅徒歩3、4分

対 象:小学4年生〜中学1年生のお子様がいらっしゃる保護者の方
    
※所要時間30分〜40分程度。予約不要です。ご希望の方は、当日『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』(消費税込み1,944円)をご購入いただけます。また言問学舎入塾のご相談(入塾説明会と同様の内容)は、全体会終了後に承ります(当方から入塾の勧誘は致しません)。そのほかご不明な点などがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎・2019年度新学期スタートのご案内と受け入れ体制について

2019年04月06日

 4月第一週の土曜日、好天に恵まれ、あたたかい日となりました。「平成」の世も今月一杯、5月からは「令和」となることが、先日発表されました。出典である『万葉集』の梅の歌の詞書も一部の学年に教えましたが、ことし2019年が、平成31年と令和元年からなる1年であることも、子どもたちに教えています。身近な内容であることから、子どもたちにもわかりやすいようで(昭和64年と平成元年の1989年のことは、子どもたちにはピンと来ないものであるらしいことを、ずっと感じていました)、みな興味深く、受けとめています。

 さて、春期講習は本日をもって完了し、週明けの8日月曜日より、レギュラーの授業体制に入ります。現在のところ、各学年・コースとも、新入塾の方をお迎えすることが可能な状況です。ただ、中学受験生に関しましては、私立中受験は首都圏模試の偏差値60くらいまでの学校が第一志望であることを、難易度の上限とさせていただきます。2年連続で合格者を出している公立中高一貫校志望の受験生を含め、3名まで受け入れ可能です。

 また、大変申し訳ございませんが、舎主・小田原漂情の国語の授業は、平日16時半以降と土曜日午後はすべて時間割が確定しており、すでに設定されている時間割の中で、適正な授業時間をご案内させていただく形となります。例年のご案内と少々異なりますので、お詫びかたがたご案内させていただく次第です。

 いつも通り、無料体験授業ならびに入塾・教育のご相談は、随時受け付け致しております。電話およびメールのほか、「無料体験授業・入塾相談ご予約」システムを、どうぞご活用下さい。4月期の入塾説明会/国語の相談会は、13日土曜日に開催を計画しておりますが、先日ご案内した言問学舎刊の国語教材『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』の発売開始との関連から(出来・入荷時期の確認中)、後日お知らせを掲載させていただきます。

 2019年度、言問学舎での勉強をご検討下さっているみなさまは、どうぞお早めに、言問学舎舎主・小田原漂情までご相談下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com







posted by 言問学舎 at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

『国語のアクティブ・ラーニング 音読で育てる読解力』を発売します-本年度もよろしくお願い致します

2019年04月01日

 今日は4月1日、新しい年度のはじまりです。おだやかな陽気となりました。そしてまた、今日は午前11時半より、5月1日からの新しい時代の元号が発表されます。「平成」の発表は昭和が終わりを告げた困惑の中での発表でしたが、今日発表される新元号は、十分な準備期間と私ども国民の「待つ」時間があったため、大きな関心と注目の中、しずかに発表されることとなりそうです。私も春期講習の国語の授業をはじめる時に、子どもたちと一緒にその時を迎えます。

 さて、そのように大きな節目の日である4月1日ですが、言問学舎の本年度のご案内を、先立って申し上げます。

 現在開講中の春期講習は、今週いっぱい、4月6日まで実施致します。そして小学校の入学式・始業式、中学校の始業式と同じ4月8日より、平成31年度、2019年度の通常授業がスタートとなります。かねてご案内致しております通り、春期講習の授業で無料体験をして、通常授業から入塾していただくことが可能です。

 そしてもう一つ、本年度の大きな動きとして、本当の国語の力、真の読解力を身につけることのできる国語教材、『国語のアクティブ・ラーニング 音読で育てる読解力』を、言問学舎刊として刊行致します。くわしいご案内は、後日改めて掲載させていただきますが、文章を楽しく読むことができ、国語を好きになることの決め手である「音読」をDVDで提供し、言問学舎オリジナルの「読解シート」を手がかりにして一作ごとに短い感想文を書き上げる、言問学舎の国語の授業のエッセンスを一冊に凝縮した、画期的な教材です。現在、発売日は4月13日土曜日を予定しております。確定次第、改めてご案内申し上げます。

 本年度も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by 言問学舎 at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎の春期講習は「今から」「途中から」も可能です!

2019年03月15日

 昨日は都立高校二次募集・分割後期募集入試の合格発表でした。現在の体制になってから初めて、日比谷高校で二次募集が行なわれ、三十倍超の倍率とあわせて注目されましたが、結果はどうだったでしょうか。一般的にはこのあと発表される「入学手続き状況」で推し量るしかないのですが、気になるところです。

 今日は自宅近くの攻玉社学園さんで、卒業式が行なわれていたようです。区立中学の卒業式が来週水曜日、まだ国公立後期など一部の合格発表は残っていますが、いよいよ巣立ちの春、門出の春の時季となりました。

 私ども言問学舎は、本日より新年度(2019年度)体制に入ります。春期講習は、3月25日(月)スタートです。春期講習のお申し込みは、今からでも間に合いますし、例年通り、春期講習の一部を無料体験授業とすることも、春期講習で体験をして(無料扱いは4月以降の受講予定教科の通常時間割一週間分)、4月からレギュラーの通塾をすることも可能です。

 春期講習説明会は、明日16日土曜日開催です。時間は以下の通りです。

◇3月期・春期講習説明会/国語の相談会

日 時:3月16日(土)10:30〜 / 13:00〜

 説明会としてはこの日が春期講習前の最終となりますが、少人数制で小回りのきく体制ですから、体験授業を含めその後のご相談にもきめ細かく対応致します。子どもたち一人一人をていねいに指導する舎主・小田原漂情が、みなさまのご相談をお待ち致しております。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com





posted by 言問学舎 at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎の強み‐新学期説明会・体験授業週間を前に

2019年03月07日

 3月に入って、各高等学校では卒業式が連日のように行なわれています。国公立大学をはじめ、これからの合格発表を待つ方もたくさんおられますが、学校や子どもたちを取り巻く環境は、卒業、進学、進級の色に染められているこの頃です。

 そして私ども「塾」の内側は、受験生たちがいったん卒業し、新しい塾生を迎える入れ替わりの時期となっています。今週末から言問学舎新年度(3月15日開講)に向けての説明会・体験授業週間に入りますが、それにあわせて言問学舎の「強み」をわかりやすくご案内致しましょう。


★言問学舎の強みその1

 何といっても、国語を教える力に長けていて、子どもたちに「真の国語力」をつけさせることができるのが、言問学舎の最大の強みです。舎主・小田原漂情は、自らが歌人・小説家であり、大学受験までの国語の全分野に精通していて、近年は東京都立高校の推薦入試における小論文・作文指導や、公立中高一貫校適性検査の記述問題対策等で、高い実績を残しています。また間もなく、言問学舎の国語指導の精髄を凝縮した新刊『国語のアクティブ・ラーニング 音読で育てる読解力』を刊行します(言問学舎発行。書店注文も可能な形を取ります)。

★言問学舎の強みその2

 言問学舎は、今年6月から17年目の歩みに入ります。舎主・小田原漂情は、満40歳で言問学舎を創業する前は、学習参考書を発行する出版社に長く勤務するなど、ずっと教育業界の実情を見つづけて来た、私教育界のベテランです。その舎主が、日々の勉強や塾での生活の様子から、受験に向かって揺れ動く子どもたちの心のありようにまで、毎日細かく目を注いでいます。もちろん受験指導にあたっては、あらゆる可能性を想定しながら早め早めに策を立て、自らが先頭に立って各学校、大学との折衝にあたることもあります。

 これらの目くばり心くばりはひとりひとりに万遍なく、間違いなく向けられますから、一人の生徒が受けられる「授業内容に隣接した領域のサービス」にきわめて大きなものがあり、言問学舎の強みその2と言っていいでしょう。

★言問学舎の強みその3

 時々、「言問学舎は国語の塾ですか?」という質問が寄せられます。「国語を教えることに強い塾ですか」ということが問いの内容であるとすれば、まさにその通りです。ただし言問学舎は、「国語だけを指導する塾」ではありません。小学生の4科、中学生・高校生の5科にすべて対応しています(大学受験の地歴公、理科の一部科目は教員が常時在籍していない場合もありますが、ご要望にあわせて採用または派遣手配を致します)。

 すなわち、小・中・高生の主要教科の勉強すべてを指導する総合学習塾でありながら、国語指導において「真の国語を教える」塾であるととらえていただければ幸いです。

 そして、言問学舎の全科対応体制を支えているのは、常時十数名が在籍している、優秀な講師たちです。社会人数名のほか、東大または有力大学の大学生・大学院生が、言問学舎の理念をしっかり体現してくれているからこそ、子どもたちのわずかな変化もきちんととらえ、子どもたちとともにゴールをめざしていけるのです。講師の定着度が高く、生徒との関係も豊かで安心できることが、言問学舎の強みその3です。


 こうした「強み」を持ち、お子さんたちひとりひとりをていねいに指導する言問学舎の説明会・体験授業週間は、3月8日スタートです。日時のみを以下に掲載します。詳しくはリンク先の記事をご確認下さい。

◇3月期・春期講習説明会/国語の相談会

日 時:3月9日(土) 10:30〜 / 16:30〜
    3月10日(日)10:30〜 / 17:30〜
    3月13日(水)13:30〜 / 16:30〜
    3月16日(土)10:30〜 / 13:00〜

◇春期特別無料体験授業

日 時:3月8日(土)、9日(土)、10日(日)、13日(水)、14日(木)の全日、説明会開催時間をのぞく午後の全時間帯に、以下の学年・教科の無料体験授業を受講していただくことができます。必ずご予約下さい。

http://blog5.kotogaku.co.jp/article/185648894.html 説明会・体験授業の詳細はこちらから

 お申込み・お問い合わせは、電話またはメールにて、お気軽に舎主・小田原漂情までどうぞ。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎の2019新学期!春期講習/入塾説明会&体験授業のご案内

2019年03月03日

 春、3月となりました。受験をめぐるスケジュールとしては、国公立大学の前期二次試験が終了し、その合格発表を待つ時期ですから、受験された方たちは、いま落ち着かない日々であることと思います。もちろん後期試験にそなえる方、また私立各大学の3月入試に挑む方もおられるでしょう。高校入試でも、都内では都立高校の二次・分割後期募集や私立高校の3月試験などなど、これからのチャンスに挑戦する方がおられる時期で、みなさんに見事な桜が咲くことを、陰ながら祈るこの季節です。

 私ども言問学舎は、発表を待っていた受験生たちの結果もすべて出そろい、高校受験に関しては、全員が第一志望校に合格、進学できる結果となりました。そのことをご報告申し上げるとともに、来年受験に挑む方たちや、より長期的にじっくりと学力、国語力をはくぐみたいとお考えのみなさまのお役に立つべく、年度切り替えを迎えるこの時期、例年通り集中的に、春期講習/入塾説明会兼国語の相談会と、春期特別無料体験授業期間を設けます。

 開催内容は以下の通りです。みなさまどうぞお気軽に、電話もしくはメールにて、言問学舎舎主・小田原漂情までご連絡下さい。

◇3月期・春期講習説明会/国語の相談会

日 時:3月9日(土) 10:30〜 / 16:30〜
    3月10日(日)10:30〜 / 17:30〜
    3月13日(水)13:30〜 / 16:30〜
    3月16日(土)10:30〜 / 13:00〜

会 場:文京区西片2−21−12 ※南北線東大前駅徒歩3、4分
    
※所要時間1時間程度。予約は不要ですが、全体説明後の個別相談は申し込みを含む先着順となります。

◇春期特別無料体験授業

日 時:3月8日(土)、9日(土)、10日(日)、13日(水)、14日(木)の全日、説明会開催時間をのぞく午後の全時間帯に、以下の学年・教科の無料体験授業を受講していただくことができます。必ずご予約下さい。

対 象:小学3年生〜高校2年生(現在の学年)の全学年の国語
    小学生、中学生の算数、数学 ※高校数学T、Aは下記「その他」の扱いです
    小学生、中学生の社会 ※中学受験を含むすべての方が対象です

その他:上記の「対象」以外の学年・教科の方も、教員の手配がつく限り設定致します。お気軽にご相談下さい。

時 間:各日13:00〜20:00(開始時間)の間の60分授業 ただし高校生の国語に関しては、ご相談の上90分となる場合もあります。

費 用:無料 ※塾既定の無料体験授業に相当します

予 約:前日の18:00までに、必ずご予約下さい。特にメールでのお申し込みは、前日正午までとさせていただきます。それ以降は電話でご予約下さい。

 そのほかご不明な点などがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。子どもたち一人一人をていねいに指導する舎主・小田原漂情が、みなさまのご相談をお待ち致しております。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎の2019新学期!3月期第1回入塾説明会/国語の相談会は3月2日土曜日開催です!

2019年02月26日

 昨日は国公立大学二次試験の初日に、中央線で大幅な列車遅延が生じ、開始時間を繰り下げた大学がありました。交通機関の遅延に行き当たってしまった受験生は、平常心を取り戻して試験に臨むことができたでしょうか。今日まで試験のある大学の受験生は、落ち着いて後半戦に取り組んで、頑張ってほしいです。みなさんのご健闘、合格をお祈りせずにいられません。

 さて、東京都内の高校入試までは、ほぼ大きな日程を終えており、まずは3月1日金曜日の、一次・分割前期募集の合格発表が待たれます。その後も二次・分割後期募集や私立高校の3月募集が実施されますが、そこからの学校探しの可能性がある方は、早めに選択肢をみつけておくことが肝要です。本コラム(当サイト)の過去の記事にもいくつかお役に立てるものがありますので、ご活用下さい。

 いよいよ春が近づいて来ました。まもなく3月です。3月期は、説明会の土・日開催、平日無料体験授業等、このシーズンならではの企画を実行致しますが、取り急ぎ、都立合格発表の翌日、2日土曜日に、3月期第1回の入塾説明会/国語の相談会を開催致します。

詳細は以下の通りです。

◇3月期第1回入塾説明会/国語の相談会

日 時:3月2日(土) 10:30〜 / 16:30〜   ※午後の回を追加しました

会 場:文京区西片2−21−12 ※南北線東大前駅徒歩3、4分
    
※所要時間1時間程度。予約は不要ですが、全体説明後の個別相談は申し込みを含む先着順となります。

 お問い合わせ・体験授業に関しては、この説明会以外にも、随時受け付け致しております(日曜日のみ休業です)。国語を中心に、思考力を育て大きな成長を願うみなさまのため、多くのニーズにお応えできる態勢を整えて、ご相談をお待ち致しております。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 06:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

都立高校一般入試前日、本年度中3生最後の授業を終えました

2019年02月21日

 昨日、今日と温かく、春めいた陽気になりました。特に今日はお天気もよく、昼前、出先から塾へ向かう時には、郊外に出かけてみたい日和だと感じました。

 明日(いえ、まもなく今日になります)は、現在の予報では晴れのち曇りとなっています。東京都立高校一般入試(一次・分割前期)の実施日ですから、天候の急変や交通機関の乱れなどなく、みんな元気に力を出し切れるよう、願うばかりです。

 言問学舎としては、今回の高校入試が16回目になります。文字通りいろいろなことがありました。1期生、2期生の頃には、現在は都立高等学校としては存在していない高校もあったことを思い出します。小石川高校(現・小石川中等教育学校)や九段高校(現・千代田区立九段中等教育学校)などがそれにあたります。

 それらの「高校」の歴史の最後の頃に生徒をお預けし、後身の学校にも生徒をお願いしていることを考えると、言問学舎の歩んで来た道のりもだいぶ長くなって来たな、と感じます。しかし、毎年毎年、一人一人のひとつずつの受験と真向かうのが私どものもっとも大切な仕事です。うららかな出社途上の夢想とはかかわりなく、都立高受験に臨む生徒たちに、前日の授業として望める限りの得点上積みのための授業を、実施して参りました。

 皆、今夜はよく眠り、明日持てる力を出し切って来られますように。平成30年度中3生としてのレギュラー授業も、本日で完結と致しました。来週、毎年恒例の「卒業記念授業」を実施致します。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

入塾説明会/国語の相談会2月期第5回を開催致します!

2019年02月18日

 言問学舎では、来る22日金曜日の都立高校一般入試(一次・分割前期)にそなえ、16日土曜日、17日日曜日の2日間、直前土・日特訓を実施致しました。直前になると、対策としてできることにも限りが出て来るものですが、言問学舎ならではの国語力、記述力のピンポイント指導を生かし、社会の記述問題対策を中心に、直前の得点力アップの特訓を行なった次第です。

 言問学舎は、国語指導に大きな特色を持つ、少人数制指導の学習塾です。経験豊富な舎主が、塾生一人一人を親身に、ていねいに指導して、合格まで導きます。教科担当としては、常時十数名の力量のある講師陣を擁しており、中3生の国・数・社担当の舎主(小・中は基本的に一部を必ず担当)と分担して、一人一人に合った、レベルの高い授業を提供します。

 今年の受験は、都立高校一般入試を除いてほぼ結果が出そろっており、都立白鷗高校附属中学校合格、都立北園高校推薦合格(2年連続)、東洋大学京北高校第一志望(一般入試)合格ほかの実績を挙げております。新年度に向けての入塾説明会/国語の相談会を1月から実施しておりますが、今週末、23日土曜日にも、午前・午後の2回、開催致します。詳細は以下の通りです。

◇2月期第5回入塾説明会/国語の相談会

日 時:2月23日(土) 11:00〜 / 13:00〜

会 場:文京区西片2−21−12 ※南北線東大前駅徒歩3、4分
    
※所要時間1時間程度。予約は不要ですが、全体説明後の個別相談は申し込みを含む先着順となります。

 お問い合わせ・体験授業に関しては、この説明会以外にも、随時受け付け致しております(日曜日のみ休業です)。国語を中心に、思考力を育て大きな成長を願うみなさまのため、多くのニーズにお応えできる態勢を整えて、ご相談をお待ち致しております。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

入塾説明会/国語の相談会2月期第3回・第4回を開催致します!

2019年02月11日

 昨日から都内の私立高校で一般入試がはじまりました。明日12日まで、かなりの数の高校で入試が実施され、13日以降も各日、一部の高校で入試が設定されています。

 合格発表も昨日、今日とつづいています。言問学舎では、東洋大学京北高校を一般入試の第一志望で受験した子が合格をいただき、一日前の都立中高一貫校の発表日には、白鷗高校附属中学校から1名が合格をいただきました。

 塾としてはひきつづき、22日に実施される都立高校一般入試のため、全力を挙げて指導に当たります。来週の土・日は都立高入試の直前日曜特訓実施日に当たるため、入塾説明会/国語の相談会も、土・日開催と致します。詳細は以下の通りです。国語力、とりわけ書く力を大きく伸ばし、受験でも大輪の花を咲かせる言問学舎の教育を、この機会にぜひご確認下さい。

<第3回>

日 時:2月16日(土) 11:00〜

<第4回>

日 時:2月17日(日) 11:00〜 / 16:45〜

会 場:文京区西片2−21−12 ※南北線東大前駅徒歩3、4分
    
※所要時間1時間程度。予約は不要ですが、全体説明後の個別相談は申し込みを含む先着順となります。

 お問い合わせ・体験授業に関しては、この説明会以外にも、随時受け付け致しております(日曜日のみ休業です)。国語を中心に、思考力を育て大きな成長を願うみなさまのため、多くのニーズにお応えできる態勢を整えて、ご相談をお待ち致しております。


※2月12日追記 本日までに高校受験では、このあと22日に実施される都立高校一般入試以外、すべて合格をいただくことができました。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

都立白鷗高等学校附属中学校に合格しました!

2019年02月09日

 雪の舞う朝、うれしい合格の報せがとどきました。白鷗高等学校附属中学校を受験した生徒、本人からの電話です。昨年の春から10月まで週3日、11月からは週4日の通塾で頑張って来た努力が実を結んだ、本当にうれしい合格でした。昼過ぎ、同校の帰りに親子で顔を見せてくれましたが、少し照れながらも自信を身につけた彼の様子に、私も安堵とともに今まで一年間の疲れがほどけてゆくのを感じました。

 これで4月以降、白鷗高校、附属中学校には、言問学舎から高校3年生と中学1年生が通っていることとなります。11年前には高校の推薦入試で合格し、最終的に指定校推薦で明治大学に進学した生徒がいましたので、つごう3人目の生徒を、同校に送るかたちになりました。ご縁に感謝するばかりです。

 明日からは私立高校入試がはじまります。2日にわたって挑戦する受験生が多く、その後、22日金曜日には都立高校一般入試も控えております。あと2週間弱、受験生全員の笑顔のために力を尽くすばかりです。

 今日白鷗中学に合格した受験生のお父様も言って下さいましたが、適性検査Tの長文記述で力をつけ、自信を持てたことが、合格につながったようです(昨年九段中等教育学校に合格した受験生のご家庭からも、同様のお言葉をいただきました)。都立高校推薦入試でも、小論文で北園高校合格を勝ちとっています。国語力、とりわけ書く力を大きく伸ばし、受験でも大輪の花を咲かせる言問学舎の次回入塾説明会/国語の相談会は、2月11日月曜日、11時〜、および13時〜の2回です。ご予約不要(個別面談は先着順)でご参加いただけますので、悪天候の予報ではありますが、お子様方の大きな未来へのステップのために、ぜひお運び下さい。

http://blog7.kotogaku.co.jp/article/185530079.html 2月11日入塾説明会/国語の相談会のご案内


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

都立高校推薦入試合格発表日−北園高校に合格しました

2019年02月02日

 2月1日金曜日は、東京都内の私立中学校の入試スタートの日。私も文京区内の駒込中学校さんの前で、2名の受験生の激励をして来ました(適性検査T/U/V型を受験し、2名とも合格をいただきました)。その生徒たちは、明日都立中高一貫校の受験に臨みます。今日の午前は、これまで1年間の勉強の総仕上げとなる、適性検査Tの特別授業を行ないました。

 また昨日は、都立高校推薦入試の合格発表日でもありました。言問学舎からは、今年は1名が北園高校を受験し、無事合格することができました。1月26日、27日の受験当日、感触を聞きましたが、特に小論文と個人面接の対策が功を奏したように感じられました。これで北園高校は、昨年につづいて2年連続で推薦合格者を出す結果となりました。得点開示の結果が分かりましたら、受験生本人の了解を得て、得点をお知らせしたいと思います。

 北園高校の推薦入試は、昨年まで「作文」250点満点でしたが、今年から「小論文」300点満点に変わりました。相対的に「書くこと」の重要性が増したことになります。また都立推薦全般のこととして、内申点が5割、残りの5割が小論文または作文と個人面接および集団討論の合計ですから、以前のように内申点の高い人だけが合格するわけではなく、多少内申点が少なくても、小論文・作文と面接・討論で頑張れば、合格するチャンスがあるということが言えます。ちなみに言問学舎から北園に合格した受験生たちは、昨年が男子で素内申38、今年は女子で素内申40でした。

 私ども言問学舎では、「国語の力は、一生の力。」を基本理念として、子どもたちに真の国語力を身につけてもらう教育を実践しています。小論文・作文は、その力がもっとも顕著にあらわれるところです。また中学生の学習指導は、3年生2学期の通知表の評定、すなわち内申点を確保することを中心にすすめて行きます。大多数の高校受験生にもっともあった指導内容となっておりますので、これから高校受験に向かって勉強をして行く方は、ぜひお早めに言問学舎にお出で下さい。来週、9日土曜日と11日の月曜・建国記念日に、2月期第1回・第2回の入塾説明会/国語の相談会を実施致します。詳細は以下のリンクよりご確認下さい。
http://blog5.kotogaku.co.jp/article/185446915.html


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com




posted by 言問学舎 at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ