ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。
最近の記事

なぜ秋に国語が伸びる?秋期入塾説明会/国語の相談会を開催します!

2021年09月12日

 8月の終わりから9月の初めにかけて、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い各学校とも特別な対応が必要となり、変則的な2学期の始まりとなりました。東京都内の日々の新規感染者数は、ようやく少し減って来たものの、まだまだ先の見通せる状況ではないと思われます。

 しかしながら、昨日(9月11日)土曜授業に来ていた中3生とも話しましたが、東京都内(および神奈川県内)の私立高校一般入試まで、ちょうどあと5か月というタイミングです(2月10日から始まります)。都立高校推薦入試、中学入試、多くの大学入試はそれより残された日数が少なく、来春受験の方たちには、日を追うごとに本番が近づいて来る、大事な秋の期間となっています。

 また9月に入って、小学校低学年のお子様からも多くお問い合わせをいただいておりますが、昔から「学問の秋」と言われる通り、秋は感性が研ぎ澄まされる季節であり、また2学期は通学日数が多いため落ち着いて勉強できる時でもあって、この季節の勉強を、多くのお子さんたちに有効に生かして欲しいものと願っております。

 わたくしごとですが、8月末までの夏期講習中、ワクチンの接種を避けていたため(自分がフル稼働している講習に穴を開けられないためです)、私自身の2回目のワクチン接種が9月後半の予定となっています。そのため18日土曜日と20日月曜日の2日間のみになりますが、秋期入塾説明会/国語の相談会を開催致します。

 なぜ秋は、学力、特に国語の力を伸ばすことができるのか。そんな根源的な問いに対する答えも含めて(あくまで国語、読解についての私見です)、秋からの入塾、勉強の利点について、お話しさせていただきます。

◇秋期入塾説明会/国語の相談会

日 時:9月18日(土)   11:00〜 

    9月20日(月・祝) 11:00〜 

              ※各日とも所要時間の目安は50分程度です
   
会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 東大前駅1番出口徒歩3分

ご予約:不要です。ただし全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。また平日午後も随時、ご予約いただいた上で個別面談を実施致します。

※新型コロナウイルス対応の世相に鑑み、2022年3月末日まで「入会金20%割引」を実施しています。また、2019年までは最大着席定員40名であった教室を、現在18名定員として、席間を広く取り、アクリルパーテーション等の遮蔽物を設置して、感染防止対策に全力を挙げています。毎日すべての教室の机・椅子をアルコール消毒するほか、手指消毒・検温を100%実施、小まめに換気もしております。

※また、今年の梅雨時から一部が痛んでいた入り口階段のリニューアルが完了しました!今までと段の高さが少々異なるため、おいでいただく際はご注意下さい、

現物.JPG

注意左側.JPG


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

数検(数学検定・算数検定)のお申し込みを13日月曜日まで延長します!

2021年09月11日

 先だってご案内を致しました数検(数学検定・算数検定)の受検者募集に関しまして、Webでの募集が初回ということもあり、まだ若干空席がある状況です。より多くのお子さんたちに受検していただくため、お申し込み締め切りを13日月曜日まで延長致しますので、受検ご希望の方は、メールまたは電話でお申し込み下さい。

<第379回 数学検定・算数検定【団体受検 実施校】 実施要項> 

実施日 10月16日 土曜日  ※今回は土曜日の実施です。

時間帯 同日 6級以下 11時〜
       5級以上 13時〜  を予定 級ごとに時間のご相談が可能です。

※5級以上は当日1次・2次とも受検のため、2時間〜3時間ほどかかります。また1つの級は当日1回のみの実施となりますから、申し込み締め切り日までには実施時間を確定し、それ以外の時間に分散して受けていただくことはできません。

検定料 
11級〜9級 2,000円
8級〜6級  2,500円
5級〜4級  3,000円
3級    3,500円    準2級   4,000円  
2級   4,800円    準1級  5,500円

※検定料は協会所定の準会場検定料です。当会場で受検できる級のみ掲示しています。

お申込み締切日 9月13日 月曜日 

★地下鉄南北線東大前駅より徒歩3,4分、大変受検しやすい会場です。どなたでも受検していただくことができます。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

2021年度第2回英検の締め切りを1日延期します!

2021年09月07日

 文京区の総合学習塾言問学舎は、英検・漢検・数検の準会場として多くの皆さまの受検(会場ご利用)をお待ちしております。本年度第2回の英検のお申し込み締め切りを、9月9日木曜日まで1日延長します。実施要項および受付可能人数は以下の通りです9

<2021年度第2回 実用英語技能検定【準会場】 実施要項> 

実施日 10月9日 土曜日

時間帯および検定料〜今回は以下の開始時間を仮予定としています。 

5級  12時45分案内放送スタート   検定料2,500円 あと5名受け付け
2級  13時15分案内放送スタート    検定料6,500円 あと3名受け付け
準2級 15時20分案内放送スタート   検定料5,800円 あと4名受け付け
3級  17時20分案内放送スタート   検定料4,800円 あと2名受け付け
4級  18時50分案内放送スタート   検定料2,900円 あと4名受け付け

※正式なスタート時間は、すべての方のお申し込みが終了した後で最終決定致します。そこでは微調整だけですから、上記の時間でだいたいご都合が合う方のみ、お申し込み下さい。(当方が級を入れ替えての時間割変更はできません)。また検定料は、協会所定の準会場検定料(一次準会場・二次本会場)です。

お申し込み方法

 お問い合わせメールフォームまたはお電話にてお申し込みの上(この時点で正式に受付し、お席を確保します)、一度弊社までお申し込み手続きにお出で下さい。ご遠方もしくはお仕事のご都合などで事前手続きのしにくい方は、言問学舎舎主小田原まで、電話でご相談下さい。 

お申し込み締切日 9月9日 木曜日 

※各検定協会の規程により、お申し込み後のキャンセルはお受けしかねますので、ご承知置き下さい。

★南北線東大前駅下車徒歩3分、大変利用しやすい環境です。

(ほか、都営三田線・大江戸線春日駅徒歩10分。根津駅・本郷三丁目駅や路線バスもご利用になれます。詳しくはHPのアクセスをご覧下さい。)

★言問学舎の塾生以外の一般の皆様(検定のみの方)も、ぜひご遠慮なくご利用下さい。塾生になる必要などはありません。準会場としてお断りするまでもないことですが、受検されるにあたって「入塾の勧誘」に類する行為は一切行なっておりません。詳細については言問学舎専用ホームページ「英検・漢検の準会場」のページ等、あわせてご覧下さい。

★本年度2学期入塾生についても募集中です。日々の勉強や受験のことでお困りのことがある方は、本サイトほか言問学舎からのご案内を、ぜひご覧下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

【募集】10月16日土曜日に数検、23日土曜日に漢検を実施します!<準会場>

2021年09月06日

 文京区の総合学習塾言問学舎は、過去18年にわたり英検・漢検の準会場として塾生以外にも多くのみなさまに受検(準会場利用)していただいておりますが、今年7月から数検(数学検定・算数検定)も実施することと致しました。英検・漢検は各年度の第1回・第2回を実施、数検は不定期実施です。今までの英検・漢検同様、数検も一般の方の受検が可能です。

 次回、10月16日土曜日に数検、23日土曜日に漢検を実施致しますので、ひろく受検者を募集致します。現在塾生でない方にも受検していただけますし、つねづねお伝えしているように、入塾の勧誘に類する行為は一切致しません。また、ご遠方もしくはご多忙の方には検定料銀行振り込みの対応も致しますし、成績資料の送料以外、検定料以外の費用がかかることもありません(合格書類の送付はゆうパックの着払い=送料600〜700円程度を利用。不合格時の成績表のみの場合はクリックポスト使用で100円を申し受けます)。また教室はアクリル製パーテーションを使用し、毎日机・椅子を消毒するなど可能な限りの感染防止対策に努めています。

 数検・漢検の募集要項は以下の通りです。各検定の締切日のタイムリミットは、数研は9月1T日土曜日、電話が18時まで、メールは23時59分着まで。漢検が9月20日月曜日、電話18時まで、メールが23時59分着までとなります。

<第379回 数学検定・算数検定【団体受検 実施校】 実施要項> 

実施日 10月16日 土曜日  ※今回は土曜日の実施です。

時間帯 同日 6級以下 11時〜
       5級以上 13時〜  を予定 級ごとに時間のご相談が可能です。

※5級以上は当日1次・2次とも受検のため、2時間〜3時間ほどかかります。また1つの級は当日1回のみの実施となりますから、申し込み締め切り日までには実施時間を確定し、それ以外の時間に分散して受けていただくことはできません。

検定料 
11級〜9級 2,000円
8級〜6級  2,500円
5級〜4級  3,000円
3級    3,500円    準2級   4,000円  
2級   4,800円    準1級  5,500円

※検定料は協会所定の準会場検定料です。当会場で受検できる級のみ掲示しています。

お申込み締切日 9月11日 土曜日 


<2021年度第2回 日本漢字能力検定検定【準会場】 実施要項> 

  実施日 10月23日 土曜日  ※今回は土曜日の実施です。

  時間帯 同日 13時以降 

※申込者のご希望に一定程度対応します。申し込み集計後、実施時間の詳細を決定します(級ごとにその日一回の実施です)。

検定料
10級〜8級  1,500円
7級〜5級   2,000円
4級〜準2級  2,500円
2級     3,500円
※検定料は協会所定の準会場検定料です。当会場で受検できる級のみ掲示しています。
  
お申込み締切日 9月20日 月曜日 ※祝日ですが18時まで営業します。


★お申込み方法(数検・漢検いずれも)

 お問い合わせメールフォームまたはお電話にてお申し込みの上(この時点で正式に受付し、お席を確保します)、一度弊社までお申し込み手続きにお出で下さい。ご遠方もしくはお仕事のご都合などで事前手続きのしにくい方は、言問学舎舎主小田原まで、電話でご相談下さい。
  
※各検定協会の規程により、正式なお申し込み後のキャンセルはお受けしかねますので、ご承知置き下さい。

★南北線東大前駅下車徒歩3分、大変利用しやすい環境です。
(ほか、都営三田線・大江戸線春日駅徒歩9分。根津駅・本郷三丁目駅や路線バスもご利用になれます。詳しくはHPのアクセスをご覧下さい。)

★言問学舎の塾生以外の一般の皆様も、ぜひご遠慮なくご利用下さい。塾生になる必要などはありません。準会場としてお断りするまでもないことですが、受検されるにあたって「入塾の勧誘」に類する行為は一切行なっておりません。詳細については言問学舎専用ホームページ「英検・漢検の準会場」のページ等、あわせてご覧下さい。

★2学期入塾生についても募集中ですので、あわせて塾をお探しの方は、本サイトほか言問学舎からのご案内を、ぜひご覧下さい。

★英検のお申し込み締め切9月9日木曜日です。ご検討中の方はお急ぎ下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

2学期入塾生を募集中です!‐国語に強い文京区の言問学舎

2021年09月04日

 8月は感染爆発の月となってしまい、子どもたちの、学校での感染も心配される中、文京区の小・中学校でも始業式が9月6日月曜日に延期されました。高校生、中学生にもワクチン接種がはじまっており、夏期講習中を避けていた私も、9月1日に最初の接種を受けました。全面オンライン授業から対面授業に戻した昨年6月頃は、何とかワクチンを打ち終わるまでしのぎ切ろう、というのが目標だと思えましたが、いざ接種を受けはじめた今になってみると、先行きはまだまだ混迷の度をきわめています。

 それでも、できることをきちんとやって、一歩ずつ前に進むしかありません。これは人生一般と同じことです。言問学舎も一昨日から、2学期の通常授業体制になりました。

 季節は秋になっています。古来「学問の秋」と言われる通り、もっとも勉強に身の入るのが、秋です。また受験生には、ここが一番の踏ん張り時でもあります。ただいま、塾前に掲示してあるポスターの呼びかけの言葉を、ここに記してみます。

     深く学ぶことができるのは、秋。

     受験のために一番がんばれるのも、秋。

     秋こそ学びの季節です。

 中3生はこの2学期の中間期末で内申点が決まります。大学受験総合選抜は、まさにこれから!大学受験国語レギュラーコースは新規募集打ち切りとなりましたが、短期AO・総合選抜対策コースは、あと若干名受け入れの余地があります。中学3年の高校受験クラスは、あとひとりの受け入れが可能です。その他のコース・学年の方は、現状では通常の受け入れ態勢です。

 また、秋の勉強は本気になれ、思考が冴えわたる、一番の伸び時です。国語の読解も、心が動きやすいこの時期こそ、その力を大きく伸ばす絶好のチャンスです。

 9月4日土曜日は臨時休業とさせていただきますが、6日月曜日以降、レギュラーの時間割をベースとして随時、無料体験授業に参加していただくことができます。また新型コロナウイルス禍の社会情勢に鑑み、2022年3月末日までは所定の入会金(高校生以上22,000円、中学生以下11,000円)を、20%引きと致しております。また9月・10月は「2学期前半入会」となり、年間教材費が全コース・全学年1,100円引きとなります(11月・12月入会は2,200円引きです)。可能な限りの感染対策を施した上で、多くの方のご相談を、心よりお待ち致しております。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

【募集】2021年度第2回実用英語技能検定実施のお知らせ<準会場>

2021年08月30日

 文京区の総合学習塾言問学舎は、英検・漢検の準会場として多くの皆さまの受検(会場ご利用)をお待ちしております。本年度第2回の英検を以下の日程で実施致します。ひとつの級の定員が5名ですから、お早めにお申し込み下さい。

<2021年度第2回 実用英語技能検定【準会場】 実施要項> 

実施日 10月9日 土曜日

時間帯および検定料〜今回は以下の開始時間を仮予定としています。 

5級  12時45分案内放送スタート   検定料2,500円 あと5名受け付け
2級  13時15分案内放送スタート   検定料6,500円 あと3名受け付け
準2級 15時20分案内放送スタート   検定料5,800円 あと3名受け付け
3級  17時20分案内放送スタート   検定料4,800円 あと2名受け付け
4級  18時50分案内放送スタート   検定料2,900円 あと5名受け付け

※正式なスタート時間は、すべての方のお申し込みが終了した後で最終決定致します。そこでは微調整だけですから、上記の時間でだいたいご都合が合う方のみ、お申し込み下さい。(当方が級を入れ替えての時間割変更はできません)。また検定料は、協会所定の準会場検定料(一次準会場・二次本会場)です。

お申し込み方法

 お問い合わせメールフォームまたはお電話にてお申し込みの上(この時点で正式に受付し、お席を確保します)、一度弊社までお申し込み手続きにお出で下さい。ご遠方もしくはお仕事のご都合などで事前手続きのしにくい方は、言問学舎舎主小田原まで、電話でご相談下さい。 

お申し込み締切日 9月8日 水曜日 

※各検定協会の規程により、お申し込み後のキャンセルはお受けしかねますので、ご承知置き下さい。

★南北線東大前駅下車徒歩3分、大変利用しやすい環境です。

(ほか、都営三田線・大江戸線春日駅徒歩10分。根津駅・本郷三丁目駅や路線バスもご利用になれます。詳しくはHPのアクセスをご覧下さい。)

★言問学舎の塾生以外の一般の皆様(検定のみの方)も、ぜひご遠慮なくご利用下さい。塾生になる必要などはありません。準会場としてお断りするまでもないことですが、受検されるにあたって「入塾の勧誘」に類する行為は一切行なっておりません。詳細については言問学舎専用ホームページ「英検・漢検の準会場」のページ等、あわせてご覧下さい。

★本年度2学期入塾生についても募集中です。日々の勉強や受験のことでお困りのことがある方は、本サイトほか言問学舎からのご案内を、ぜひご覧下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

大学受験科国語の通常授業枠が定員に達しましたが、他クラスはあと一週間無料体験可能です!

2021年08月19日

 「感染爆発」の表現を用いることにためらいを感じないほど、東京だけでなく全国各地で新型コロナウイルスの感染が拡大しています。不幸中の幸いと言ってよいものか、私が南北線東大前駅まで乗って来る電車の30分弱の道中は、行き帰りともラッシュの時間を過ぎており、現在の状況とも相まって、電車で「密」と感じることは、ほとんどありません。しかし現況ではどこに感染のきっかけがあるかわかりませんし、「入院できない」医療のありさまを見ると、感染防止に意を払うのは当然のこととして、それで済む段階ではないことを、思わずにいられません。

 しかしながら、夏を過ぎ、秋季の数ヶ月の過ごし方が、受験の成否を分けるということもまた、古来不変の「受験の実相」です。お盆休み前にもご案内しましたが、言問学舎では、27日(金)までの夏期講習期間中に無料体験授業を受けていただき、9月からの入塾に備えていただくことができます。

 ただし前回のご案内まで、大学受験、高校受験とも定員まであと1名、とお知らせしておりましたが、大学受験クラスの国語のレギュラー授業(週2コマの授業)につきましては、クラス定員の6名に達しましたので、本日8月19日をもって、新規入塾の方の募集を打ち切りとさせていただきます。高校受験生については、ひきつづきあと1名の受け入れが可能です。

 この夏休みにかけて、感染防止対策に努めながらできるだけ多くのお子さんたちのニーズにお応えできるよう、教室の整備をすすめましたが、現状で教室総定員18名と、キャパシティに限りがあります。国語を中心に言問学舎ならではの指導を受けようとお考え下さる方は、お早めにご相談下さいますようお願い致します。

 なお大学受験生につきましては、週1コマベースの短期AO・総合選抜対策講座での対応は可能です。またこのあと指定校推薦、内部推薦等の進捗状況によって流動性もありますので、各種受験のご相談については、真摯に対応させていただきます。ご遠慮なくご相談下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

8月12日〜15日は夏期休業とさせていただきます

2021年08月12日

 新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、お盆休みを楽しむような状況ではありませんが、言問学舎でも大過なく夏期講習の前半日程を終えました。大学受験生、高校受験生の何人かに、学力向上の手ごたえを見せはじめている子たちがいてくれることが、大きな喜びです。

 本日8月12日(木)から15日(日)までの4日間は、夏期休業期間とさせていただきます。講習の授業を含めた営業は、16日(月)13時からとなります。ただしメールは期間中も常時お受けしているほか、メールお問い合わせへのご返信は、遅くとも翌日までには差し上げますので、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 この夏期講習の冒頭に、新しく机を購入し、感染防止対策を施した4名用の教室を設営しました。

4名用教室.JPG

 これで6名用、5名用、4名用、2名用、1名用の5教室体制が整い、定員18名の感染防止教室体制で、新入塾のお子さんたちをお迎えする準備ができております(毎日机・椅子をアルコール消毒し、手指消毒および検温も100%実施して、授業時間中の換気にも意を配っております)。

2021感染対策@.JPG

2021感染対策B.JPG

 16日からの夏期講習後半日程で無料体験授業を受けていただき(1コマ〜6コマ、学年と受講予定科目数によります)、9月から通塾していただくことができます(無料体験および夏期講習後半受講の組み合わせも、もちろん可能です)。詳細については、夏期休業期間中はメールでおたずね下さい。

 16日以降、8月中は日曜日のみ休業します。また9月4日土曜日を臨時休業とさせていただきます。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

特に高校生は、教科書の文章をしっかり読みましょう!

2021年08月05日

 混乱を抱えながらも東京オリンピックが進行し、立秋を迎えようとしています。子どもたちもそれぞれにこのオリンピックを、心にきざんでいる様子です。

 自分自身のことを振り返ると、中学2年の時にモントリオールオリンピックがありました。その前のミュンヘンの時は小学4年生でしたから、鮮明に記憶しているシーンはあまりなく、モントリオールではじめて夏のオリンピックをはっきりとらえたように思います(当時冬は2年ずらしてありましたから、札幌の感動はよく覚えています)。

いっぽうその頃、中学校の国語の先生方が課題図書として推薦して下さったのが、志賀直哉の『和解』や武者小路実篤の『友情』でした。武者小路実篤が亡くなったのはモントリオールオリンピックが開かれた1976年、志賀直哉はその5年前の1971年没ですから、当時中学2年くらいになれば、それらの作品を読むことは、自然な流れだったのでしょう。

 そして中学3年で、夏目漱石の『こころ』と出会い、私の文学の方向性は定まったのだと思われます。さらに高校2年の時、中島敦の『山月記』を、生涯の恩師である神奈川県立厚木高校の山本邦夫先生に教えていただき、抜き差しならない李徴の性情、運命に、当時の自分の思春期特有の理不尽な悩みを重ね、いたく感じ入ったことを覚えています。また『山月記』をはじめとする山本先生の国語の授業のおかげで、低迷していた高校での学業成績が一気に改善されたのですから、山本先生への感謝の思いは尽きませんし(数年前に鬼籍に入られました)、中学・高校時代に国語の世界に導いて下さった先生方を思い出すと、本当に良い時代に国語を勉強することができたのだと考えないわけにいきません。

 さて、現代を生きる高校生、特に高校2年のみなさんには、「教科書の文章をしっかり読む」ことを、強くおすすめしたいと思います。現在の高校2年生・3年生用の「現代文」「精選現代文」などの教科書には、『山月記』のほか、夏目漱石の『こころ』、森鴎外の『舞姫』が、ほとんど載っています。これらの文章を教科書以外で(つまり自分で本を買うなどして)読む機会は、みなさんにはほとんどないでしょう。先に述べた私の中学・高校時代から、もう四十年以上経っているのですから、当然と言えば当然ですが。しかし古典がそうであるように、長い間読み継がれている名作には、人の一生を左右するだけの力があります。その力を受けとめることのできる幸運が、「教科書の文章を読む」ことに付随しているのです。

 また小説だけでなく、評論・論説文についても、幅広いテーマの文章をきちんと読むのには、高校生の時期が最適です。昨年亡くなられた山崎正和先生の「水の東西」や「心に海を持って」など、日本と日本人の位置をきちんとつかむことのできる文章が、たくさん載っています。大学に入ると、一般教養の期間はありますが、原則的には学部・学科の方向性に関連するものが主となりますから(もちろん、大学生には得がたい「読書の時間」が豊富にあるはずですが)、大学受験を見据えて一生懸命取り組むであろう側面を含め、高校の教科書の文章を読むことで、「読んで、考える」力を養い、伸ばすことが、この時しかないと言っていいほどできるのです。

 言問学舎では、高校生の国語の授業で「教科書の文章を読む」ことを、特に重視しています。先述した通り、受験への対応力養成を含め、読解力、思考力を磨くのにもっとも適しているからです。そして生徒の側から見れば、教科書の文章を読むことは学校の中間・期末テスト対策に直結しますから、一石二鳥でしょう。高校2年生の二学期は、夏目漱石の『こころ』が目玉です。この夏休み、「文庫本1冊、全篇を読む」ことが課題とされていて、すでに読みはじめている方も、その段階での読みの指導から丁寧にスタートしますから、二学期の現代文の予習、テスト対策と、将来の大きな財産となりうる読書体験とを、あわせて深く実践していただくことができます。

 夏休みももうすぐ折り返し点。言問学舎の夏期講習、舎主小田原漂情の持ち時間にも、わずかに空きが残っています。高2・高1で国語をしっかり勉強したい方は、お気軽にご相談下さい。もちろん古文・漢文にも対応します。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

夏期講習継続受付をはじめ、多方面から夏休みの学習を応援します!

2021年07月21日

 いよいよ夏休みに入りました。言問学舎も今日から夏期講習スタートです!朝10時45分から、4人の小学生が登塾して、夏休みならではの勉強をはじめまています。3年生以上は、学校の夏休みの課題としてそのまま提出できる読書感想文指導を致します。ただ書くだけでなく、1冊の本を読み、自分の考えを整理してまとめ、文章にあらわすという、まさに国語のど真ん中、思考力・判断力・表現力を身につけることができる骨格の勉強です。

 この小学生の国語指導をはじめ、既報の通り言問学舎の夏期講習は今からのご相談、ご参加が可能です。ただし中学3年の高校受験生は、募集定員まで残席1名となりました(受験しない中高一貫校の方は別枠です)。高校受験生、大学受験生のみ、本年度の募集はあと1名となっております。

 また、文京区東大前の言問学舎まで通うことができない小学生の方たちは、言問学舎刊行の『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』で、読書感想文の書き方を学んでいただくことができます。短い物語を音読DVDにあわせて楽しく読み、「読解シート」で自分の考えを整理して、感想文の文例にならってその書き方を正しく、楽に勉強することができます(感想文文例は400字詰め原稿用紙では、1枚〜2枚程度の分量です)。テンプレート式、穴埋め式ではなく、感想文を書くことの真の学び、本当の国語力を身につけることができる教材です。

音読で育てる読解力.JPG

小学2年〜4年対応1表紙B (002).png

ADSC_1635 (002).jpg

 https://www.kotogaku.co.jp/kokugo/text/index.html シリーズのご紹介はこちらから

 https://www.amazon.co.jp/s?me=A94S50TV9JSZ1&marketplaceID=A1VC38T7YXB528 Amazonはこちらから

 お求めは書店注文、Amazon等ネット書店のほか、言問学舎へ直接のお問い合わせでも対応致します(郵便振替口座あり)。

 お子さんたちにとっての貴重な学びの機会である夏休みを、言問学舎は多方面からお手伝い致します。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

2021言問学舎の夏期講習/今後のご相談も可能です!

2021年07月19日

 この夏期講習から創業以来19年目に入る言問学舎は、長年漢検・英検の準会場として検定受検ご希望のみなさまをお迎えしてまいりましたが、今年から算数・数学検定も実施することとなり、昨日(7月18日)言問学舎として第1回の算数・数学検定を実施致しました。そのため本日、7月19日は臨時休業とさせていただいており、明日20日火曜日に1学期最後の通常授業を実施したあと、21日水曜日から夏期講習に入ります。

 やはり創業時から、1クラス8名までの少人数制で運営してまいりましたが、昨年の新型コロナウイルス感染防止対策徹底期(生徒収容定員40名を13名に絞り込み)を経て、今年からは1クラス6名までの少人数制へと、感染防止対策をより強化した上で、切りかえております。

 そのため従前以上に、新しく入るお子さんたちへのきめ細かい対応が、可能となりました。以前から季節講習は「開講後の途中参加可能」であることをご案内しておりましたが、本年度も、大学受験クラス(国語)があと1名、高校受験クラスがあと2名である以外、すべての学年・クラスにおいて、7月20日以降の夏期講習受講・体験授業受講のご相談が可能です。

 すなわち1クラス定員6名までの少人数制ですから、途中からでも、無理なく合流していただくことができます。夏休みこそ、感じる力+考える力=学力を、大きく伸ばすチャンスです。まだ夏休みの勉強の体勢が固まっていない方は、どうぞお気軽にご相談下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

7月12日(月)〜18日(日)は、夏期講習フリーご相談期間です!

2021年07月11日

 先週、7月4日日曜日は、5月から計画していながら緊急事態宣言のために延期していた信州松本への日帰りの旅を、朝の都内以外はほとんど雨に降られずに果たすことができました。しかし昨夜(11日土曜日)の帰宅時は、最寄り駅から数分の間ではありますが、付近への落雷こそないものの空でさかんに雷が鳴っている中、折からの豪雨に見舞われ、足元などはびしょぬれとなりました。先日の熱海の土石流、また中国地方や九州南部の大雨など、災害に遭われている方々に衷心よりお見舞いを申し上げます。

 子どもたちが通っている学校は、まもなく夏休みを迎えます。私ども言問学舎も、生徒たちの学力アップの勝負どころである夏期講習を滞りなく運営すべく、最終調整段階に入っております。カレンダーの関係もあり(昨日10日が土曜日でした)、「会」としての夏期講習説明会は予定通りの10日で終了としましたが、オリンピックの様子を見ながら夏期講習参加の可否を決めかねていらした方も、多くいらっしゃるのではないかと思います。

 来週、18日日曜日は、言問学舎としてははじめての実施となる数研の運営もありますので、説明会の開催はできないのですが、13日月曜日から18日日曜日まで、ご予約なしでお出でいただける「夏期講習フリー相談会」を設定致します。実施時間帯は以下の通りです。


◇2021夏期講習フリー相談会 日程

7月12日(月)15:30〜16:20  ※開始最終時間15:50(16:30終了が目安)
7月13日(火)14:00〜15:20  ※開始最終時間14:50(15:30終了が目安)
7月14日(水)14:00〜16:20  ※開始最終時間15:30(16:20終了が目安)
7月15日(木)14:00〜15:50  ※開始最終時間15:00(15:50終了が目安)
7月16日(金)14:00〜16:20  ※開始最終時間15:30(16:20終了が目安)
7月17日(土)13:00〜14:00  ※開始最終時間13:30(14:10終了が目安)
7月18日(日)15:30〜17:00  ※開始最終時間17:00(18:00終了が目安)

 いずれの日も、右側の時間が面談終了時間です(その時間までお話ができます。また1組40〜50分を目安とさせていただきます)。ご予約は不要ですが、タイミングにより先客がおられる場合も考えられますので、お出かけ前にご一報下さい。

 また午前中をご希望の方は、ご予約の上で11時からであれば、12日、15日以外は対応可能です。お気軽にご相談下さい。

2021再編B教室.JPG

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

2021言問学舎夏期講習、<説明会>は7月10日土曜日最終開催となります!

2021年07月07日

 今日は七夕です。今年で18回目の七夕飾りを塾の前に飾りますが(19年目なのになぜ18回目なのかというと、ある年あまりの忙しさに見送ったところ、子どもたちから「先生、今年は七夕ないの?」とたずねられ、どんなに忙しくても、時に簡略にしようとも、続けなければならない、と痛感したことによるものです)、今年最年長の高3生たちが、言問学舎創業の年に生まれていることに思い至り、昨夜は準備をしながら感無量の思いでした。

 それにしても、子どもたちの「夢」がかなう未来であるのかどうか、社会の動きを見ていると、心もとない思いに駆られてしまいます。しかし、われわれ大人が、たとえ微力であっても、子どもたちの「夢」を守るために力を尽くすことが大事なのだということを、今年は自分自身の短冊に書きました。一人一人、ご縁のあったお子さんたちのために全力を尽くす夏休み、夏期講習が、2週間後の7月21日スタートです。

2021tanabata.JPG

 夏期講習のお問い合わせ、体験授業、保護者面談等は、例年通り講習直前、開講後にもお受け致しますが、夏期講習「説明会」につきましては、今週末、10日土曜日開催を最終回と致します。今回も午前、午後2回開催です。

◇夏期講習説明会/国語の相談会<最終回>

日 時:7月2日(土)  11:00〜 / 13:00 
             ※各回所要時間の目安は50分程度です
   
会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 東大前駅1番出口徒歩3分

ご予約:不要です。ただし全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。また平日午後も随時、ご予約いただいた上で個別面談を実施致します。

※消費税10%増税に対応して実施した2020年3月末日までの「入会金10%割引」を、新型コロナウイルス対応の世相に鑑みて2021年3月末日まで延長しておりましたが、2021年2月1日より2022年3月末日まで、「入会金20%割引」として、拡大継続致します。また、2020年6月15日の対面授業全面再開から続けてまいりました教室定員縮小(最大着席定員40名→13名)の感染防止対策も、2021年は生徒着席定員22名とした上で、ひきつづき継続致します。なお感染防止対策として、2020年6月15日以降の毎日、すべての教室の机・椅子を、アルコール消毒しており、2021年度も継続致しております。


◇電話番号は以下の通りです。 
03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

感じる力+考える力=学力を大きく伸ばす夏期講習!次回説明会を7月3日(土)に開催します!

2021年07月01日

 今日から7月になりました。全国的に大雨が心配され、また東京都の新型コロナウイルス新規感染者数の増加も気になります。私どもとしては、引き続き感染防止に最大限の注意を払いながら、子どもたちの学習環境を守り、学力向上と受験の成功に向けて、力を尽くすほかありません。

 文京区立十中が今日まで一学期の期末テストであり、明日あたりから各地の高校、私立中高一貫校でも期末テストがはじまります。塾での対策は順調に進めて来ましたが、最後に力を発揮するのは本人たちであり、前夜までの詰めについても同様です。

 そして中学受験生、高校受験生、大学受験生にとっては、この夏休みが大きな勝負の時であります。また受験生ばかりでなく、子どもたちにとって非常に大きな学力向上のチャンスです。この貴重な夏休みを、国語に強く、受験に強い言問学舎の夏期講習で、ぜひ有意義なものとして下さい。小学生の読書感想文、絵日記等にも対応します。

 次回夏期講習説明会/国語の相談会は7月3日土曜日、午前・午後2回実施です。

◇第5回夏期講習説明会/国語の相談会

日 時:7月3日(土)  11:00〜 / 13:00 
             ※各回所要時間の目安は50分程度です
   
会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 東大前駅1番出口徒歩3分

ご予約:不要です。ただし全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。また平日午後も随時、ご予約いただいた上で個別面談を実施致します。

※消費税10%増税に対応して実施した2020年3月末日までの「入会金10%割引」を、新型コロナウイルス対応の世相に鑑みて2021年3月末日まで延長しておりましたが、2021年2月1日より2022年3月末日まで、「入会金20%割引」として、拡大継続致します。また、2020年6月15日の対面授業全面再開から続けてまいりました教室定員縮小(最大着席定員40名→13名)の感染防止対策も、2021年は生徒着席定員22名とした上で、ひきつづき継続致します。なお感染防止対策として、2020年6月15日以降の毎日、すべての教室の机・椅子を、アルコール消毒しており、2021年度も継続致しております。


◇電話番号は以下の通りです。 
03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 14:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

感じる力+考える力=学力を大きく伸ばす夏期講習!次回説明会を6月26日(土)に開催します!

2021年06月21日

 本日(6月21日)、東京都に出されていた3度目の緊急事態宣言が解除されました。が、7月23日から五輪が予定されており、新型コロナウイルス感染に対しては、予断をゆるさない状況です。私どもとしては、引き続き感染防止に最大限の注意を払いながら、子どもたちの学習環境を守り、学力向上と受験の成功に向けて、力を尽くすほかありません。

 今週から文京区立中学で一学期の期末テストがはじまります。3年生には、ここからすでに高校受験がスタートするのだと言い聞かせておりますが、実はそのあと、一学期の評定を受けとってから、長い夏休みをどのように過ごし、どんな勉強をするかということが、志望校選びと受験の成否に、大変大きな影響をもたらします。

 過去の高校受験生の例では、夏期講習でぐんと力をつけ、7月テストの偏差値60前後から、8月テスト(夏期講習の仕上げとして8月30日に実施します)で偏差値70をうかがうところまで飛躍して、都立旧小石川高校、戸山高校などに進学したケースがありました。

 もちろん中学受験生、大学受験生にとっても、この夏休みが大きな勝負の時であることに、かわりはありません。受験生ばかりでなく、子どもたちにとって非常に大きな学力向上のチャンスである夏休みを、国語に強く、受験に強い言問学舎の夏期講習で、ぜひ有意義なものとして下さい。小学生の読書感想文、絵日記等にも対応します。

次回夏期講習説明会/国語の相談会は6月26日土曜日、午前・午後2回実施です。

◇第4回夏期講習説明会/国語の相談会

日 時:6月26日(土)  11:00〜 / 13:00 
             ※各回所要時間の目安は50分程度です
   
会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 東大前駅1番出口徒歩3分

ご予約:不要です。ただし全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。また平日午後も随時、ご予約いただいた上で個別面談を実施致します。

※消費税10%増税に対応して実施した2020年3月末日までの「入会金10%割引」を、新型コロナウイルス対応の世相に鑑みて2021年3月末日まで延長しておりましたが、2021年2月1日より2022年3月末日まで、「入会金20%割引」として、拡大継続致します。また、2020年6月15日の対面授業全面再開から続けてまいりました教室定員縮小(最大着席定員40名→13名)の感染防止対策も、2021年は生徒着席定員22名とした上で、ひきつづき継続致します。なお感染防止対策として、2020年6月15日以降の毎日、すべての教室の机・椅子を、アルコール消毒しており、2021年度も継続致しております。


◇電話番号は以下の通りです。 
03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

 


posted by 言問学舎 at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

第3回夏期講習説明会は6月19日(土)開催です!

2021年06月12日

 今日は昼前とつぜん、2年前に卒業した現高校2年生の男子2人が、たずねて来てくれました。2人とも高1の時にそれぞれ別々に顔を見せてくれたことがありましたが、今日は2人そろっての来訪で、びっくりしました。2人は別の中学で、言問学舎で授業が一緒になって、仲良くなったのです。その2人が今でも仲良く付き合いをつづけていること、久しぶりに顔を出してくれたことで、夏期講習前の多忙な一日でしたが、気持ちがほぐれました。

 その2人が高校受験のために夏期講習に通ったのは、2年前ですから、新型コロナ流行前でした。今年は社会や学校の状況が大きく異なりますが、2年前同様に通常日程の夏期講習を予定しています。ただ通常は日曜日を社休日としておりますが、今回は7月23日(金)を社休日とさせていただき、7月25日(日)は講習実施日となります。毎年毎年、一人一人の受験生と真剣に向き合い、課題を解決しながら受験を終えるまでに、いろいろなことがあります。そのひとつひとつの出来事が、忘れられない思い出として残っているものですが、成長した教え子の姿を見る時こそ、塾をつづけていてもっともうれしいひとときであります。

 2022年入試に向かうこの夏期講習は、本日6月12日現在の在籍者数が大学受験6名、高校受験4名、中学受験1名です。いずれもまだ若干名、お迎えする余地があります。かつては8名定員だった1教室を現在は6名定員としておりますので、昨年よりは受け入れ態勢を改善しておりますが、収容人員には限りがあります。国語に強く、受験に強い言問学舎で受験を成功させたい方は、どうぞお早めにご相談下さい。

 次回、6月19日土曜日に、午前・午後2回の夏期講習説明会/国語の相談会を開催致します。多くの方のご来場をお待ち致しております。

◇第3回夏期講習説明会/国語の相談会

日 時:6月19日(土)  11:00〜 / 13:00 
              ※各回所要時間の目安は50分程度です
   
会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 東大前駅1番出口徒歩3分

ご予約:不要です。ただし全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。また平日午後も随時、ご予約いただいた上で個別面談を実施致します。

※消費税10%増税に対応して実施した2020年3月末日までの「入会金10%割引」を、新型コロナウイルス対応の世相に鑑みて2021年3月末日まで延長しておりましたが、2021年2月1日より2022年3月末日まで、「入会金20%割引」として、拡大継続致します。また、2020年6月15日の対面授業全面再開から続けてまいりました教室定員縮小(最大着席定員40名→13名)の感染防止対策も、2021年は生徒着席定員22名とした上で、ひきつづき継続致します。なお感染防止対策として、2020年6月15日以降の毎日、すべての教室の机・椅子を、アルコール消毒しており、2021年度も継続致します。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

第2回夏期講習説明会を6月12日(土)に開催致します!

2021年06月07日

 今日は日ごろお世話になっている教材出版社の方が来られ、興味深い話を聞きました。昨年来のコロナ禍で経営が厳しくなっている飲食系のフランチャイズシステムの加盟社が、相次いで塾のフランチャイズシステムに加盟している、というのです。

 昨年来、飲食・サービス業の方々が文字通り塗炭の苦しみの中におられることは、ずっと以前一時期ながらもサービス業に身を置いた経験のある私としては、決してよそごととしてでなく、深刻に受けとめておりました。また、昨年6月以降は対面授業の全面休止に陥ることなく営業をつづけられているめぐり合わせに、心底感謝も致しております。が、率直なところ、他業種から「塾のフランチャイズ」に参加することに対しては、その人たちのために賛成することはできません。もしも知り合いが個人ベースでやろうというのなら、「およしなさい」と止めるだろうと思います。

 その理由は、「フランチャイズのシステム」ではなく、その教室ごとに「特別な強み」があるところでなければ、現在の塾の過当競争の中では、生き残れないからです。どれほどすぐれたシステムが謳われていても、ことに新規教室立ち上げからの数年間は、血のにじむような努力と、さらにその教室にしかない「特別な強み」があってはじめて、地域・市場に受け入れられるものではないでしょうか。

 私ども言問学舎の、その「特別な強み」は「国語」です。子どもたちが文章を正しく読みとれるようになる、「真の国語」を教える塾として、言問学舎は塾の激戦地と言われる文京区で、19年目の歩みに入りました。この2021夏期講習でも、よりパワーアップ、ブラッシュアップした国語指導の力を、惜しみなく子どもたちに注ぎます。

 まずは夏期講習説明会で、その内容をご確認下さい。次回は6月12日土曜日、午前11時と午後1時の2回開催です。多くの方のご来場をお待ち致しております。

◇第2回夏期講習説明会/国語の相談会

日 時:6月12日(土)  11:00〜 / 13:00 
              ※各回所要時間の目安は50分程度です
   
会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 東大前駅1番出口徒歩3分

ご予約:不要です。ただし全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。また平日午後も随時、ご予約いただいた上で個別面談を実施致します。

※消費税10%増税に対応して実施した2020年3月末日までの「入会金10%割引」を、新型コロナウイルス対応の世相に鑑みて2021年3月末日まで延長しておりましたが、2021年2月1日より2022年3月末日まで、「入会金20%割引」として、拡大継続致します。また、2020年6月15日の対面授業全面再開から続けてまいりました教室定員縮小(最大着席定員40名→13名)の感染防止対策も、2021年は生徒着席定員22名とした上で、ひきつづき継続致します。なお感染防止対策として、2020年6月15日以降の毎日、すべての教室の机・椅子を、アルコール消毒しており、2021年度も継続致します。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

第1回夏期講習説明会を6月5日(土)に開催致します!

2021年05月31日

 言問学舎は、2003年(平成15年)6月1日の創業です。本日で満18年の歩みを終え、明日から19年目に入ります。また舎主・小田原漂情は1988年(昭和63年)4月から12年と少々、学習参考書の出版社に勤めましたので、教育業界での経験は34年目に入っております。この間4回の指導要領改訂を経験し、特に国語力、読解力の指導において、独自の見解と手法を有しており、多くの生徒、保護者のみなさまのご支持をいただいて、こんにちに至っております。

 創業20年をめざしつつ、真の国語を教える言問学舎はさらにパワーアップをつづけています。現在の子どもたちに「読みとる力」が不足していることを憂え、2019年3月から刊行している『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』は、新型コロナウイルス禍への対応でやや出来が遅れがちですが、夏休み明け9月中の刊行を目標に、鋭意制作をすすめています。また今年3月に出版した東日本大震災の犠牲者追悼を志した小説『たまきはる海のいのちを‐三陸の鉄路よ永遠に』は、読者の方々から多数称賛の声を寄せていただいております。

 この夏は、新型コロナウイルス禍に加え、不透明な東京五輪の先行きなど、予測のできない要因が多くありますが、お子さんたちの未来と学習の機会を守るため、少人数制で臨機応変な対応ができる強みを生かして、実りある夏期講習を実施する計画です。日程は、すでに発表されている1学期終業式、2学期始業式に合わせ、2019年までと同様のフルコースの講習会です。

 個々のニーズに合わせたきめ細かな対応も可能ですので、受験、国語、教育全般、お気軽にご相談下さい。

◇第1回夏期講習説明会/国語の相談会

日 時:6月5日(土)  11:00〜 / 13:00 
              ※各回所要時間の目安は50分程度です
   
会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 東大前駅1番出口徒歩3分

ご予約:不要です。ただし全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。また平日午後も随時、ご予約いただいた上で個別面談を実施致します。

※消費税10%増税に対応して実施した2020年3月末日までの「入会金10%割引」を、新型コロナウイルス対応の世相に鑑みて2021年3月末日まで延長しておりましたが、2021年2月1日より2022年3月末日まで、「入会金20%割引」として、拡大継続致します。また、2020年6月15日の対面授業全面再開から続けてまいりました教室定員縮小(最大着席定員40名→13名)の感染防止対策も、2021年は生徒着席定員22名とした上で、ひきつづき継続致します。なお感染防止対策として、2020年6月15日以降の毎日、すべての教室の机・椅子を、アルコール消毒しており、2021年度も継続致します。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

AI時代だからこそ、「読む力」を育てましょう!

2021年05月24日

 昨年、2020年初頭から日本国内でも新型コロナウイルスの感染者が認められ、この1年半ほど、子どもたちの身めぐりもコロナ対策に翻弄される状況がつづいています。しかし気がつくと、時代は2020年代に入っています。

 2000年代、言ってみれば「00」年代は、「ゆとり教育」の時代でした。「10」年代に入って「学力重視」への回帰が図られましたが、「国語力」・「読解力」、とりわけ現場で生の子どもたちの「読みとる力」を間近に見ている立場からすると、時を追うほどにその力が弱くなっていることを、指摘しないわけに行きません。

 具体的な例を挙げます。

@算数や数学の文章題で、問われている(求められている)内容が理解できない。
A国語の文章を読んでも(音読をしてさえも)、その内容が読みとれていない。

 このような学力の不足は、もちろん40年前、50年前にもみられましたが、近年@Aの例の通りのお子さんが、とみに増えているのです。またその度合いも、この20年の間で比べても、強くなっていることを感じます。このような時代に求められるべきものこそ、私ども言問学舎が提唱、実践している「真の国語教育」にほかならないと考えます。

 「真の国語教育」とは「知識」や「解き方」、「形」を教え、訓練するだけでなく、学習者自身が文章を正しく読みとり、時にはそこに書かれている以上のものを受けとめるだけの力を育むことです。それはやはり、「文章を読む」ことでのみ、培われるものでしょう。

 また、「文章を読む」ことは、ある意味忍耐を要することでもあります。そのかわり、忍耐の段階を通りすぎ、文章を読むことの楽しさを知る段階にまで達すれば、そこには深い魅力的な世界が待っているのです。先人の文章を読んで広い世界を知り、次いで自分の世界を構築して、また新しい文章を生み出すという、多くの先人たちの繰りたたねて来た「文章にまつわる営み」こそが、人間の考える世界、心の広がりを生み出して来たということに、異論のある方は少ないのではないでしょうか。

 しかるに最近の子どもたちを見ていると、「結果」を得ることにばかり気持ちが向いていて、文章を読むことに集中することができないのではないかと受けとめられます。また教師の話を聞かず、勝手にどんどんテキストの問題を解いて行く子も散見されます。もちろん言問学舎では、そうした行動は見過ごさず、「話を聞かない」ことにどれほど大きな損失があるか、語り聞かせます。しかしいずれにせよ、結果を求めることばかりが重視される社会のありようが、子どもたちの勉強にも投影されているのではないかと考えないわけに行きません。「00」年代後半から、私は「デジタル」的なものが生活の各場面をひたしていることが国語力低下の一因ではないかと述べて来ましたが、「結果を求める」社会の実情もあわせて考慮すべきであろうということを、近ごろでは強く考えるようになりました。

 言問学舎でも、昨年以来Zoomを利用したオンライン授業をすすめています。日々改良を加えておりますが、やはりデジタル環境を介した接触では、「結果直結」の側に寄って行く傾向が強いように思われます。ただその点を否定、回避ばかりするわけにも行きませんから、ほかにYouTubeを活用して、生徒が読むのに苦労するような文章を、動画の音読併用で読ませる取り組みも導入しております。YouTube導入の代表例は、森鷗外の『舞姫』です。原文を動画で音読して聞かせた上で、言問学舎舎主小田原漂情のオリジナルの全文現代語訳と読解ポイントのまとめシートに取り組ませる形で、2020年の5月から6月にかけて、当時の高校3年生、2年生に授業として提供しました。

 その結果、2020年度の高校3年生の過半数は、当初こちらが企図していた、「『舞姫』をきちんと教えれば、小説も評論もしっかり読み解けるようになる」とのねらい通り、大学受験過去問演習(センター試験過去問や私立大学国語の読解問題)の論説文においても、それ以前とは異なる得点力を示してくれました。国立大理系受験者が共通テストの国語の得点を決め手にして合格した例もあります(宇都宮大学農学部)。またその時の高校2年生は、いま3年生になって、『舞姫』の作品世界をなつかしみ、積極的に学校の授業に取り組んでくれています。

 こうした「読む力」を育てる国語指導こそが、「真の国語を教える言問学舎の国語教育」であり、より多くのお子さんたちに、この国語指導を広めて行く必要があることを、痛感しております。2019年3月に、文章を読み、考えて、自分の言葉で書く力を身につけさせる言問学舎ならではの国語教材『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』の通巻第1巻を出版し、以後通巻第3巻まで順次刊行致しております(近日中に通巻第4巻を刊行するべく、現在編集をすすめております)。

ADSC_1635 (002).jpg

小学2年〜4年対応1表紙B (002).png

音読で育てる読解力.JPG
 
 また本年3月には、東日本大震災の犠牲者追悼を志し、小説『たまきはる海のいのちを‐三陸の鉄路よ永遠に』を出版致しました。この本は純然たる文学作品ですが、弊塾の高校2年生(現3年生)には出来後に一読させ、それをもとに現代文読解の授業を行ないました。「生きた国語を教える塾」としての実践ですが、文学作品を生徒に味読させる際、『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』の「読解シート」に近似した内容読み取りシートを用い、「読み、考えて、書く」ことを実地に繰り返させ、読解力を向上させております。

表紙たまきはる海のいのちを_四六判【カラー表紙】.jpg

 いずれもAmazonにて即日出荷体制でご購入いただけます。
https://www.amazon.co.jp/s?me=A94S50TV9JSZ1&marketplaceID=A1VC38T7YXB528
Amazon有限会社言問学舎

「国語教育」をひとつの枠組みだけでくくることは不可能ですが、これらの内容がこの三十年ほどの国語指導の場でもっとも欠けているものだということは、疑いないと思われます。AI時代、グローバル化の時代であるからこそ、ほんとうはもっとも大切な、「人としての力」である「読む力」を、言問学舎でじっくり育ててみませんか。5月29日(土)に夏期講習プレ説明会を開催致します。

http://blog7.kotogaku.co.jp/article/188699994.html 夏期講習プレ説明会ご案内


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

2021夏期講習プレ説明会開催のご案内

2021年05月20日

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が拡大され、各学校も対応に苦慮しておられる様子です(言問学舎では、オンライン授業も併用しながら、教室の感染防止対策にさらに力を入れ、教室レイアウトの修正をあわせてすすめています)。

 3学期制の中高一貫校や高校では、中間テストの真っ最中でもあります。6月下旬には中間テストのない区立中学でも期末テストが実施されますね。矢継ぎ早にテストや行事が進んで行くと、あっという間に夏休みがやって来ます。

 昨年は特別な日程での夏期講習実施となりましたが、今年は現在各自治体で発表されている終業式・2学期始業式の日程に合わせ、通常どおりの夏期講習を実施する計画です。現在、細部を詰めておりますが、いっぽうで高校受験に直結する中学3年生の期末テストに向けての大事な時期でもありますので、夏期講習プレ説明会を、以下の通り開催致します。大学受験生もあと若干名、受け入れ可能です!特に総合型選抜(旧AO入試)受験予定の方はお早めにご相談にいらして下さい。

◇2021年度夏期講習プレ説明会/国語の相談会

日 時:5月29日(土)  10:30〜11:30
              ※午後英検実施のため、11:30終了とさせていただきます
   
会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 東大前駅1番出口徒歩3分

ご予約:不要です。ただし全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。また平日午後も随時、ご予約いただいた上で個別面談を実施致します。

※消費税10%増税に対応して実施した2020年3月末日までの「入会金10%割引」を、新型コロナウイルス対応の世相に鑑みて2021年3月末日まで延長しておりましたが、2021年2月1日より2022年3月末日まで、「入会金20%割引」として、拡大継続致します。また、2020年6月15日の対面授業全面再開から続けてまいりました教室定員縮小(最大着席定員40名→13名)の感染防止対策も、2021年は生徒着席定員22名とした上で、ひきつづき継続致します。なお感染防止対策として、2020年6月15日以降の毎日、すべての教室の机・椅子を、アルコール消毒しており、2021年度も継続致します。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ