ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。
最近の記事

言問学舎の冬期講習2019−2020 今回の講習の特色をご案内致します!

2019年11月13日

 言問学舎の冬期講習の特徴は、大きく言って二つに分けられます。一つは以前にもお伝えした高校受験、大学受験に対する国語のエキスパートとしての対応。そしていま一つは、先を見すえた息の長い勉強を志す生徒のための、考える力を養い勉強の底力をつけるための、基礎を徹底しながら応用力をも鍛えて行く通常講習です。

 本日は通常講習の特徴を中心にご案内致します。通常講習も、特色は2つに分けてご説明致します。

 言問学舎の講習の柱となるのは、『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』にその精髄が込められている、「音読で文章を正しく味読し、自分の考えを組み立てる」言問学舎ならではの国語の授業です。知識の詰めこみやテスト問題を解くテクニックだけの学習ではなく、本質的な国語を学ぶことができます(小学生で講習のみ受講される方は、『音読で育てる読解力』の一部または同形式の教材を使用。中学生は通年テキストの一部を使って、音読をベースにした授業。高校生は現・古・漢を通じて音読の効用を生かした授業を行ないます。高校2年生の1人は、先月の中間テストで「音読をしたおかげでテストの結果が良かった」と感想を伝えてくれました)。一生の力となる国語力を、この冬期講習からしっかり身につけて行くことができます。

 また、いま一つの柱は、基礎学力を向上させる復習中心のカリキュラムです。小学校も中学校も、現在はなかなか復習の時間が取れず、既習事項をあやふやなままにしてしまう子が非常に多くなっているため、受験学年の中3など重要な局面になってからの学力不足が深刻化しているのです。冬期講習は、1・2学期に習った内容を復習するためのきわめて重要な機会です。特に現中2生などは、ここから春期講習にかけて1・2年範囲の重点復習をして行くことで、3年に上がった時に、無理なく学習を進めて行くだけの学力の土台が作れます。また高校1・2年生は、個々の学力と希望に合わせて、講習中は苦手領域の克服に特化した履修内容とすることも可能です。

・学年別の開講日は以下の通りです。
小1〜小4     12/26〜29、1/6、7
小5・6<非受験> 12/25〜29、1/6、7
小6<受験>    12/24〜30、1/3〜7
中1・2      12/25〜29、1/6、7
中3        12/24〜30、1/3〜7
高1・2      期間中適宜、全6日程度
大学受験      12/24〜30、1/3〜7 
   
※詳しい時間割はお問い合わせ下さい。また講習費・教材費等費用のご案内は、言問学舎ホームページの「冬期講習」ページよりご確認いただけます。次回冬期講習説明会/国語の相談会は、11月16日(土)午前11時より開催致します。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com




posted by 言問学舎 at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

都立高校推薦入試受験希望者のみなさん、対策は期末を含め今からです!

2019年11月07日

文京区立ほか都内の3学期制の中学校は高校受験の成否を占う2学期の期末テストが、ほぼ2週間後に迫っています。みなさん対策は進んでいますか。先週土曜日に「高校入試ガイダンス」を開催しましたが、その日から数えて、都立高校一般入試(一次・分割前期)は111日後でした(一般入試実施日は2月21日です)。

都立高校推薦入試は、一般入試より26日早く実施されますから(1月26、27日)、言問学舎の「高校入試ガイダンス」の日から数えて85日目、本日からだと、80日目となります。

そして推薦入試の選考方法は、ほとんどの高校で内申点(調査書点)が5割、残りの5割を、「小論文または作文」と「個人面接および集団討論」で按分する形になっています。後者の按分の比率は、学校によって3対2、1対1、2対1などと、幅があります。

 この方式になったのは、平成25年からです。それまでは推薦入試における内申点(調査書点)の比率が「最大9割」でしたから、内申点の不足を面接や小論文で逆転するのは至難の業でした。その頃は例えば日比谷の女子なら、内申素点45と44の合格者しかいなかったのです(推薦においてです)。しかし現行の仕組みになってからは、41、40という数字をVもぎやWもぎのデータで目にすることもあります。「勉強のやり方」で、都立推薦入試も合格をねらえる入試になったと言えるでしょう。

 言問学舎では、現高2、現高1と2年続けて、北園高校に推薦合格者を送り出しています。いずれも作文・小論文で得点を稼いで合格しました。現高2の年は作文で(250点満点/個人面接・集団討論250点)、言問学舎の生徒は235点をマークしました。現高1の年から小論文となり(300点満点/個人面接・集団討論200点)、言問学舎の生徒は240点を取りました。北園高校は内申点(調査書点)を合わせて1000点満点ですから、この生徒たちは4分の1近くを、作文・小論文で取っていることになります。

 個人面接・集団討論と作文または小論文で得点を稼ぐことができると言っても、個人面接自体で他の人に大きく差をつけるのはかなりむずかしいことですし、集団討論はグループや課題に左右される面もあります。自分自身が力を磨いて、大きく差をつけることができるのは、やはり小論文・作文だと言えるでしょう。今年、真の国語力をはぐくむための国語教材の出版に進発した言問学舎では、その国語教材を書き下ろし、また多くの生徒に国語の本質を教えつづけて来た舎主・小田原漂情が、基本的な文章の書き方から、志望校別の小論文・作文の書き方まで、綿密に指導します。また個人面接・集団討論も、国語の力で自分の特徴やアピールポイントを的確にまとめ上げ、面接練習も緻密に行なって送り出しますから、受験生はみな適度な緊張と安心感を持って本番に臨み、良い結果を勝ちとっているのです。

 都立高校推薦入試対策指導をご希望の受験生(中3生)の方は、ぜひ期末テスト前から無料体験授業にお出で下さい。期末で内申アップをも勝ちとって、十分な備えで推薦合格のために頑張っていきましょう(文京六中の中3生はここ2年、国語の評定を2学期に「4」から「5」へ上げています)!

注)期末前の体験授業では、期末テスト対策を行ないます。また推薦は倍率も高く、合格は容易ではありませんから、推薦を受ける場合も、必ず「一般入試との二本立て」であることを、みなさんにお伝えしています。推薦入試の小論文・作文を最初の目標として、一般入試の国語までを一体と考えた国語指導で、前述の北園高校の小論文・作文の高得点のほか、平成28年入試の小山台高校受験者が100点満点を取るなど(得点開示による結果)、特筆すべき実績をマークしつづけております。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com




posted by 言問学舎 at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

冬期講習2019−2020言問学舎 国語を受験の決め手にどうぞ!

2019年11月02日

 11月になりましたね。私は今日、湯島天神の合格祈願に行って来ました。いよいよ受験シーズン到来です。

 かねてご案内致しております通り、言問学舎の今冬の冬期講習は、税込みの講習費を昨年と同額に据え置きます。キャッシュレス決済を導入しないことに伴う、わずかばかりの受講生のご家庭への謝恩措置です(冬期講習後、正式にご入会下さる方に関しては、2020年3月末日まで、入会金10%割引を致します)。

 また、これもすでにご案内致しましたが、言問学舎としての長年の課題、そして古文を学習する高校生の悩みを解決すべく、このほど新刊『文語文法の総仕上げ』を刊行しました。言問学舎3点目の出版物です。この本をしっかり理解すると、「暗記して来た文法」が「使いこなせる文法」になり、古文の悩みの多くがすっきり解消するはずですが、実際に多年文語文法を使いこなした上で本書をまとめた(編著者)小田原漂情自らが、さらにわかりやすく生の授業で古文の文法、そして読解をも指導する入試直前講座で、古文を得点源にしてみませんか。

 高校受験生は、都立高校推薦入試の対策を、中学校の期末テスト終了後から本格的にスタートします。2018年入試、2019年入試と2年連続で都立北園高校(2020年入試Vもぎ偏差値62)に推薦合格者を送り出しておりますが、作文・小論文でそれぞれ94%(235点/250点)、80%(240点/300点)をマークした(いずれも得点開示による正確な得点です)「国語の力」が、合格の原動力となっています。

 さらに都立推薦では、個人面接・集団討論も総得点の約4分の1を占めますが(ほぼすべての高校で内申点=調査書点が5割、残りの5割を学校ごとに作文・小論文と個人面接・集団討論で按分)、2018年入試の受験生(現高2)は、ここで250点中250点満点を取っています。個人面接・集団討論は受験生本人の経歴や個性も大きく得点に影響するものですが、決められた面接・討論の時間内で効果的に自己の強みを打ち出せる本番の実力にも、国語力をベースにした訓練の効果が大きく反映されるものであることは、この受験生の実績が雄弁に語ってくれていると言っていいでしょう。

 とり急ぎ、大学受験と高校受験に関して「国語の力」が強く生きるケースをご紹介しましたが、言問学舎は国語の力を勉強、受験、そして将来の人生に大きく生かす総合学習塾として、多くの方々のご入塾をお待ちしております。冬期講習第1回説明会を、以下の日時に開催致します。受験期に入っており、午前中1回のみの開催となりますが、その他の日時にも対応することができますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

◇冬期講習説明会/国語の相談会 第1週のご案内

日 時 11月9日(土) 11:00〜 

※所要時間は1時間程度です。予約なしで直接お出でいただいてかまいませんが、全体説明真後の個別相談は、予約をふくむ先着順となります。ご承知おき下さい。
     
会 場 言問学舎 文京区西片2−21−12 ※南北線東大前駅徒歩3、4分

 お問い合わせ・体験授業に関しては、この説明会以外にも、随時受け付け致しております(日曜日は休業です)。国語を中心に、思考力を育て大きな成長を願うみなさまのため、多くのニーズにお応えできる態勢を整えて、ご相談をお待ち致しております。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

新刊『文語文法の総仕上げ』を明日(11/1)から発売致します!

2019年10月31日

 言問学舎では今年から、真の国語力をはぐくむための国語教材の出版をはじめました。第一弾、第二弾の『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力 小学5年〜中学2年対応1』、『 同 小学2年〜4年対応1』は、おかげさまで初回配本分も順調な売れ行きをみることができ、ひきつづき言問学舎およびネット書店にて好評販売中です。

 さて、大学受験は今まさにAO・各種推薦入試たけなわの季節を迎えておりますが、大学入試センター試験も、あと2か月半ほどの時期にせまっております。センター試験の第三問(古文)では、具体的な「文法」の出題もあるほか、文語文法の基本がわかっていないと、文章の内容を理解することができません。しかし文語文法=古文の文法は、高1の時から暗記中心の学習がすすめられ、覚えた項目とそうでない部分がごちゃまぜになって、「未だになんとなくわかったようでわかっていない」、あるいは「出てきた問題を解くのはだいたい何とかなるけど、知らないところがでてきたらアウト」というような状態の人も、多いことでしょう。

 しかし文語文法は、効率よく整理すると、さほど難解ではないのです。もっとも基本的な動詞の活用から、きちんと積み重ねてゆけば良いのですが、助動詞に入るあたりの学習過程で「丸暗記」の弊害にさらされてしまうため、わけがわからなくなってしまうケースが、非常に多くあるのです。これを整理して、解きほぐすことは、言問学舎の長年の課題でありました。

 本書『文語文法の総仕上げ』は、暗記すべきものとそうでないものを効果的に仕分けして、「最低限、これだけ押さえておけば文語文法は大丈夫」という内容を、作業表や例題も織り込みながら、すっきり整理できるようまとめてあります。紙幅の都合もあり、「取捨選択」しての「解説」中心の構成ですが、文語文法を一定線以上勉強したことのある方ならば(大まかな目安として、「高1」修了以上)、本書でこれまでの疑問を解消し、「使いこなせる文法」に仕上げることができるはずです。

 言問学舎にご来社いただいての直接販売では、明日11月1日より、一般販売を開始致します。定価は500円+消費税(現在は550円)です。

 また全国の各書店よりご注文いただくことができるほか、大規模な書店の一部には配本されます。こちらは2週間ほどお待ち下さい。全国の配本書店については、お気軽に電話でおたずね下さい。


 来春(2020年1月から)大学受験で古文を使う方は、ぜひこの1冊を「古文攻略の決め手」にして下さい(基礎理解を凝縮した内容ですから、東大二次試験の逐語訳に対しては、カバーしていない部分もあります)。短期特訓のご相談もお受け致しております。

IMG_0635.JPG


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

来年3月末日まで入会金を10%割り引きし、冬期講習費は据え置きます!

2019年10月18日

 東日本各地に大きな被害をもたらした台風19号のために亡くなられた方々を衷心より悼み、被災された方々にお見舞いを申し上げます。

 10月1日より消費税が10%に引き上げられ(軽減税率品目を除きます)、世上の混乱が伝えられています。私どもも、塾にお子様を通わせて下さるみなさまのご負担を少しでも軽くするため、キャッシュレス決済を含む施策を検討致しましたが、塾での大体月1回の決済のために過大な投資をすることは、長い目で見て塾生への教育の質の維持・向上の妨げになると判断し、月謝集金は従前どおり銀行振り込み中心とさせていただくことに決定しました。

 しかしながら新たに言問学舎をたずねて下さる方々と、これまで通って下さり、今後も言問学舎で勉強をつづけて行かれる塾生のご家庭のご負担をわずかなりとも軽減するため、本年度冬期講習費を昨年度のままとし(教材費は税抜き2%程度、引き上げさせていただきます)、2020年3月31日まで、入会金を10%割り引きすることを、ご案内致します。言問学舎では、これまで「入会金〇〇%OFF」という「割り引きイベント」、「割り引き商戦」のたぐいは行なったことがありませんが(入会時期の違いによって費用面の取り扱いに差異が生じるのを防ぐためです)、今回は社会全体の特異な状況に対応するため、来年3月末までの期間限定の措置とするものです。

 金額としては決して大きなものではありませんが、お子さんたちの勉強にかかわるご負担の軽減に少しでも貢献したいと考えて、私どもに可能な限りの対応をさせていただく次第です。なお冬期講習説明会は、11月16日(土)より開催致します。

 また言問学舎では好評の『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』を皮切りに、新しい視点から本質的な国語を学ぶことのできる国語教材を開発・出版する計画を進めておりますが、このほど大学受験生の文語文法の総整理を目的とした『文語文法の総仕上げ』を刊行する運びとなり、10月31日発売の予定で制作進行中です。2〜3週間で古文の文法(文語文法)の仕上げができる画期的な本ですから、来春大学受験をする方たちにとっても力強い味方になることでしょう。

 『文語文法の総仕上げ』の詳しい内容は、後日改めてご紹介致します。今しばらくお待ち下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com




posted by 言問学舎 at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

国語力を伸ばす秋−言問学舎で本当の国語を勉強しませんか

2019年09月28日

 9月もまもなく終わりです。大学時代の友人が高校で国語を教えている千葉県では、友人の学校の生徒の中に、まだ家が停電している人がいると聞いており、亡くなった方があるとの報道もありました。被災地の方に衷心よりお見舞いを申し上げます。

 さて、言問学舎で受検者を募集しておりました本年度第2回の英語検定、漢字検定も、募集期間が終了し、あとは実施を待つばかりです。また自宅近くの小学校は今日が運動会で、今朝駅へ向かう際、綱引きを見て拍手をして来ました。昨日につづいて今日もかなり気温が高くなるようですが、週明けからはいよいよ秋も本番を迎えるものと思われます。

 学問の秋、読書の秋とよく言いますが、秋は感性が研ぎすまされ、ものごとをとらえやすくなる季節です。国語において、物語文(文学)と説明文(評論・論説)をことさら分ける風潮がありますが、説明文であっても、読み手が感性を通して文章の内容を受けとめることに変わりはありません(ちょっと脱線しますが、森鷗外の『舞姫』をきちんと教え、学び手もきちんと受け止めれば、それは論説文の読解力向上にもつながるのです)。未知の内容をつかみとる感性がなければ、論説文の読みとりも深部には至りません。

 そうした意味で、秋は国語力を伸ばすのに適した季節です。感性が研ぎすまされるということは、いろいろな分野にアンテナを伸ばして、考える道すじをつかむことにつながります。もちろん、文学作品に描かれている内容も、直接目に見えて感じとりやすくなるわけです。『枕草子』の「秋は夕暮れ」の様子など、まさに日々の帰り道に実感されるのではないでしょうか。

 国語力を伸ばすことに定評のある言問学舎では、この秋、国語をしっかり勉強したい小学生、中学生、高校生を歓迎します。まずは無料体験授業からご利用下さい。また好評の『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』も、試験的にAmazonでの販売体制を作りました。

 国語に関するご相談は、どのようなことでも、言問学舎舎主・小田原漂情にお寄せ下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

【募集】2019年度 第2回日本漢字能力検定実施のお知らせ<準会場>

2019年09月17日

 文京区の総合学習塾言問学舎は、英検・漢検の準会場として塾生以外にも多くのみなさまに受検(準会場利用)していただいております。本年度第1回の漢検を以下の日程で実施致します。10月5日(土)実施の英検につづき、多くの方々のご参加をお待ち申し上げております。

<2019年度第2回 日本漢字能力検定検定【準会場】 実施要項> 

  実施日 10月26日 土曜日  ※今回は土曜日午後の実施です。

  時間帯 同日 13時以降 

※申込者のご希望に一定程度対応します。申し込み集計後、実施時間の詳細を決定します(級ごとにその日一回の実施です)。

  
   検定料 10級〜8級 1,500円
       7級〜5級  2,000円
       4級〜準2級 2,500円
       2級     3,500円
              ※検定料は協会所定の準会場検定料です。
               当会場で受検できる級のみ掲示しています。
  
お申込み方法

 お問い合わせメールフォームまたはお電話にてお申し込みの上(この時点で正式に受付し、お席を確保します)、一度弊社までお申し込み手続きにお出で下さい。ご遠方もしくはお仕事のご都合などで事前手続きのしにくい方は、言問学舎舎主小田原まで、電話でご相談下さい。
  
お申込み締切日 9月25日 水曜日

※各検定協会の規程により、正式なお申し込み後のキャンセルはお受けしかねますので、ご承知置き下さい。


★南北線東大前駅下車徒歩3分、大変利用しやすい環境です。
(ほか、都営三田線・大江戸線春日駅徒歩9分。根津駅・本郷三丁目駅や路線バスもご利用になれます。詳しくはHPのアクセスをご覧下さい。)

★言問学舎の塾生以外の一般の皆様も、ぜひご遠慮なくご利用下さい。塾生になる必要などはありません。準会場としてお断りするまでもないことですが、受検されるにあたって「入塾の勧誘」に類する行為は一切行なっておりません。詳細については言問学舎専用ホームページ「英検・漢検の準会場」のページ等、あわせてご覧下さい。

★本年度2学期入塾生についても募集中ですので、あわせて塾をお探しの方は、本サイトほか言問学舎からのご案内を、ぜひご覧下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

二学期の通常授業・通常営業を開始しました!

2019年09月03日

 長かった夏休みも終わり、2学期がはじまりました。まだ夏休みの感覚が残っている人も多いと思いますが、この2学期は、期間としてもっとも長く、各学年とも学習内容もむずかしくなる学期ですから、夏の名残りにひたるのは今週いっぱいくらいにして、早く心身を2学期の「学問の秋」モードに切りかえるようにつとめましょう。2学期から塾で本格的な勉強をはじめた人は、短期間に成績を大きく上げたり、深い学力を身につけることのできたりしたケースが多いです。

 なお新宿区立の小・中学校や千代田区立九段中等教育学校では、一週間早く8月26日から、2学期がはじまっていました(私立学校は学校ごとに適宜。また都立北園高校は8月31日土曜日が始業式でした)。千代田区立九段中等教育学校では、すでに8月中に前期の期末試験が行なわれ、8月後半から国語のテスト対策を入念にすすめた生徒は、まずまずの手ごたえを感じとっていたようです。文京区立中生たちも、8月30日に塾内で実施した学力テストで、それぞれ成長のあとを見せてくれました。

 さて、文京区立中学校では、六中が今月末、他の学校が10月初旬に、中間テストとなります。言問学舎では来週から、各中学校の中間テスト対策を開始します(六中は3週間対応となりますが、試験範囲が狭く生徒たちも今週は内容を把握しきれないため)。高校受験の志望校選定に直結する中3生をはじめ、中2、中1のみなさんも、早めに準備、対策に取りかかり、内申点を向上、確保することにつとめるのが、近い将来の高校受験のために、大変重要です。

 無料体験授業は、受講予定教科の一週間分を受講していただくことができます。また入塾初月は月謝を週割対応と致しますので、中間テストに向けてまず体験授業を受け、ひきつづき入塾後対策授業をつづけることに、まったくロスがありません。小学生、高校生のみなさんもあわせ、ぜひお早めにご相談下さい。メール、電話のどちらでも、すぐに対応させていただきます。

※10月1日より消費税が10%に増税された場合、10月分月謝からは消費税10%をお預かり致しますが、2020年2月分までの年間教材費、年間テスト代は、9月末日までにご入金いただく場合8%となります。お早めにご相談、体験、入塾お手続きとすすめていただくようご案内申し上げます。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com






posted by 言問学舎 at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

【募集】2019年度第2回実用英語技能検定実施のお知らせ<準会場>

2019年08月24日

 文京区の総合学習塾言問学舎は、英検・漢検の準会場として多くの皆さまの受検(会場ご利用)をお待ちしております。本年度第2回の英検を以下の日程で実施致します。

<2019年度第2回 実用英語技能検定【準会場】 実施要項> 

実施日 10月5日 土曜日

時間帯および検定料 ★9月2日、4級と準2級の実施時間を差し替えました。ご注意下さい。 
〜今回は以下の開始時間を予定しています。

3級  12時20分ごろスタート   検定料3,900円

5級  13時55分ごろスタート   検定料2,000円

2級  15時10分ごろスタート   検定料5,500円 ★9/9 19:30 あと1名で締め切ります

準2級 17時20分ごろスタート   検定料4,900円

4級  19時15分ごろスタート   検定料2,600円

※表記の時間の10分前に案内放送をスタートします。また検定料は協会所定の準会場検定料です。

お申し込み方法
 お問い合わせメールフォームまたはお電話にてお申し込みの上(この時点で正式に受付し、お席を確保します)、一度弊社までお申し込み手続きにお出で下さい。ご遠方もしくはお仕事のご都合などで事前手続きのしにくい方は、言問学舎舎主小田原まで、電話でご相談下さい。 

お申し込み締切日 9月10日 火曜日 

※各検定協会の規程により、お申し込み後のキャンセルはお受けしかねますので、ご承知置き下さい。

★南北線東大前駅下車徒歩3分、大変利用しやすい環境です。
(ほか、都営三田線・大江戸線春日駅徒歩10分。根津駅・本郷三丁目駅や路線バスもご利用になれます。詳しくはHPのアクセスをご覧下さい。)

★言問学舎の塾生以外の一般の皆様(検定のみの方)も、ぜひご遠慮なくご利用下さい。塾生になる必要などはありません。準会場としてお断りするまでもないことですが、受検されるにあたって「入塾の勧誘」に類する行為は一切行なっておりません。詳細については言問学舎専用ホームページ「英検・漢検の準会場」のページ等、あわせてご覧下さい。

★本年度2学期入塾生についても募集中です。日々の勉強や受験のことでお困りのことがある方は、本サイトほか言問学舎からのご案内を、ぜひご覧下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

夏期講習最終課程〜無料体験授業にどうぞ!言問学舎の夏期講習2019

2019年08月20日

 今日は8月20日、夏休みもあと10日ばかりとなりました。みなさん、夏休みの宿題は、順調にすすんでいますか。最後の1日、2日になってあせることのないように、遅れぎみの人はそろそろ本腰を入れて頑張って下さい。

 言問学舎の夏期講習は、8月29日まで授業を行ないます。そろそろ仕上げにかかるころですが、一方で9月からの通塾を検討する方に、無料体験授業を利用して言問学舎を知っていただく好機でもあります。

 高校受験に臨む中学3年生、公立中高一貫校にチャレンジする小学6年生をはじめ、二学期からの勉強の態勢を整えて、大きな未来に向かってのチャレンジをはじめたい方には、二学期はじめの9月、10月は、大きなチャンスです。ぜひ夏期講習で無料体験をして、二学期からの通塾の準備に役立てて下さい。
 
 無料体験授業は、9月からの受講予定教科の一週間分の授業を受講することができます。また、1コマ単価の受講料を組み合わせて、夏休みの勉強の仕上げに充てることも可能です。小学生の読書感想文も、すでに一度書き上げたものの添削が中心となりますが、対応致します。お気軽に、かつお早めに、メールまたは電話でご相談下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

夏期講習後半日程は16日金曜日から!これからのご相談が可能です!

2019年08月08日

 梅雨明けの数日前までは「今年も冷夏では?」と案じられるような気温の低い日がつづきましたが、いざ梅雨明けの報を聞くと、打って変わって猛暑の毎日となりました。プールや海、また野や山に夏休みらしさを満喫したい子どもたちにとっては、願ってもないことだと思われます。どうか事故などのないように、残り半分になろうとしている夏休みを過ごしてほしいと思います。

 さて、私ども言問学舎でも、夏期講習の前半日程があと3日で終了となります。11日から15日は休業とさせていただき、16日金曜日から後半日程に入ります。

 夏期講習前半の進捗状況は、夏休みの課題として休み明けに学校へ提出する読書感想文の下書きを完成させた小学4年生が一人。残る小学生のほとんどが、下書きの半分以上を終えていて、出席回数が少ない人も、下書きの準備の感想文シートを書き上げ本文の下書きに取りかかるところまで進んでいます。

 また中学3年生は、1・2年及び3年一学期までの復習の基礎1周を終え、2周目の応用篇に入りました。塾の休業期間明けにその領域の確認テストを行ない、発展篇と二学期の予習領域へ進みます。

 かねてより、言問学舎の夏期講習は「これからのお申し込みが可能」である旨、ご案内しておりますが、この点は16日からの夏期講習後半日程についても同様です。電話でのお問い合わせは10日18:00までと16日11:00から、メールでのお問い合わせは休業期間中も随時、お受けしております。ただしメールご返信は16日もしくは17日になる予定でありますので、ご了承下さい。

 多くの方からのご相談を、お待ち致しております。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com




posted by 言問学舎 at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

今から1か月の大きな価値〜言問学舎の夏期講習2019

2019年07月26日

 東京も今朝は久しぶりに見る青空に、ところどころ真っ白な雲が浮かんでいました。いよいよ梅雨明けでしょうか。

 公立小・中学校の夏休みがはじまって一週間。言問学舎の夏期講習も、新入塾生を多数迎えてにぎやかな時を送りながら、第一週を終えようとしています。

 この時期に思い出すのは、夏期講習がはじまってから言問学舎に来てくれた過去の夏期講習受講生の顔ぶれです。さまざまな結果や進路がありましたが、みんな今どうしているだろう。一人一人の顔を思いながら、東大前駅まで約30分の車中の時間を過ごしました。

 今年も夏期講習がはじまってから、新たにお問い合わせを下さっている方々がおられます。今日が7月26日、夏期講習冒頭の今の時期と、1ヶ月過ぎた夏期講習終盤期では、なすべき勉強の中身が変わるのはむろんのこと、お子さんたちに残された時間と用意されている可能性が、決定的に異なります。

 この夏休みからの勉強をどうしようかと迷っている方は、少しでも早く、言問学舎にご相談下さい。ただいまのところ、私立中学受験の算数・理科をのぞく全学年・全コースで、夏期講習受講生をお迎えできる態勢です。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

まだ申し込める夏期講習〜言問学舎の夏期講習2019

2019年07月20日

 長く梅雨寒の日がつづきましたが、一昨日から暑さが戻り、昨日はところどころ青空も望まれる中での、公立小・中学校の終業式となりました。中学1年生の方たちは、はじめてもらう5段階評価での通知表、どんな結果だったでしょうか。

 さて、楽しい夏休みですが、「楽しいだけ」で終わらせないように、勉強も効率よく織り込んで、有意義なものにしていただきたいと思います。言問学舎の夏期講習は、例年通り、講習開始後も、随時途中参加をすることが可能です。

 通常期に一週間分(受講予定教科のコマ数)を受講できる無料体験授業も、夏期講習中に受けることができます。例えば、小学5年生で18コマ、国語と算数を受講する場合、最初の2コマ分を無料体験扱いとして、残りの16コマ分が夏期講習費の対象となる仕組みであり、非常にご利用いただきやすいシステムになっているのです。

 しかも、中学受験をしない小学生の国語では、学校の夏休みの宿題として提出できる読書感想文を、授業時間内に書き上げることができます(原則、言問学舎にそろえてある課題図書を使って書く形です)。また中学生は、今までの復習を強化しながら、都立校推薦入試(2年連続で北園高校合格中)のための小論文、作文の対策授業もはじめられます。

 そして大学受験は、本番スタートが間近に迫ったAO入試・各種推薦入試対策講座と、センター試験〜私大一般入試対応の、国語力をぐんと伸ばす一般入試対策講座が、それぞれあと1名の募集となっています。「自分の強み」をうまくまとめて大学に訴求できる言問学舎のAO指導を、これから合格を勝ち取りたい方は、ぜひご活用下さい。

 本日(7/20)から夏期講習開講となりますが、日曜日と8/11〜15をのぞき、朝11時から夜9時までの営業時間中、電話は常時、対応可能です。メールはもちろん、24時間受付しております。まずは体験授業のご相談から、お気軽にお寄せ下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

夏休みに「国語力を伸ばせる」理由〜まだ間に合う夏期講習2019言問学舎

2019年07月14日

 国語力、読解力を伸ばす決め手とは何でしょう?もちろんいくつかの要素や経路があるのですが、もっとも効果が大きく、かつ速いのは、「学習する人の心が動く」ことです。

 「心が動く」などというと、文学作品を読んで詩的感動を覚えると感じ、自分(うちの子)には縁がないと思われる方もあるかも知れませんが、そうではありません。

 スポーツ界のスーパースターの生い立ちを読んで心をときめかせる(私の時代は長嶋選手や王選手、少し前ならイチロー選手や松井選手でしょうか)、宇宙や生命の神秘に知的好奇心をかきたてられる、お金の成り立ちや豪商の生涯に興味を持って経済学を志す。これらみなすべて「心が動く」ことであり、国語力、読解力を伸ばすために、強い契機となることなのです。

 あるいはもっと身近なところにも、心を動かすきっかけはひそんでいます。毎朝のリズムが変わって、路傍の植物に目をとめた。クワガタを手に入れ毎日世話をすることで、生きものに関心を持つようになった。旅先の歴史に心ひかれて、その土地のことを調べてみた。
こんなふうに、誰にでもそのきっかけとなりうるできごとがあふれている、それが夏休みなのです。

 多くのお子さんたちが苦手にしている「読書感想文」もまた、子どもたちが日常とは異なる何かを知り、心を動かす絶好のチャンスです。言問学舎の夏期講習の小学生の国語のメインのカリキュラムは、読書感想文を書き上げること(中学受験生を除く)。夏期講習の時間内で、夏休み明けにそのまま提出できる感想文を書き上げられるばかりでなく、そのことを通して、読解の力を高められます。これが言問学舎の夏期講習の、大きなメリットです。

 夏期講習説明会はすでに終了と致しましたが、ご相談はこのあとも随時、受け付け致しております。どうぞお気軽に、言問学舎舎主・小田原漂情までお声がけ下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

まだ間に合う夏期講習2019〜貴重な夏休みを言問学舎でよりいっそう有意義に!

2019年07月10日

 公立小・中学校の一学期が、残すところ10日を切りました。夏休みを前に、子どもたちは楽しい夢ばかりを思い描いていることでしょう(受験生以外は)。もちろん、子どもにとっての夏休みは、心身を成長させるたいへん大きな機会です。この時にしかできない経験を、たくさんして欲しいと思います。

 ただ、子どもたちの思うままにさせていると、「勉強」はおろそかになりがちなもの。「勉強」とのバランスもうまく取って、いろいろな意味で有意義な夏休みを過ごすことが、秋以降のことを考える上では大切です。

 例年通り言問学舎の夏期講習は、少人数制で小回りが利く体制のため、まだこれからも、受け入れが可能です。一部に残席の少なくなっている学年・コースもありますが、各種受験コースを含む全学年・コースにおいて、受講希望の方をお待ちしております(私立中受験は国語、社会のみ対応)。特に中学受験をしない小学生のお子さんは、夏休みの読書感想文(学校提出用)を夏期講習で書き上げられるほか、お子さんたちがこの時期にしか感じていないことを手がかりにして、読解力を伸ばすさまざまな国語指導が受けられます。

 ご相談は、メールおよび電話で随時お受け致しております。夏休み前に体験授業を受けることができない場合、夏期講習の一部を無料体験扱いとすることも可能です。どうぞお気軽に、言問学舎舎主・小田原漂情までご相談下さい。

 また、言問学舎16年間の国語指導のノウハウとエッセンスを凝縮した『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力 小学5年〜中学2年対応1』(3月刊)、『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力 小学2年〜4年対応1』(6月刊)も好評発売中です。ある程度まとまった分量の文章を読んで感想文を書く、という国語学習の根本をご家庭ですすめていただくことができ、お子さんたちに真の読解力、国語力を身につけてもらうことができる国語教材です。学校の宿題の読書感想文を書く手助けにもなるでしょう。ご購入は、書店注文のほか、言問学舎ヘのメールでもお受け致しております。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

夏期講習2019言問学舎 講習説明会/国語の相談会最終週、7月6日(土)開催です!  

2019年07月02日

 7月に入りました。国語力に定評のある文京区の総合学習塾言問学舎では、創業以来16年間の国語指導のノウハウとエッセンスを凝縮した『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力 小学5年〜中学2年対応1』を今春刊行し、続刊の中・低学年用『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力小学2年〜4年対応1』を6月30日より発売開始と致しました。

 これで、ある程度まとまった分量の文章を読んで感想文を書く、という国語学習の要諦の実施が可能な小学2年生以上、小学生および中学1・2年生のすべての学年のお子さんたちに、真の読解力、国語力を身につけてもらうことのできる国語教材(一般販売あり/書店注文可)を、整えることができました。

 いっぽう、国語を中心に全教科の学力を向上させ、ねばり強い指導・緻密な受験戦略・熱いメンタルのフォローの「受験成功不動の3条件」で受験にもきわめて強い総合学習塾として、この春から夏期講習にかけても多くの新入塾生をお迎えし、活気に満ちた言問学舎ですが、今週末、「説明会」として事前設定する場としては本年度夏期講習前最後となる説明会/国語の相談会を開催します。7月6日(土)の午前、午後各1回の開催です。

◇夏期講習説明会/国語の相談会 最終週のご案内

日 時 7月6日(土) 11:00〜 / 13:00〜  ※各回1時間程度
     
会 場 言問学舎 文京区西片2−21−12 ※南北線東大前駅徒歩3、4分

 お問い合わせ・体験授業に関しては、この説明会以外にも、随時受け付け致しております(日曜日は休業です)。国語を中心に、思考力を育て大きな成長を願うみなさまのため、多くのニーズにお応えできる態勢を整えて、ご相談をお待ち致しております。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

夏休みの国語の勉強を、『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』でどうぞ

2019年06月24日

 本年4月に発売を開始した言問学舎刊『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力 小学5年〜中学2年対応1』は、全国の主要書店で販売されているほか、言問学舎の小学5年生、6年生の授業でも月1回定例使用をすすめており、ご家庭から好評をいただいてる上に、生徒たちの書く文章の精度が上がるなど、早々に大きな効果があらわれているところです。

 小学4年生以下のお子さんたちには大変お待たせしましたが、6月30日(日)に、新刊『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力 小学2年〜4年対応1』を発売致します。「小学5年〜中学2年対応1」同様、小田原漂情の音読DVDが付属していますので、長年定評のある言問学舎の国語の授業に準じた、真の読解力を身につけることのできる国語の勉強を、ご家庭ですすめていただくことができます。

 また、「小学5年〜中学2年対応1」「小学2年〜4年対応1」とも、読解力をみがく秘訣である「読解シート」の記述例のほかに、小学生が書いた読書感想文の「文例」が、各作品に2パターンずつついていますので(「小学5年〜中学2年対応1」は中学生が書いたものも含みます)、「読書感想文の書き方」を身につけるのにも最適です。自分が読書感想文を書いてみたい本についても、「読解シート」と同じように手がかりをつかみ、思ったこと、感じたことを書き出して、「文例」にならって感想文を書いていけば、苦にせず整った読書感想文を書けるようになるでしょう。

◇『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』各巻の仕様
 
『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力小学5年〜中学2年対応1』
 2019年3月8日発行 著者/小田原漂情 発行発売/有限会社言問学舎
 定価1800円+税 本冊80ページ 別冊文例集82ページ(うち原稿用紙14ページ)

音読で育てる読解力.JPG

『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力小学2年〜4年対応1』
 2019年6月15日発行 著者/小田原漂情 発行発売/有限会社言問学舎
 定価1800円+税 本冊84ページ 別冊文例集84ページ(うち原稿用紙16ページ)

小学2年〜4年対応1表紙B (002).png

 ご注文は、全国の書店のほか(「小学2年〜4年対応1」は7月上旬より)、言問学舎のお問い合わせフォームからも承ります。アマゾンについては出品を検討中ですので、今しばらくお待ち下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com




posted by 言問学舎 at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

夏期講習2019言問学舎 講習説明会/国語の相談会第3週は<土・日開催>です!

2019年06月22日

 6月もあと一週間ほどで終わりとなります。先週の夏期講習説明会開催時から好評裡にご出席をいただいておりますが、いよいよ来週、第3週は、恒例の<土・日説明会>を開催致します。日曜日でなければご出席いただけないご家庭は、お見逃しなくご参加下さい。

 また、30日日曜日より、好評の『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』の新刊「小学2年〜4年対応1」を発売する予定です。既刊『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力小学5年〜中学2年対応1』につづくこの「小学2年〜4年対応1」の刊行で、真の読解力、国語力をはぐくむ言問学舎の国語指導のテキストが、小学2年生から6年生をカバーするものとなります。

 夏期講習にご出席いただける方は、『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力小学5年〜中学2年対応1』、『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力小学2年〜4年対応1』を使った授業を、読書感想文指導にプラスして受けていただくことができますし、講習出席、通塾のできない地域の方々にも、長年定評のある言問学舎の「音読と読解、表現の講座」の授業内容に準じた国語学習を、同書をお求めいただくことで、ご自宅ですすめていただくことができます。購入をご希望の方は、書店でご注文いただけるほか(「小学2年〜4年対応1」は、7月上旬より注文可となります)、言問学舎・小田原まで、メールでご連絡下さい。

 夏休み、夏期講習は、多くの受験生、そして小学生、中学生、高校生のみなさんにとって、貴重な復習のチャンスです。お盆休みまでの前半日程(T・U期)で、過去の全学年の復習を徹底し、後半日程(V期)で2学期の予習や応用領域に取り組むスタイルで、多くの生徒が大きく成績を伸ばし、夢をかなえて行きました(T・U・V期制は、中学生の日程です)。大学受験の国語における文語文法(古文の文法)の基礎、実戦力養成も、夏期講習の前半が集中して臨める時期です。

 来春の受験のため、また先を見据えた息の長い勉強の体力をつけるため、いずれも夏期講習が最大のチャンスの時です。多くの方のご来訪をお待ち致しております。

◇夏期講習説明会/国語の相談会 第3週のご案内

日 時 6月29日(土) 1⒈:00〜 
    6月30日(日) 11:00〜 / 16:30〜
※各回1時間程度です。予約なしで直接お出でいただいてかまいませんが、全体説明後の個別相談は、予約をふくむ先着順となります。またお問い合わせが増えておりますので、できるだけご予約下さい。
     
会 場 言問学舎 文京区西片2−21−12 ※南北線東大前駅徒歩3、4分

 お問い合わせ・体験授業に関しては、この説明会以外にも、随時受け付け致しております(6月30日以外の日曜日は休業です)。国語を中心に、思考力を育て大きな成長を願うみなさまのため、多くのニーズにお応えできる態勢を整えて、ご相談をお待ち致しております。

 また、本サイトの直近に、「小学生の学年別の特徴」と「中・高生の学年別の特徴」の記事を掲載しております。あわせてご覧下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

夏期講習2019言問学舎 講習説明会/国語の相談会第2週 6月22日(土)開催です!

2019年06月17日

 言問学舎はこの6月より、17年目の歩みに入りました。長年にわたってご愛顧下さった地域のみなさま、卒業生・在塾生と保護者のみなさま、過去及び現在のスタッフ諸氏に厚くお礼を申し上げます。今春出版した『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力 小学5年〜中学2年対応1』につづき、中・低学年対象である『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力 小学2年〜4年対応1』を、まもなく発刊致します(6月30日日曜日発売開始予定)。創業当初から志して来た「より多くのお子さんたちに、真の国語教育を」という社是を、形にするところまでやってまいりました。

 もちろん、言問学舎としてもっとも大切なことは、日々ここで勉強してくれる生徒諸君の学力を伸ばし、その子たちの夢をかなえることですから、舎主をはじめ教職員一同、そのために日々改善と精進につとめております。そして多くのお子さんたちのために大きな学習チャンスである夏休み、夏期講習を目前として、新たに言問学舎で学ぼうとして下さる方々のため、ひきつづき夏期講習説明会/国語の相談会を、6月22日土曜日に開催致します。

 多くの受験生、そして小学生、中学生、高校生のみなさんにとって、夏休み、夏期講習は、貴重な復習のチャンスです。お盆休みまでの前半日程(T・U期)で、過去の全学年の復習を徹底し、後半日程(V期)で2学期の予習や応用領域に取り組むスタイルで、多くの生徒が大きく成績を伸ばし、夢をかなえて行きました(T・U・V期制は、中学生の日程です)。大学受験の国語における文語文法(古文の文法)の基礎、実戦力養成も、夏期講習の前半が集中して臨める時期です。

 来春の受験のため、また先を見据えた息の長い勉強の体力をつけるため、いずれも夏期講習が最大のチャンスの時です。多くの方のご来訪をお待ち致しております。

◇夏期講習説明会/国語の相談会 第2週のご案内

日 時 6月22日(土) 1⒈:00〜 
※各回1時間程度です。予約なしで直接お出でいただいてかまいませんが、全体説明後の個別相談は、予約をふくむ先着順となります。またお問い合わせが増えておりますので、できるだけご予約下さい。
     
会 場 言問学舎 文京区西片2−21−12 ※南北線東大前駅徒歩3、4分

 お問い合わせ・体験授業に関しては、この説明会以外にも、随時受け付け致しております(6月30日以外の日曜日は休業です)。国語を中心に、思考力を育て大きな成長を願うみなさまのため、多くのニーズにお応えできる態勢を整えて、ご相談をお待ち致しております。

 また、本サイトの直近に、「小学生の学年別の特徴」と「中・高生の学年別の特徴」の記事を掲載しております。あわせてご覧下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

2019夏期講習言問学舎/小学生の学年別の特徴をお知らせします!

2019年06月14日

 ひきつづき、夏期講習説明会(及び国語の相談会)へのご来訪をご検討下さるみなさまのため、小学校の学年・対象別に、言問学舎の夏期講習ならではの特徴をご紹介致します。

・小学6年生 公立中高一貫校受験者はこの機会に書く力を伸ばします。非受験の方は読書感想文を中心に国語の総合力と、中学進学後を見すえた小学校算数の十分な基礎力を育てます。私立中受験者は国語、社会のみ対応します。

・小学5年生 読解力を伸ばすのにもっとも良い時期です。基本は読書感想文、オプションで『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』を用いた読解力養成講座を行ないます。算数も、ここで今までの弱点を克服し、目標とする進路に向かって無理なく進めるだけの力をつけさせます。社会・理科は受験型のゆとりのあるペースで進みます。

・小学4年生 文章を読んで思いを表現する力が、大きく伸びる時。やはり読書感想文を中心とした指導で「読み、考えて、書く」力を育てるほか、新刊『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力小学2年〜4年対応』を使った読解力養成講座も組みこめます。算数は小数、分数、面積など、この学年の重要単元を集中して教えます。もちろん苦手単元の復習も徹底します。

・小学3年生 国語では、1冊の本を読んでまとまった読書感想文を書き上げることをメインの目標とします。はじめて必修の宿題になる学校も多いでしょう。本を読んで、自分が関心を持った部分を書き出し、それに対する考えをまとめ、一篇の感想文として書き上げて行く過程で、考えを整理して組み立てる思考の枠組みが整えられます。算数は加減乗除の確認と、小数や分数の理解促進、今までの苦手単元(とけい、かさ、長さなど)の復習などを行ないます。

・小学2年生および1年生 国語は、学校の夏休みの宿題のサポートをしながら、読書感想文に挑戦したり、『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』の読解シート型式の読解授業を受けてみたり、「楽しく、考えを組み立てる国語」の授業を行ないます。算数は、各自の進度に配慮しつつ、これまでの復習中心の指導します。予習領域も積極的に指導します。


◇夏期講習説明会/国語の相談会 第2週のご案内

日 時 6月22日(土) 11:00〜 
※所要時間は1時間程度です。予約なしで直接お出でいただいてかまいませんが、全体説明後の個別相談は、予約をふくむ先着順となります。ご承知おき下さい。
     
会 場 言問学舎 文京区西片2−21−12 ※南北線東大前駅徒歩3、4分

 お問い合わせ・体験授業に関しては、この説明会以外にも、随時受け付け致しております(6月30日以外の日曜日は休業です)。国語を中心に、思考力を育て大きな成長を願うみなさまのため、多くのニーズにお応えできる態勢を整えて、ご相談をお待ち致しております。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ