ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。
最近の記事

国語に強い言問学舎・「高校生の国語・体験学習会」のご案内

2016年05月21日

 高校生のみなさんは、中間テスト直前か、早い学校ではいま、真っ最中というところでしょう。3年生の方を対象に、24日火曜日、「森鷗外『舞姫』‐音読と即訳の無料体験授業」を実施することは、先日お伝えした通りです。

 ひきつづき、来週28日土曜日には、全学年対象で「高校生の国語・体験学習会」を実施致します。全学年対象、ということは、同じ内容を受けていただくのではなく、学年別に、個々のリクエストにお応えして、「一番勉強したいこと」を勉強していただくということです。

 たとえば、3年生で『舞姫』、2年生は中島敦の『山月記』、1年生は芥川龍之介『羅生門』が、中間から期末にまたがって出題される学校の方ならそれらの作品を、文語文法がよくわからない方なら文語文法を基礎からわかりやすく、または大学受験の現代文、古文、漢文など、「自分の勉強したい」内容を、じっくり勉強することができます。

 募集人数は各学年2名です。すべての方が、密度の濃い授業を受けられます。また弊塾規定の無料体験授業を適用しますので、講習費は無料です。以下に実施要領を記載します。どうぞお早めにお申し込み下さい。

◇国語に強い言問学舎・「高校生の国語・体験学習会」

日 時:5月28日(土)13:00〜14:30

会 場:言問学舎 文京区西片2−21−12 南北線東大前1番出口より徒歩2分

内 容:参加者のリクエストにお応えします。現代小説(おもに平成以降に書かれたもの)を除く、すべての国語の内容に対応します(小論文を含みます)。

教 材:希望する文章等がある場合はご持参下さい。

講習費:無料 弊塾規定の無料体験授業を適用します。

※お申し込み、内容に関するご質問とも、メール・電話でお気軽に舎主・小田原漂情までどうぞ。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

森鷗外『舞姫』、音読と即訳の無料体験授業のご案内

2016年05月19日

 高校3年生のみなさん、現在国語で森鷗外の『舞姫』を勉強していて、中間テストで試験範囲になる方も、いらっしゃることでしょう。全文文語で書かれていますから、意味をとるだけでも大変だろうと思います。

 読解のポイントは、「国語力.com」(http://www.kokugoryoku.com/modern/)にくわしく書いてありますが(リンクを開くと、芥川龍之介の『羅生門』の記事が出ますので、下にスクロールして下さい。6回目からが『舞姫』です)、現在、言問学舎の高校3年生のクラスで『舞姫』の授業を行なっており、私(言問学舎舎主・小田原漂情)が文章を音読して、その場で訳す、という授業を、つづけて来ました。次回、豊太郎がロシアからベルリンへ戻るくだりからラストまで、『舞姫』のクライマックスの部分を扱います。

 この授業に、言問学舎でこれから国語の勉強をしたい方を、「無料体験授業」としてご招待します。この回に限り、通常の「無料体験授業」は適用しません(別途、ご本人の希望する内容で体験授業を受けていただくことができます)。この授業では、国語の真髄ともいうべき「読んで、内容を理解する」ことだけを、『舞姫』において特に体験していただきます。もちろん、120分の授業ですから、音読・即訳終了後、試験対策として個々の対応も致します。

 実施日時は以下の通りです。参加ご希望の方は、メールまたは電話でご連絡下さい。

日時:5月24日(火)19:10〜21:20

会場:言問学舎 文京区西片2−21−12 南北線東大前1番出口より徒歩2分

教材:『舞姫』が掲載されている教科書のみ、ご持参下さい。

費用:無料

 また、5月28日(土)13:00〜14:30に、「高校生の国語体験授業回(1〜3年対象)を実施します。24日の体験授業にご参加いただけない方は、この日にお申し込み下さい。この回でも、『舞姫』への対応が可能です。ご質問も、お気軽にメール・電話でどうぞ。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

大人の文章教室 を開講しました!SPI対策講座では面接練習も実施します!

2016年05月17日

 5月半ば、新緑から初夏の様相になろうという季節です。「詩の朗読」でも多く作品を読ませていただいている詩人の高村光太郎さんは、このころの鬱勃たる生き物の生気を「新緑の毒素」と呼び、自らの抑えきれない気の高ぶりを余計に昂進させるものとして、嫌いました。「樹下の二人」にうたわれている、「こんなにも情意に悩む私を清めてくれ」、「こんなにも苦渋を身に負ふ私にさわやかな若さの泉を注いでくれる」とは、この「新緑の毒素」の毒気を清めてくれる意にも、解することができます。

 さて、私ども言問学舎は、創業時「国語と文学の教室 評定塾」と名乗っており、13年前の創業当初から、大人の方を対象とした国語・文学教室、文章教室の開設をうたっていました。言問学舎の「総合案内」にも、「希望する方がおられれば、いつでも始めます」ということを記してあり、近年の文学サイト『美し言の葉』、「桜草短歌会」の開設も、その延長上にありました。

 そしてこのほど、希望して下さる方があり、「大人の文章教室」を常設講座として開講することと致しましたので、ご案内させていただく次第です。開講条件・費用等は、以下の通りです。

・標準コース  1回60分・月4回 月謝25,920円 教材費2,160円 入会金10,800円
・ライトコース 1回35分・月4回 月謝12,960円 教材費1,080円 入会金5,400円
・開講時間 平日の午後、3時20分または4時30分までの時間帯、曜日は相談によります。
・お一人から開講、最低受講期間3か月、ただし8月は休み。またライトコースから標準コースに転科の場合、入会金の差額を申し受けます。
・指導内容 エッセー、ブログ、商業上のPR文、自分史、紀行文、短歌(歌物語も書けます) ほか
・プロの物書き(作家・歌人)である小田原漂情が、対面で添削・指導をします。小田原漂情プロフィールは以下のリンクをご参照下さい。
 http://mbp-tokyo.com/kotogaku/detail/ マイベストプロ東京・プロフィール

 社会人の方を想定しているため、随時開講可です。お気軽にご相談下さい。また商業上のPR文やキャッチコピー等で俳句・短歌の添削などをご希望の方は、通塾以外の形も考慮しますので、ご相談下さい。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昨年から開講しております「SPI対策講座」では、現在4年生が、本番の企業面接や学内推薦の選
考等にのぞんで、がんばっています。現4年生の方たちには、エントリーシート等の添削や面接対策が
できますし、現3年生の方たちは、そろそろSPI対策の勉強が、必要となる頃でしょう。特に文系の
方には「非言語」の数学的領域、理系の方には「言語」の国語的領域を、基礎からきちんと指導させて
いただくため、好評です。

※SPI対策講座の詳細については、下記リンクよりご確認下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/seminar/ SPI対策講座のご案内


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

1日入試3年目も好調の本郷中学校、東大合格者数も2ケタに!

2016年05月12日

 当サイトでは、3年前の2013年5月に、それまで東京都内私立中学入試の「2日校」であった本郷中学校が、「2月1日入試に参入」のニュースをお伝えして以来、毎年その後の動向についてもお伝えし、多くの方にお読みいただいております。今年もつい先日、同校の入試報告会に出席し、最新の資料をいただいて来ましたので、「2月1日入試参入」以来3年目の様子について、お伝えさせていただきます。

 中学入試の応募者数は、今年2月1日が426名(←昨年415名←一昨年308名)、2日が1007名(←1020名←691名)、5日が771名(←777名←662名)だったとのことです。3回のトータルでは今年が2204名、昨年2212名、一昨年1661名となります。2年前の記事で、一昨年の1661名を、その前の年から「4%増」と記していますから、昨年、今年と、それ以前の3割〜4割も多い応募者を、集めている結果となります。「受験者獲得」という視点からは、同校の「2月1日参入」は十分以上の結果を得ることができたといえるでしょう。

 また、今年の大学合格実績では、東京大学合格者が11名と、2ケタの合格者を出しております(全員現役)。これで東大合格者数は、7名→7名→9名→9名→11名という推移になります。この「東大2ケタ」について、学校から特に目立ったPRはありませんが、順調に全体の力を上げて来ている中での一つの結果、ということなのでしょう。東大・京大・一橋大・東工大の難関国立4大学合計の合格者数も、この3年間29名→30名→29名と推移しています。ただ今年の東大が全員合格であることと、難関4大学の現役合格が25名(昨年23名、一昨年24名)という点から考えると、全体の結果が安定して推移している中でも「じわり」と力を伸ばしているのかも知れません。MARCH+Gの合計が減少に転じたことも、「じわり」の一つの側面かも知れませんね。

 以前からお伝えしております通り、本郷中学校・高等学校の現在の「高校生」は、「2日校」入試の時代に入学された生徒さんたちです。中学校が、今年から3学年「1日校」世代がそろう形になりました。大学の合格実績で言えば、00年代とは違う局面に到達している現在の本郷中学校・高等学校ですが、今後、東大の合格者数が2ケタに定着し、それが「20名」規模になって行くと、さらに異なる局面を迎えることになるのでしょう。

 中学入試の実績と大学合格実績を中心にご紹介してまいりましたが、本郷中学校・高等学校は「強健・厳正・勤勉」の校訓のもと、文武両道、自学自習、生活習慣の確立の3つを教育方針として、「人間力と社会力を育てる教育」を実践しておられます。男子受験生には、安心しておすすめできる学校の一つです。今年、校長先生が代わられ、学校全体もさらに新しい雰囲気に、変わってゆくことでしょう。英語教育の新展開についても発表がありました。間近になってしまいましたが、今週末、5月14日(土)に、予約不要の学校説明会が開催されます。ご関心のある方は、ぜひ足を運ばれますよう、おすすめします。
http://www.hongo.ed.jp/  本郷中学校・高等学校ホームページ

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

高校1年生のみなさんは、『羅生門』の勉強を「国語力.com」でどうぞ!

2016年04月28日

 高校1年生のみなさん、高校生活の最初の1ヶ月が終わりになりますが、どのようにお過ごしですか。電車通学などは、もう慣れた頃だと思いますが、勉強の方はどうでしょう。学校にもよりますが、3週間ほどすると、最初の中間テストが始まります。

 慣れない通学や学校の環境下、ひと月通ったあとの連休で、疲れた体を休めるのは良いことですが(部活でそれどころではない、という人も、もちろん多いでしょう)、初めて経験することになる中間テストが控えていますから、あまりのんびり過ごしてしまうと、あとで困ったことになりかねません。

 「国語」の中の「現代文」で、芥川龍之介の『羅生門』を勉強している方たちは、ぜひ、下記のリンクでご紹介する、「国語力.com」を使って、しっかり『羅生門』を勉強してみて下さい。自宅、あるいは好きな場所でスマートフォンを使って、『羅生門』を深く読みこむことができます。

 「でも、まだ授業で本文を読み始めたばかり。全部読んでないし、授業が終わってからでないとわからないよ。」と思う方も、おられるでしょう。でも、国語、特に小説の勉強は、そうではないのです。

 ほとんどの場合、学校の授業では、小説を「はじめから少しずつ読んで解説して行く」授業形式がとられます。その良さは、もちろんあるのですが、生徒の側から見ると、往々にして「全体像がつかみにくい」ことになるケースも見られます。小説は、とにかく一度自分で全部読み、考えるのがベストです。その「読んで、考える」お手伝いをするのが、「国語力.com」なのです。

 http://www.kokugoryoku.com/modern/ 国語力.com 国語教室 近代 ※無料サイトです

 この「国語力.com」では、メールによるご質問もお受けしております(毎年、何人かの方から質問が寄せられています)。また、この連休中に、『羅生門』、『山月記』、『舞姫』の読解など、高校生を主とした「国語強化イベント」を開催して、みなさんの国語力アップを応援する体制です。詳細は以下のリンクからご覧下さい。

http://blog5.kotogaku.co.jp/article/175053703.html 国語強化イベントのご案内

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

国語に強い文京区の言問学舎〜5月7日までの国語強化イベントのご案内

2016年04月26日

 国語に強い文京区の言問学舎は、開業14年目を迎え、近年ますますその国語指導の「強さ」に磨きをかけて、創業以来のみなさまからのご支持に対して「結果」を含めてお応えしている、国語指導に大きな特色のある学習塾です。一番強い特色が「国語」にあるため、「国語に強い」言問学舎としてご案内をしておりますが、小学生の4教科、中学生・高校生の5教科すべてに対応できる布陣を整え、中・高・大すべての受験のお手伝いができる、「総合学習塾」でもあります。

 言問学舎が「国語に強い」理由は、生徒たち一人一人に対して、「国語の本質」をきちんと教えることができる、国語に対してのゆるぎない理念と実践にあります。

 子どもたちが「国語」を知ること。それはまず「好きになり」、そして「しくみを理解し」、その結果として、「読解力、表現力」を身につけることです。「試験問題の正解の見つけ方」をマスターするだけの勉強は、真の「国語の勉強」ではありません。

 もちろん、「楽しい」、あるいは「好きになる」だけで、各教科の勉強の本質が理解できるわけではありません。とりわけ「国語」においては、それを苦手としている子どもたちのほとんどが、「読み方」の段階で、つまずいていることが多いのです。言問学舎では、その「読む」ことの根幹の部分で根本からの勉強ができるために、ほとんどの子どもたちが「国語を好きになり」、その大半が国語の成績を向上させ、全科目の成績向上にまでむすびついています。

 「読む」ことの根幹の部分とは何か。それは「音韻」=ことばの「しらべ」を知ることです。小学校低学年の間は「音読」をしていても、しだいにしなくなる。「黙読」が当たり前になって行きます。しかし「黙読」では、まちがって読むこと(誤読)が多いのはもちろん、読み方のわからないところも飛ばしますし、何よりも文章の中の言葉の抑揚(上がり下がり)を意識することもないまま、自分勝手に「棒読み」をすることが多くなるのです。「国語が苦手」な子の多くが、このケースであると思われます。

 そして「音韻」とは、「抑揚」に、もう一つ言葉そのものの「手ざわり、ひびき」を加えたものです。それが授業で経験でき、蓄積される言問学舎の国語の授業を受けるからこそ、子どもたちが、国語を好きになり、できるようになるのです。

 もちろん、「受験」を請け負う「学習塾」でもありますから、「受験」における結果をも重視し、受験学年には「受験テクニック」も伝授して、結果を出しています。「国語で受験を成功させた」一例として、今年(平成28年入試)の「国語での成功例」をご紹介致します。

・「小論文」が大きく問われる学習院大学文学部哲学科公募推薦入試で合格。「小論文」に関して、「本人の書いた原文をもとに、高校生にも書けるような添削例を示した」ことで、合格にむすびつく小論文が書けるようになった(保護者からのお言葉)。

・私大センター利用入試で、センター国語150点中135点(90%)、日本史100点中91点(91%)で、國學院大学経済学部、武蔵大学経済学部に合格。

・東京都立小山台高校合格(進学)者が、入試本番で国語100点満点(得点開示による最終結果)。

 ほか、私立中学受験者の保護者の方からも、「言問学舎に通ったおかげで、国語はどの学校でも安定して得点でき、合格できました」とのお声をいただいています。みな、はじめから国語が得意だったわけではなく、しっかり勉強した結果、国語が決め手になった受験生たちです。

 国語は、きちんと勉強すれば本当に安定して、得点できる科目なのです。今週末からのゴールデンウィーク期間、言問学舎では「この機会に、国語をしっかり勉強したい」方たちのために、以下の講座・説明会を開催します。

4/29(金・祝) 13:00〜14:30  高校生の国語@
          14:40〜16:10  高校生の国語A
          17:00〜 入塾説明会
          13:00〜 実力判定テスト(1教科40分または50分)

4/30(土)   11:00〜 入塾説明会

5/3(火・祝)  11:00〜12:00  小学生の国語
          13:00〜14:30  高校生の国語B
          14:40〜16:10  高校生の国語C
          
5/5(木・祝)  13:00〜14:30  中学生の国語
          14:40〜16:10  高校生の国語D
          16:20〜17:50  高校生の国語E
          18:00〜入塾説明会

5/7(土)    11:00〜 入塾説明会
          13:00〜 実力判定テスト(1教科40分または50分)

※高校生の国語@〜Eは、先着順で、次の内容のものを受講することができます。
「羅生門の読解<高1対象>」、「山月記の読解<高2対象>」、「舞姫の読解<高3対象>」、「文語文法全般<高1〜高3対象>」、「「センター試験国語の解き方<高2、高3対象>」「小論文の基礎<高2、高3対象>」〜各講座内容の日時は決まっていません。先着順で、早い方から希望の講座を受け付けさせていただきます。お一人1回は無料体験授業枠を充当しますので、受講料は無料です。2回目以降は1回(90分、消費税込)2,770円で受講していただけます。

※小学生の国語、中学生の国語につきましては、「読解の基本」を中心としますが、ご希望により「作文全般」とすることもできます。無料体験授業枠を充当しますので、受講料は無料です。

※実力判定テストは、小5〜中3でこれから塾通いを検討される方に、廉価で偏差値の出る全国版の学力テストを受験していただけるテストです。小5国・算、小6国・算または国・算・社・理(小学生は非受験タイプのテストです)、中1、中2国・数・英、中3国・数・英または国・数・英・社・理を受験できます。費用は小学生で国・算のみの場合800円(消費税込)、その他はすべて1000円(消費税)です。

 お申し込み、お問い合わせは、電話またはメールで、言問学舎舎主・小田原漂情までお願いします。内容に関するご質問のみでもかまいません。お気軽におたずね下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

森鷗外『舞姫』の勉強は「国語力.com」でどうぞ!

2016年04月19日

 新学期がはじまって、3週目。高校3年生の方たちは、大学受験をにらみながら、新しい学年の授業も本格化して来て、毎日慌ただしく過ごしておられることでしょう。国語の現代文では、森鷗外の『舞姫』が、かなり手こずる内容なのではないでしょうか。文章としては、全文文語、すなわちみなさんにとっては「古文」ですから、ただすらすら読むというわけにも行かず、かといって訳すだけでは読んだことになりませんから、現代語訳だけに気をとられず、小説として大切なところを、読みとっていただきたいと思います。

 そのために言問学舎では、「国語力.com」というサイトを運営しています。全文の現代語訳は載せておりませんが、主人公豊太郎の人間性と、そのために廃人となってしまうエリスの心情にかかわる部分は、現代語訳をした上で、読み解き方を明示しています。ご参考になると思いますので、ぜひご覧になって下さい。

http://www.kokugoryoku.com/modern/ 国語力.com 国語教室 近代

 なお、この「国語力.com」は、多くの高校生の方たちに、国語(取り上げている文学作品)をしっかり勉強していただくために、運営しているサイトです。『舞姫』ばかりでなく、高校1年生で扱う芥川龍之介の『羅生門』、高校2年生での中島敦『山月記』、夏目漱石『こころ』などについて、同様の読解のための記事を掲載しています。

 そして、各作品について、個々のご質問、疑問等をお寄せいただき、それに対する回答も、差し上げているほか、中間・期末テスト前には、各作品を題材としての体験講座なども、開催します。高校での国語の勉強、さらには大学受験に向けて、まずは身近な学校の授業の内容から、体験講座を受けていただくこともできるのです。

 もちろんメールでのご相談は、全国どちらにお住まいの方でも、ご遠慮なくお送りいただくことができます。昨年も何人かの方が、質問・相談をお寄せ下さいました。ぜひ、この「国語力.com」をご活用いただき、国語力アップをめざして下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

祈るほかありませんが

2016年04月17日

 深甚な被害の中におられる方々に、申し上げるべき言葉もありません。しかしながら、力及ばずと言えども、みなが案じております。今、直接のお役には立てなくとも、お力になりたいと祈っております。その気持ちだけでもお役に立てるなら、精一杯祈ります。
posted by 言問学舎 at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

「『風景 純銀もざいく』の鑑賞と学習」を「国語力.com」に掲載しました!

2016年04月16日

 先日、山村暮鳥の詩「風景 純銀もざいく」を朗読してYouTubeに投稿した旨、ご報告させていただきましたが、新小学6年生の教科書などに載っているため、学校の授業で取り扱われていることを反映したものか、新学期がはじまってから視聴回数が増えております。

 じつは先日の投稿のご報告から数日遅れて、「国語力.com」上に、同作品の読み方のポイントなどを「『風景 純銀もざいく』の鑑賞と学習@」として、掲載しておりました。そこでは、次のような切り口を、示しておいたのです。

<詩には、あるいは言葉には、「手がかり」があります。この詩の場合、各連の八行目、すなわち「かすかなるむぎぶえ」「ひばりのおしゃべり」「やめるはひるのつき」という屈折の部分を、どのように読みとるか、それが手がかりであり、読解の妙味を持つ部分であります。

 言問学舎では、すこしこの各連の八行目について考えたあと、生徒それぞれに、どの連がもっとも好きかを決めさせ、その理由を文章で書かせる、という授業を行ないます。一人一人の生徒が何を感じ、それをどのように展開させるか、非常に興味深く、また生徒の思考力、国語力を鍛える良い時間になっていることを、毎年実感しています。>

 そしてこのほど「『風景 純銀もざいく』の鑑賞と学習A」として、上記の切り口にのっとって今年新小学6年生と新中学2年生の生徒たちに書いてもらった鑑賞文を、本人たち了解のもとで、公開致しました。お子さんが、今「風景 純銀もざいく」を勉強している保護者の方はもとより、国語の勉強の仕方に感心や疑問をお持ちの保護者の方々にも、ご参考になろうかと思いますので、紹介させていただきます。

http://www.kokugoryoku.com/modern/ 国語力,com 国語教室 近代

 また、こうした国語教育を実践している言問学舎の新学期第2回説明会日曜実施の部は、明日17日開催です。13:00〜と17:00〜の2回実施で、17:00の部のみ、予約制となっております。14:00までにご予約下さい。詳細は以下のリンクからご覧いただけます。

http://blog7.kotogaku.co.jp/article/174929511.html 入塾説明会のご案内

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

大学入試のための古文の基礎・体験講座のご案内

2016年04月09日

 あたらしい学年がはじまり、受験学年である新高校3年生のみなさんは、大学受験に向かってそろそろ本腰を入れてかからなければ、と考えておられることでしょう。

 国語に強い言問学舎では、毎年、国語を強力な武器として、受験を成功させています。その秘訣の一つに、古文を効率よく、体系的にきちんと理解させる指導法があるのですが、今から受験勉強をはじめるみなさんのために、規定の無料体験授業を適用して、「古文がよくわかり、できるようになる」授業の体験講座を実施致します。

 講座のポイントは、以下の通りです。

@ 用言の活用 
 動詞の9種類の活用、形容詞、形容動詞の活用

A 係り結び
 係り結びは、センター試験をはじめとして、入試でもよく出る上、文意の読み取りにも非常に重要な役割を果たす場合もあり、軽視してはいけません。

B 助動詞と助詞
 一度にすべてを、というわけには行きませんが、重要なものをまとめます。

C 陳述の副詞
 え・・・ず(または他の打ち消しの語)=不可能/な・・・そ=禁止 も、入試頻出です。

D 読解
 @〜Bと重要古語を押さえた上で、文意を読み取ります。

+α 和歌の解釈
 和歌はセンター頻出。歌人である舎主が、歌の心を含めて読み解き方を指導します。

 この体験講座で古文の基礎を体得し、受験までしっかり言問学舎で勉強すれば、国語は本番での稼ぎ頭になることでしょう。多くの受験生が、実績で証明してくれています。

 講座の実施要領は以下の通りです。

日 時:4月17日(日)14:30〜 最大120分授業(最短90分)

科 目:古文 ※文系受験の方だけでなく、理系でセンターを受験される方もぜひどうぞ。

受講料:無料 通常の無料体験授業分充当となります

会 場:言問学舎 文京区西片2−21−12 ★南北線東大前駅下車徒歩3分
         TEL03‐5805‐7817

 受講を希望される方は、メールまたは電話で、言問学舎舎主・小田原漂情までご連絡下さい(当日の13時まで)。ご質問もお気軽にどうぞ。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

小論文対策講座<新高3生対象>、新学期入塾説明会にてお待ちしております。

2016年04月06日

 文京区立の小学校では本日入学式と始業式が行なわれました。中学校は今日始業式、明日入学式です。言問学舎の生徒たちも、昨日と今日まで新中学1年生が春期講習の授業を受けており、順次中学校という広い世界に、飛び出して行きます。平成28年度、新しい学年のスタートです。

 とはいえ受験生のみなさんは、すでに来年の受験をしっかり見すえておられることと思います。AOや各種推薦入試、また小論文のある大学を受験される予定のみなさん、小論文対策の準備は、できていますか?優先順のつけ方は、状況によって千差万別ですが、きちんとした文章を書くこと、まして合格できる小論文を書くことのためには、やはりしっかりした準備が必要です。

 新しい学年のスタートとともに、小論文対策の入り口も準備できるよう、国語に強く実績十分の言問学舎が、今週末、「公募推薦・AO入試等対象/小論文対策体験講座」をご用意して、意欲のあるみなさんをお待ちしています!規定上の無料体験学習を使えますから、受講料も無料。志望校合格に向けて良いスタートを切りたい受験生の方は、ぜひお早めにお申し込み下さい。詳細は以下のリンクからご覧いただけます。

http://blog5.kotogaku.co.jp/article/174701883.html 小論文対策体験講座のご案内


 また、新学期第1回の入塾説明会も、今週末に開催致します。全学年対象ですから、お子さんの勉強の道すじをしっかりつけたいとお考えの保護者のみなさま、ぜひお出かけ下さい。少人数制で一人一人をしっかり育てる言問学舎に、この春も新入塾生が次々にたずねて来てくれています。

http://blog7.kotogaku.co.jp/article/174739573.html 新学期入塾説明会のご案内
  
◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

公募推薦・AO入試等対象/小論文対策体験講座のご案内

2016年03月30日

 都内の桜もようやく見ごろとなって来た模様です。このところ、センター試験や都立高入試の国語の結果をお知らせしてまいりましたが、入試国語と並ぶ言問学舎の大きな特色の一つに、作文・小論文の指導があります。平成28年入試では小論文を決め手として、学習院大学文学部哲学科の公募推薦入試で合格者を出しました。
  
 小論文対策は、国語全般の力をつけるためにも、非常に有効な勉強法です。もちろん授業の中で、文章の読み解き方にも触れますし、「要約」の仕方もお教えしますから、国語力全般にわたる勉強となるのです。

 今回の「公募推薦・AO入試等対象/小論文対策体験講座」は、初回受講の方を対象としますので、基本的な小論文の書き方から、課題文や資料の読み解き方、小論文への生かし方など、小論文の勉強をはじめる入り口の部分を、くわしく指導致します。もちろん実際に1〜2篇、書いていただきますので、最初から実践的な講座体験とも、なるものです。

 今年の入試で、小論文のある入試を受験しようと考えておられる受験生の方は、ぜひこの機会にご参加下さい。今回は導入ですから、公募推薦・AO入試以外の小論文入試受験予定の方にも対応します。

日 時:4月9日(土)16:30〜 最大120分授業(最短90分)

科 目:小論文  ※AO・推薦以外の小論文受験の方もご相談下さい。

受講料:無料 通常の無料体験授業分充当となります

会 場:言問学舎 文京区西片2−21−12 ★南北線東大前駅下車徒歩3分
         TEL03‐5805‐7817

 受講を希望される方は、メールまたは電話で、言問学舎舎主・小田原漂情までご連絡下さい。ご質問もお気軽にどうぞ。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

都立高入試の国語で100点満点を取りました!

2016年03月29日

 3月も残りわずかとなりました。いまネットで検索してみると、小石川後楽園の桜は満開、六義園が五分咲きという情報で、言問学舎のある文京区周辺は、都内でも開花が早い様子です。先週末にお花見を計画しておられた方も多かったかと思いますが、まさに在原業平の、次の歌の心境だったのではないでしょうか。
 
 世のなかにたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

(大意)桜の咲く季節が近づくと、今年の花はどうだろう、きれいに咲くだろうか、自分は十分に見ることができるだろうか。咲いたあとは、いつまで盛りを保ってくれるだろう、すぐに強い雨や風で、散ったりしないだろうか。そして今年こそは、今までに詠んだことのないみごとな桜の歌を、詠まなければ、などなど、自分の心をまどわせることが重なって、気の安まるいとまもない。こんなことなら、いっそ桜というものが、きれいさっぱりこの世からなくなってしまったなら、どんなに落ち着いて、春という季節を過ごすことができるだろう。

 言問学舎の今年の受験の結果については、すでにご報告済みですが、合否とは別に、うれしい知らせが届きました。
 
 それは、今回都立小山台高校に合格した受験生が、得点開示の結果、国語では狙い通り100点満点を取っていたという報告でした。自己採点段階から、漢字と選択肢は全問正解とわかっていましたが、大問4の200字の記述も、減点されることがなく、10点満点をもらえたということになります。彼の「国語で満点」は、もとよりその方針で対策授業を行なった、すなわち「狙っていた」ものではありますが、ただでさえ緊張する入試当日、しかも一教科目の国語で、実力をきちんと出し切れたのは、立派なことだと思います。

 かねてより言問学舎では、「都立の国語は満点をとろう」ということをうたって来ましたが、得点開示で実際に100点満点を取ってくれた受験生が、その方針の正しさを実証してくれました。来春の入試でも、あとにつづいて国語で満点を取り、受験を成功させようという中3生を、お待ちしています。まずは春期講習での体験授業から、言問学舎の指導の良さを体験して下さい。

※春期講習の日程・費用等は、こちらからご確認いただけます。
http://blog9.kotogaku.co.jp/article/174372868.html


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

やればやるだけ力がつき、成績も上がる!3年一学期の数学はチャンスです!

2016年03月28日

 かねてお知らせ致しております通り、言問学舎では先週末の25日から、中学生の本格的な春期講習の授業がはじまり、私も今日、第1回の「新中3数学」の授業を行ないました。これも毎年のようにお伝えしておりますが、中3の一学期は、数学の成績を伸ばし、内申をアップさせるチャンスです。

 というのも、中3数学の第1章の内容は「式の計算」(教科書によっては「多項式」)で、主たる内容は、「式の展開」と「因数分解」なのです。これは新しく学ぶ新中3生にとって「易しい」ものではないかも知れませんが、公式をきちんと覚え、繰り返し問題を解いて行けば、本当に「やればやるだけ」力がつき、成績も上がる単元です。言問学舎でも、2年の終りまで中間・期末テストの成績が50点〜60点だった子が、一学期に80点以上取って、一気に成績を伸ばした例が多くあります。

 もちろん、「やればやるだけ」というのは、真剣に、かつ効率よく「やる」ことを前提にしています。ただやみくもにやるのでなく、今までの復習をきちんとした上で、ポイントをしっかり押さえて、すばやく問題を解けるようになることが大事です。同時に正確さを身につけるためには、小まめに一人一人に目を配る、「教える側の体制」も重要です。

 言問学舎は、授業進行は少人数集団式ですが、問題を解く時には、教員が一人一人を個別に見て回ります。従って、個別の対応をします。さらにこの春期講習、および4月スタートからしばらくの間は、中3の数学は舎主・小田原が徹底指導しますから(習熟度別クラスに分ける場合があり、その時からは他の教員が一クラスを受け持ちます)、じっくり根気よく、かつ効率よく、必要な指導を生徒の個性に合わせて行ないます。

 今日からの春期講習で、1・2年の数学の復習がはじまりました(英語は25日金曜日から)。春期講習から、一学期スタートの学校の進度に合わせて、復習と予習を一体ですすめます。高校受験に向かって、スタートダッシュをはかるために、まずは言問学舎春期講習の体験受講から、ばしめてみませんか。

※春期講習の日程・費用等は、こちらからご確認下さい。
http://blog9.kotogaku.co.jp/article/174372868.html

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

春期講習は明日(3/24)より順次開講!途中参加・体験受講も可能です!

2016年03月23日

 いよいよ明日、明後日で、平成27年度の各学校の一年間も終わりとなります(文京区の小・中学校の行事予定より)。言問学舎では、かねてご案内の通り、明日3月24日から順次、各学年の春期講習が開講となります

 今回の春期講習は、特に以下のような小学生、中学生、高校生の方たちに向いている講習内容となっております。
 
@国語が苦手。自分の考えを伝えるのも上手でない。まず国語の力をしっかりつけさせたい。

 言問学舎の教育理念、実践の根幹に、他に類例のない、音読、音韻を中心とした鮮烈かつ本質的な国語指導があります。国語が苦手、きらいと言っていたお子さんたちのほとんどが、国語を好きになって行きます。得意なお子さんは、もちろんそれをさらに伸ばして、大きな武器に。国語のことはすべて言問学舎に、ご相談下さい。

A学校のテストはまあまあだけど、いま一つ理解が不足しているのでは?先のことを考えて、ここでしっかり勉強させておきたい。

 クラスの大半が私立中受験体制で、学校の授業は「わかっている子」中心に進んで行く。そんな現状に、疑問をお持ちになったことはありませんか。言問学舎では、すべてのお子さんたちに基礎学力をつけてもらうことも、理念の一つとしております。日々の勉強に悩みや迷いのある保護者のみなさまも、どうぞお気軽にご相談下さい。

B来年の中学受験を成功させたい。今からでもできるの?

 28年入試の中学受験合格者の一人は、去年の6月から言問学舎に通いました(それ以前も私立中受験対策はしていません)。過去にも、6年生の初めから、途中からという受験生を、数多く合格させています。

C来年の高校受験を成功させたい。1学期から内申点をアップさせ、できれば都立に行かせたい。

 通常授業は教科書よりややハイレベルなテキストを使い、試験対策期間は教科書準拠版で試験範囲の徹底対策。地元の中学校の傾向も知悉しており、毎年内申アップを武器として、受験生の夢をかなえて来ました。また都立の国語(共通問題)は「満点が取れる」指導をしています。

D来年の大学受験を成功させたい。AOや公募推薦で第一志望をめざしたい。

 国語は28年入試でのセンター試験3名の得点率が84.75%、いつも強い武器になっています。また各教科に、力のある講師陣をそろえています(社会・理科系一部教科は発生手配)。AO・公募推薦等にも強く、通算の最終合格率は71.4%となっています(一次合格は81%)。28年入試では、学習院大学文学部哲学科の公募推薦で、小論文を鍛えて合格を勝ちとりました。

 そのほか、さまざまなニーズにお応えします。当地で(本郷6丁目時代を含む)まる十三年、信頼と実績の塾として、好評をいただいております。春期講習で、まず体験して、途中から受講。もしくは、春期講習の一部講座を体験授業に充て、4月から通塾など、柔軟な対応も可能です。まずはお気軽にご相談下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

山村暮鳥「風景 純銀もざいく」を朗読しました!

2016年03月22日

 今年いちばん最初に出た桜の開花予想では、東京が一番手で、その予想では今ごろすでに咲いているはずでした。春分の日に池上本門寺を歩きましたが、まだ梅園の方が盛りだったようで、桜はもう少し待たなければ、という感じを受けました。

 一方、菜の花はすでに、暖かい地方では咲きそろっているというニュースを目にします。また、「国語」においては、小学校6年生の教科書などに、「いちめんのなのはな」の繰り返しで知られる山村暮鳥の「風景 純銀もざいく」という詩が掲載されており、子どもたちの話などを聞いていると、例年まだ菜の花が咲いている4月の新学期早々に、授業で扱うことが多いようです。

 もちろん、私ども言問学舎でも、例年春期講習中に、新小6、新中1の生徒などに、教えます。この作品を「教える」というよりは「味わい」、もって日本語のしらべ、音韻を身につけることの一助とするとともに、この詩について「考える」ことで、国語を学ぶ上での大切なことを、経験してもらおうというスタイルです。

 昨年6月に「詩の朗読」をはじめた時から、今年の春には必ずこの詩を読ませていただこう、と考えておりましたが、ちょうど昨日、機も熟したと考えて、実施した次第です。ご家庭で「風景 純銀もざいく」を読んでみよう、考えてみようという方々のお役に立てれば幸いです。

風景 純銀もざいく 朗読 https://www.youtube.com/watch?v=VRE2vorW8y4&feature

国語力.comに「鑑賞と学習」を掲載しております。こちらもぜひご覧下さい。
http://www.kokugoryoku.com/modern/

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

2016年実施のセンター国語はセオリー通り

2016年03月21日

 受験がすべて終わり、新年度を迎える準備も一段落したので、今年1月16日に実施された大学入試センター試験の国語の問題を、解いてみました。解いてから、大学入試センター発表の平均点を再確認しましたが、200点満点の129.39点、100点満点換算で64.69点と、例年になく高い数字であったことに、得心が行きました(2011年〜2015年の5年間は、100点換算で最高59.61点、最低49.33点で、一度も60点を超えていません)。

 それは、今年の出題は、第一問の評論から第四問の漢文まで、特に難解な文章はなく(センター試験の中でも、の意です)、各設問も、「きちんと本文に当たり、正・誤の根拠を正確に見分ける」というセンター国語のセオリーをきちんと押さえていれば、高い確率で正解できただろうと思われます。200点満点を取った人の人数も、多かったのではないでしょうか。

 このようにセオリー通りで、平均点も高い、ということになると、逆にきちんとした解き方を知らず、「出たとこ勝負」のような受験の仕方をしてしまうと、当たり外れが大きく、リスクの大きい受験になってしまいます。また、センターに限らず国語の受験全般にかかわることですが、漢字や語彙など、知識事項を含めた国語の「蓄積」(知識だけでないものも多くありますので)を図るためには、一学期からじっくりと、「受験を見すえた本質的な国語の勉強」をする必要があります。

 明日開催する「新高校3年生対象 センター国語の解き方体験講座」では、この2016年実施済み問題を使用して、センター国語の解き方のセオリーを、じっくりお教えします。年度によってパターンや難易度が違うこともありますが、まずはセオリー通りの問題をしっかり解くことで、「センターの解き方」が、押さえられるようになります。ここから約1年、志望校合格をめざして、国語をきちんと勉強してみませんか。

★「センター国語の解き方体験講座」の実施要項は、以下の通りです。あと2名分、残席があります。メールまたは電話で、お早めにお申し込み下さい。

日 時:3月22日(火)19:10〜21:20

科 目:国語 センター試験の仕組みと解き方を指導します
    ※2016年実施問題を使用します。

受講料:無料 通常の無料体験授業分充当となります

会 場:言問学舎 文京区西片2−21−12 ★南北線東大前駅下車徒歩3分


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

春期講習直前説明会のご案内

2016年03月16日

 なかなか春爛漫という陽気にはなりませんが、本日、東京都立高校の分割後期・二次募集の合格発表が行なわれ、国公立大学も後期の発表を残すのみ。私立大学の発表もわずかとなっていて、長かった今年の受験生の一年も、ほんとうの終りに近づいています。東京都内の公立中学校は、もうすぐ卒業式ですね。

 言問学舎では、新しい学年に向けての春期講習を、24日木曜日から順次スタートさせます。お問い合わせ・体験授業は随時受付しておりますが、お忙しい日常でまだ説明会等に参加されていない保護者の方々のために、今週土曜日と21日の月曜・祝日も、引き続き説明会を開催致します。ご都合の良いお時間にご参加下さい。

◇言問学舎春期講習直前説明会

日 時
3月19日(土)  11:00〜 13:30〜 17:30〜
3月21日(月・祝)11:00〜 14:00〜 

会 場 言問学舎 
※文京区西片2−21−12 東大前駅徒歩3分 

内 容 各学年、春期講習を中心にご案内致します。また、来年大学受験に臨まれる方々には、別途3月22日(火)に、<新高校3年生対象・センター国語の解き方体験講座>を開催します。詳しくは以下のリンクよりご覧下さい。
http://blog5.kotogaku.co.jp/article/174489817.html

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

センター国語の解き方体験講座<新高校3年生対象>を開講します!

2016年03月15日

 まもなく学校も、新しい年度に移行します。4月から高校3年生になられるみなさんは、いよいよ本格的に、大学受験の体制に入らなければなりませんね。センター試験は多くの方が受けられたと思いますが、国語は何点取れましたか。

 言問学舎で国語をしっかり勉強すれば、多くの人は8割以上得点します(2016年は3名の平均で84.75%、2015年は1名で200点中169点=84.5%)。何よりもまず、センター国語の仕組みを(きちんと)知り、解き方の基本を知ることから始めましょう!受験勉強のスタートとなるこの3月、センター国語の解き方体験講座を開講します。

 はじめて参加される方は、「無料体験授業」扱いで、無料で受講できます!

 以下の要項をご確認の上、電話またはメールでお申し込み下さい。ご質問も受け付けております。

◇センター国語の解き方体験講座 実施要項

日 時:3月22日(火)19:10〜21:20

科 目:国語 センター試験の仕組みと解き方を指導します
    ※特にリクエストがなければ、2016年実施問題を使用します。

受講料:無料 通常の無料体験授業分充当となります

会 場:言問学舎 文京区西片2−21−12 ★南北線東大前駅下車徒歩3分

※来年度大学受験を予定しておられる方で、言問学舎に通塾可能であれば、どなたでもご参加いただけます。既卒の方もご相談下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

国語に強い文京区の言問学舎では、明日・明後日と土・日説明会を実施します!

2016年03月11日

 受験シーズンもいよいよ最終盤にさしかかり、学校の平成27年度も間もなく終わりが近づいています。かねてご案内致しております通り、国語と受験に強い文京区の言問学舎では、明日・明後日の両日、土・日入塾説明会を開催致します。
 とくに、以下のような点を何とかしたい、心配だとお考えの保護者の方々、そしてお子様に、言問学舎での学習が最適です。土・日とも、一日3回実施ですので、ご都合のよい時間帯におでかけ下さい。

@国語をしっかり勉強したい、させたい。

 国語が苦手なお子さんの「苦手意識」をなくし、国語を好きにさせることに関しては、当地で13年にわたって高い評価をいただいています。
 
 また、国語が得意なお子さんも、さらに力を伸ばし、その優位性に磨きをかけることができます。この春、言問学舎塾生→言問学舎講師の道を歩み、晴れて都内の私立中・高の国語教員として巣立っていく卒業生が誕生しました。

A来年の大学受験を成功させたい。

 大学受験でも、国語、記述に加えきめの細かい面接対策まで、綿密に指導をします。平成27年度の公募推薦入試では、小論文を決め手として、学習院大学文学部哲学科の合格者を出しています。またセンター試験でも、国語、日本史の高得点で、私大合格を勝ちとっています。

B来年の高校受験を成功させたい。

 高校受験は、中学校の定期テスト対策・内申対策と、当日の入試対策との両面を、粘り強くつづける必要がある受験です(一部私立高入試を除く)。平成27年度も最後まで粘り強く指導を重ねて、全員が希望する進学先に進学しました。私立高校の推薦・併願優遇等に関しても、綿密な指導に定評があります。

C来年の中学受験を成功させたい。

 「言問学舎に通ったおかげで、国語は各校で安定した点が取れた」というお言葉を、ある受験生のお母様からいただきました。中学受験でも、多くの受験生が国語を得点源としていますし、算数・社会・理科も少人数制できめ細かく指導しますから、志望校合格がぐっと身近になります。

 また国語は、「受験国語」としてでなく、「中学以降も力を伸ばすことのできる国語の力」と、「受験での得点」とを両立させる指導内容です。

 本年度は、「今から中学受験にチャレンジしたい」というお子さんに適した環境となっています。難関校の国語対策をご希望の方も、ぜひご相談下さい。

D日々の学習を定着させ、地力をつけさせたい。
 
 今年受験学年でなくとも、先を見すえてしっかりした勉強の下地を作っておきたい。そのようにお考えの保護者の方々にも、納得していただける指導内容、教育理念の学習塾です。

 今回の土・日入塾説明会の日程は、以下の通りです。

3/12(土)11:00〜/13:30〜/17:30〜
3/13(日)11:00〜/13:00〜/17:30〜

 その他の詳細につきましては、以下のリンクよりご覧下さい。
http://blog7.kotogaku.co.jp/article/174430047.html

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ