ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。
最近の記事

平成26年都立高校入試の内容分析‐国語は「百人一首」関連が出題されました

2014年03月13日

 2月24日に実施された東京都立高校「前期」入学試験の内容について、直接受験指導を受け持ち、毎年解いてもいる国語・数学・社会の3教科の試験問題を解き終えましたので、気のついたところを何点かご報告致します。

 まず国語ですが、例年通りの出題形式の中で、大問五の「古典を引用した文章」において、百人一首に関する、歌人馬場あき子氏と水原紫苑氏の対談の文章が使用されました。印象的なのは、(馬場氏の言葉を受けて)「(水原)それが気持ちいいんですよ。その歌を声に出して音声として、女が自分のなかで反芻すると、ふうっと心地よい気持ちになってしまうと思うんです。」という水原さんの言葉です。

 これまでどちらかというと、「学者」的な立場の方の対談が主に使われて来た大問五で、こうした詩歌の実作者の感性あふれる表現が、設問(問2)にまで用いられたことは、注目に値すると思われます。きちんとした国語の勉強をしておくことが、都立高校の入試でも求められることが明確になり、そうした指導も見直されることが望めるからです。

 また「百人一首」自体、言問学舎の国語指導の一角に重要な位置を占めています。「かるた取り」としてだけ扱っているわけではありませんので、中学3年間を通い続けた受験生には、大きな力になったことと思います。

 なお、この大問五の出題歴を古文・漢文で分類すると、平成21年から、漢‐古‐古‐漢‐古‐古となりました。だからと言って来年必ず漢文になるわけではないことをお断りした上で、一応お伝えしておきます。

 数学では、入試当日にもお伝えした通り、2次方程式の「解の公式」、資料の散らばりと代表値(啓林館版教科書の章名)の中から「中間値」、作図で「回転移動」が出題されましたが、全体の難易度としては、これまでと比べて特に難しいということはないようです。5月ごろ公表される平均点が目立って下がる場合、全体の難易度というよりは「受験生の新課程への対応」の方に、原因があると思われます。

 社会についても、出題内容はオーソドックスなものでした。ただ、記述がやはり4問出題されたことと、選択肢の問題でも、「問題文の脈絡」を読みとることで正解が見つけられるタイプの問題が、増えています。もちろんそれだけではなく、例えば大問2の問3では資料や説明文をしっかり読みとった上で、「マラッカ」という地名から地図上の「マレーシア」を選ぶという、基礎的な知識も要求される問題が出ています。いずれにせよ、資料や文章を読みとる力をつけておくことが、1問ごとの配点が高い(5点)社会で失敗しないための、勉強のポイントです。

☆本日、都立高校の二次募集・分割後期募集の合格者の入学手続きが行なわれました。「手続き状況」の発表を待ち、明日、田園調布高校をはじめとする各高校の合格状況について、分析結果をお伝えする予定です。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

3月16日(日)のお問い合わせ・入会ご相談対応につきまして

2014年03月12日

 今日は、この春大学に進学する“元”生徒たちと、ランチでお祝いをして来ました!皆それぞれに大きな夢を持って、新しいステップに踏み出します。「大学はゴールではなく、スタートだぞ!」と話した言葉を、全員きちんと受け止めてくれました。彼ら、彼女らの将来が楽しみです。

 さて、私ども言問学舎では、15日土曜日までを無料体験授業特別週間兼随時お問い合わせ受け付け期間と致しておりますが、16日日曜日については、ご案内を致しておりませんでした。

 この時期は、多くのお子さんたちにとって、どのような形で勉強するかを決める、大事な時期です。また、これまでの復習・確認をするのには、春休み・春期講習がもっとも効果的な機会となります。
 
 これらの事情を勘案し、16日日曜日に関しましては、事前予約をいただいた方についてのみ、対応をさせていただきます。前日、15日金曜日の18時までにメールまたは電話をいただきましたら、16日11時〜16時の間、1時間程度の予定で、面談を実施させていただきます。どうぞお気軽に、言問学舎舎主・小田原漂情までご連絡下さい。



◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

黙禱

2014年03月11日

 本日の記事のタイトルは、「黙禱」とさせていただきます。今日、この日に考え、叙述したことはあるのですが、それは、「敬体」で記し、またふだん教育や塾の紹介を書かせていただいているこのページでお伝えするのには、相応でないと考えます。

 何をおいても、震災で犠牲になられた方々に対して、心から「黙禱」を捧げたいと思います。そして未だに避難生活を余儀なくされている方たちが、一日でも早く安定した生活に入れるよう、この点については、微力ながら言葉を発して行きたいと考えます。

 冒頭に述べた叙述をお読み下さる方は、ブログ「言問ねこ塾長日記」本日付の記事にお目通しいただければ幸いです。

 また、ちょうど1年前の今日、東日本大震災に関連して、三陸沿岸の鉄道線のことを小説に書いている旨、お伝えしておりますが(その後も発表の都度)、現在は短編が3作、掲載中です。あわせてお目通しいただければ幸甚に存じます。

http://web-aude.la.coocan.jp/  Web頌‐創作と批評‐ 

第4号 『山の果てに海ありて‐釜石』
第3号 『ゆくりなき会い』
第2号 『時きざむ海』
※第3号、2号は、4号表紙より「バックナンバー」をご覧下さい

http://www.youtube.com/watch?v=UWuJJRqCtvQ YouTube 『新雪』


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

posted by 言問学舎 at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

時は経巡り、必ず春がやって来ます!

2014年03月10日

 春は名のみの 風の寒さや・・・

 朝、家を出る時、『早春賦』が口を衝いて出て来ました。今年の2月は、尋常ならざる大雪に見舞われ、そして3月も10日となりましたが、まだまだ「ほんとうに春がやって来た」とは、感じられない寒さです。

 今年受験をされた方々の中にも、まだ結果の出ない人や、進路は決まったけれども手放しでは喜べないという人も、おられることでしょう。

 長い人生ですから、結果によって、悩んだり、苦しんだりすることもあります。若い一時期、それはあってもよいことです。真に苦しみ、悩んだ人が、あとで大きく成長する。そうした例も、たくさん見ています。 

 いま、受験の結果を100%肯定的に受け入れられない人たちに、わかって欲しいことがあります。いま現在はつらくとも、誰しも必ず、花の咲く春を迎えるのだということです。

 いっとき悩み、苦しむのも良いでしょう。しかし決して、苦しい日ばかりがつづくわけではありません。苦しい中でも、自分を失わず、新しい環境で、新しい希望を見つけて下さい。そこに必ず、次のステップ、次の目標が、見えるはずです。

 受験を終えたみなさん、お疲れ様でした。これからまだ発表や受験のある方を含め、すべてのみなさんに、実りある未来がおとずれることを祈ります。



◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

春期講習&新年度入塾ご相談を、今週は全時間帯にお受け致します!

2014年03月09日

 東京都立高校の二次募集・分割後期募集の試験が終わり、残るは国公立大学の後期二次試験と一部大学の3月入試を残すのみとなりました。

 かねてご案内致しております通り、言問学舎では今週10日(月)、13日(木)、14日(金)、15日(土)の各日を、「無料体験授業特別週間」としておりますが、同じ日程を、春期講習と新年度入塾のご相談について全時間帯(13時30分〜19時)でお受けする「ご相談週間」とさせていただきます。

 この間、どの時間帯にお出でいただいても、舎主が対応させていただきます(常時対応となりますので、先着のご相談者がある場合、および体験授業が設定された場合は、その時点で可能な限りの対応とさせていただきます)。

 また、11日火曜日は13時〜17時、12日水曜日は14時〜18時の時間帯に、職員が在室しております。資料等はお渡しできますので、お気軽にお立ち寄り下さい。

 中学・高校・大学受験それぞれの合格実績は、下記よりご覧いただけます。一人一人のお子さんを丁寧に指導して希望をかなえる言問学舎ですばらしい一年のスタートが切れるよう、お早めにご相談下さい。無料体験授業も、引き続きお受け致します。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36724/ 平成26年入試合格実績


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

都立高校二次募集・分割後期募集の入試日は、いよいよ明日となりました!

2014年03月08日

 分割後期募集で毎年注目される田園調布高校は、6人が願書を取り下げて、最終出願者は67人になりました。募集人員25人に対して、2.68倍です。また、二次募集20人に対して5人の出願だった足立高校には、再提出で28人が出願し、現時点で1.65倍となっています。

 人数的にもすべてが足立高校に変更したことにはなりませんが、前日の取り下げ人数が多かったのは、南葛飾高校の男女計24人、青井高校の男女計14人です。そして淵江高校に17人、足立新田高校に10人が再提出していますから、竹台高校の取り下げ8人、大山高校の取り下げ7人を加えて、主にこれらの高校の中で出願者が動いたということなのでしょう。

 何はともあれ、受験されるみなさんには、明日が大事です。ひとつアドバイスをさせていただくと、二次・分割後期の問題は、前期とは少し形式が違います。たとえば国語で最初に漢字がなかったり(小説と評論に、分かれて出て来ます)、英語でリスニングがなかったりと、問題の「見た目」が違うのです。このことに惑わされずに、しっかり一問一問に向かうようにして下さい。

 また、ここまで来たら、一番の薬は「リラックスすること」、これに尽きます。漢字、英単語、数学の公式や作図の練習など(23年までの過去問では、作図も前期とはパターンが違います)、できることはやった方がいいですが、ともかく肩の力を抜いて、力を出し切ることが肝心です。

 受験される方々の、明日のご成功をお祈り致します。

☆二次募集・分割後期募集の受験生の「流れ」に関しては、昨年同時期の記事にも詳しく書いてあります。関心のある方は、下記リンクよりどうぞご覧下さい。
 http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/28931/

☆明日9日の日曜日に、ひきつづき入塾説明会を開催します。10日月曜、13日木曜、14日金曜の各日は、無料体験授業特別週間として、体験授業を随時設定致します。詳細は下記リンクよりご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36794/

☆平成26年入試合格実績は、こちらからご覧いただけます。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36724/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


 

posted by 言問学舎 at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

「きちんと本を読める大学生」になるためには、小・中・高の国語から!

2014年03月07日

 先般、本を読まない大学生が4割を超えたという、いささかショッキングなニュースが報じられました。「今さら驚くことではない」のも事実ですが、その割合が4割を超えた、つまり全体の半数をうかがうという事態は、やはり憂慮すべきものだと思われます。

 今回は、JIJICO編集部から依頼をいただき、そのことについて一文を認めました。詳細は下記リンクより、JIJICOの記事をお読み下さい。

http://jijico.mbp-japan.com/2014/03/07/articles8004.html

 上記の記事の結びに書いた「小・中学生のうちに言葉のすばらしさに気づかせ、中学・高校・大学受験の勉強をしながら、文章を深くきちんと読みこめるように指導する」国語教育を、言問学舎では舎主自らが実践しています。

 明日、明後日の土・日に入塾説明会を開催、また来週10日月曜、13日木曜、14日金曜の各日は、無料体験授業特別週間として、体験授業を随時設定致します。詳細は下記リンクよりご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36794/

☆言問学舎の国語指導の具体的な手法と効果は、こちらからご覧下さい。

http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36712/ その@

http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36840/ そのA


☆平成26年入試合格速報は、こちらからご覧いただけます。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36724/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

国語の基本は「読むこと」から〜言問学舎の国語指導の特色 そのA 

2014年03月06日

 国語の勉強の要素を、4つに分けて考えることができます。以下の区分けです。

     @読むこと  A書くこと  B文法  C漢字

 みなさんは、この4つに「優先順」をつけるとしたら、どういう順になると思われます
か?

 優先順と言っても、たとえば入試や定期テスト直前に、「少しでも得点を上げるために、何に集中するか」という意味ではありません。

 4つのうち、どれかが重要でないということはありませんから、「重要度順」とは言えないのですが、国語をきちんと勉強するために、もしくは国語そのものが有している機能として、どれが一番の「根っこ」であるか、という順番のことです。

 紙幅に限りがあるため、端的に申し上げますが、4つの区分けの中でもっとも優先度の高いのは、「読むこと」です。

 『論語』に、有名な次の一節があります。

 学びて思はざれば即ち罔(くら)し。思ひて学ばざれば即ち殆(あやふ)しと。

(大意)勉強をしても、自ら思索を深めることがなければ、真理はつかめない。自ら思うばかりで勉強しなければ、独善的になってしまって危なっかしい。

 孔子のこの言葉の通り、人が学んで成長するためには、多くの先人や同時代人の考えを知り、その上で自分自身の思いや考えを磨くことが重要です。大学入学に至るまでの年齢なら、もちろん「学ぶ」ことが主となりますね。

 その時必要なのは、まず書物、つまり他の人が書いた文章を「読む」ことです。ところが文章を「難しく」感じてそもそも読むことができなかったり、書いた人の意図をきちんと読みとれずに曲解してしまったりしたら、それこそ甲斐がありません。

 ですから、子どもが国語を「学ぶ」ためには、まず「読むこと」が重要なのです。そして読むことができるようになったら、次は「書くこと」です。本を読んで感じとり、また考えたことは、「書いて表現する」ことで整理され、自分の一部として定着します。思考力もこの段階で大きく鍛えられますし、読みながら断片として浮かんださまざまなことがらは、ここでふるいにかけられ、選びとられ記述された事象が、人を成長させるこやしとなるのです。

 こうした国語の勉強をすることで、国語や他の教科の学力はもとより、思考力や表現力、また感性や忍耐力までもが養われます。国語力に定評のある総合学習塾・言問学舎では、この文章の筆者である舎主・小田原漂情が、直接この理念に基づいて、国語を教えています。

 お子さんの国語の力を伸ばしたい、先を見すえて総合的な思考力を身に着けさせたい、もちろん受験のためにも国語を強い武器としたい。そんな保護者の方々、受験生のみなさんを、言問学舎ではお待ちしております。

☆次回入塾説明会・体験授業のお知らせは、こちらからご覧いただけます。 
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36794/

☆言問学舎の国語指導の具体的な手法と効果は、こちらからご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36712/

☆平成26年入試合格速報は、こちらからご覧いただけます。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36724/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎・平成26年春期講習のご案内

2014年03月05日

 東京都立高校の二次募集・分割後期募集は、今日が願書提出日、明日6日が取り下げ、明後日7日が再提出日です。また間もなく国公立大学前期二次試験の合格発表、そして後期試験の実施日となります。都立高校の二次・分割後期を受験される方で、過去問を使った集中特訓をご希望の方は、ご相談下さい。

 国語力に定評のある文京区・東大前の総合学習塾言問学舎は、例年3月15日が新年度開講ですが、今年はカレンダーの関係で、3月17日より新年度の授業をスタートさせます。そして3月24日から春期講習を実施しますが、ここで今までの総復習を徹底する、貴重な勉強の機会となります。

 特に新中学3年生(現2年生)は、「1・2年の復習確認」が、高校受験のためにもっとも重要な勉強です。この春休みのチャンスを逃さず、充実した受験学年とするために、言問学舎の春期講習をご活用下さい。ここから好スタートを切ることで、志望校、あるいは今の学力より2ランク、3ランク上のレベルの高校への合格を、可能にしましょう。

 また大学受験の国語で、総合的な力をつけ、「国語を得点源にする」ためには、受験対策だけでなく、本質的な国語の勉強ができるこの時期から、しっかり始めることが肝要です。今春大学受験に成功した受験生たちは、みな国語が合格の決め手になりました。東大二次の記述への対応も、今からのスタートがベストです。
 
 新小学6年生で「今から中学受験をめざす」方も、歓迎します。その他すべての学年で、今この時期の勉強が、ことし一年の方向性を決める大事な仕切りとなります。

 それでは、春期講習の概要について、ご案内させていただきます。

<言問学舎の春期講習/日程・費用について>

◎新小学1年生〜4年生 以下のうち任意の4コマ以上(1日が2コマ)をご受講下さい。
3/25、26、27、28、4/1、2、3、4  各日10:45〜12:10
 新小学1年生〜4年生とも、ご相談があり次第、上記の中で日時を決定します。全日程について設定可能です。
☆講習費  1コマあたり 3/31まで1,680円 4/1以降 1,700円(×受講コマ数)

◎新小学5年生 以下のうち受験コース12コマ以上、総合コース(非受験)6コマ以上
3/24、25、26、27、28、31、4/1、2、3、4  各日13:00〜17:30
 全日程に設定があります。
☆講習費 受験コース 1コマあたり  3/31まで2,310円 4/1以降 2,340円
総合コース(非受験)   3/31まで1,995円 4/1以降 2,020円
(×受講コマ数)

◎新小学6年生 受験コースは以下の全授業、総合コース(非受験)6コマ以上任意
3/24、26、27、28、31、4/1、2、3、4 各日13:00〜17:30
 全日程に設定があります。
☆講習費 受験コース 1コマあたり  3/31まで2,940円 4/1以降 2,980円
総合コース(非受験)   3/31まで1,995円 4/1以降 2,020円
(×受講コマ数)


◎新中学1年生 原則として全コマ(14コマ)受講、ただし教科選択可
3/24、26、27、31 4/2、3、4 16:30〜18:40
☆講習費 21,000円 教材費1,470円

◎新中学2年生 原則として全コマ(14コマ)受講、ただし教科選択可
3/25、26、27、28、4/1、2、3 18:50〜21:00
☆講習費 21,000円 教材費1,470円

◎新中学3年生 原則として全コマ受講(24コマ)、ただし教科選択可
3/25、26、27、28、31、4/1、2、3 17:40〜21:00
☆講習費 28,350円 教材費1,470円


◎新高校1年生 2コマ単位で任意選択可
3/25〜4/5、時間帯13:00〜21:00の間で、候補日を後日お知らせします。
講習費 1コマあたり 3/31まで2,730円 4/1以降 2,770円  (×受講コマ数)

◎新高校2年生 1教科6コマ以上で任意、日時も相談の上決定
3/25〜4/5、時間帯13:00〜21:00の間で、ご相談の上決定します。
講習費 1コマあたり 3/31まで2,730円 4/1以降 2,770円  (×受講コマ数)

◎新高校3年生 1教科6コマ以上で任意、日時も相談の上決定
3/25〜4/5、時間帯13:00〜21:00の間で、ご相談の上決定します。
講習費 1コマあたり 3/31まで3,360円 4/1以降 3,400円  (×受講コマ数)

※塾としての教育理念・指導方針は言問学舎ホームページを、春期講習の総括的な方針は、言問学舎ホームページの「春期講習」ページに、それぞれ詳しく述べてあります。


 対象・学年ごとの指導の特色は、以下のリンクよりご覧いただけます。また、新中学1年生〜3年生に関しましては、4月以降本入会されると、春期講習費の既塾生との差額分(各学年4,200円)を入会金と相殺する「差額返金制度」があります。

 なお、体験授業は通常授業の一週間分相当を、無料で受講していただくことができます。お早めにご相談下さい。

3月期入塾(春期講習)説明会&無料体験授業特別週間のご案内
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36794/

以下、対象・学年別の指導の特色をご覧いただけます。

新高校3年生のご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36395/

新中学1年生〜3年生のご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36258/

新小学6年生のご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35974/

新小学5年生についてのご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35668/

新小学4年生についてのご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35872/

新小学1年生〜3年生のご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36102/

平成26年入試の合格実績は、こちらからご覧いただけます。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36724/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ上部の「お問い合わせ」よりお願いします。

posted by 言問学舎 at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

東京都立高校入試<実質倍率>と<二次募集・分割後期募集>について

2014年03月04日

 東京都立高校入試は、先月末の2月28日金曜日に、前期の合格発表が行なわれました。喜びをかみしめた受験生がいる一方で、つらく苦しい思いをしておられる方も、少なからず存在します。それが受験の常というものです。つらい経験も、長い目で見れば人生において必然的な、通り抜けるべき体験だった、そんなふうにいつの日か思えるように成長できれば、そのお子さんには充実した未来がおとずれることでしょう。私自身、自分の生徒に対していつも語る言葉です。

 さて、本稿でもずっと追って来た広尾高校男子の最終的な「実質倍率」を、見てみましょう。募集定員81人に対し、合格者は73人(女子が定員73人に対し合格83人)となり、実質倍率は2.42倍となりました。

 出願締め切り時の2.90倍から、取り下げ再提出後の出願確定時に2.63倍となり、受験終了時点が2.19倍、そして最終的には、2.42倍となったわけです。受験終了時にくらべ合格発表時の実質倍率で0.23倍上がった理由は、「男女別定員の緩和」により、男子は定員より少ない合格者となり、女子は逆に多くなったためです。来年都立高校を受験される方(特に男子)は、この点に十分ご注意下さい。

 次いで昨日3月3日には、都立高校の「二次募集・分割後期募集」の内容が、発表されました。昨年、1000点満点で770点の町田高校が1名募集したような(合格は6名)、上位校の二次募集は、今年はありません(ない年の方が多いのです)。例年通り、二次・分割後期での「最上位」校は、田園調布高校です。

 さて、分割後期における田園調布高校の「合格ライン」ですが、毎年多くの方にこのキーワードでアクセスをいただき、恐縮なのですが、特殊な状況下で、わずか25人募集という狭き門へ受験者が集中するため(昨年は応募2.20倍、実質1.96倍)、「このくらいの点数がとれれば受かるだろう」という見通しは、まったく立ちません。これはテストを専門的に実施している出版社さんにお聞きしても、同じことです。

 なぜなら、併願先などの私立でなく、どうしても都立へ進学するために田園調布高校を受験する人の中に、前期にどこの高校を受けた人が何人いるのか、まったく読めないからです。ただ言えることは、前期の田園調布高校の合格ライン(1000点満点で男子630点、女子650点)と近い線が後期のボーダーラインである可能性は低く、前期で上位校にチャレンジして今回再挑戦する人なら、前期と同じか、それ以上の勉強をして臨む必要があるだろう、ということです。

 なお今回は、1000点満点で男子540点(女子550点)の足立高校が、20人の「二次」募集をしています。この点が例年と異なります。足立高校は今年、男子が定員116人に対して103人受験、女子が定員105人に対して101人受験と、合計17人の定員割れとなったため、これだけの規模の二次募集となったものです。旧4学区から6学区のお子さんで、二次・分割後期を考える際、注目すべき候補となることでしょう(今年足立高校が定員割れを起こすに至った背景等については、残念ながら情報を持ち合わせておりません)。

 以上、ずっと経過を見守って来た広尾高校男子の「倍率」と、「二次募集・分割後期募集」について、お伝えさせていただきました。ご関心のあるところに対し、不足もあるかと思いますが、弊塾でも二次、分割後期ともに、過去実際に臨んだ経験をも加味しての分析です。なにがしかのお役に立てれば幸いです。


3月期入塾説明会&無料体験授業特別週間のご案内
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36794/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

3月期入塾説明会&無料体験授業特別週間のご案内

2014年03月03日

 3月3日、雛祭りの日になりました。まだ受験や発表が残っている方々には、よい結果が得られるよう、お祈り致します。

 私ども言問学舎では、3月17日月曜日より、平成26年度の時間割に移行致します。これに先立ちまして、以下の通り、3月期入塾説明会と無料体験授業特別週間を開催致します。

@ 3月期入塾説明会<土・日篇>
3/8(土)  11:00〜  13:00〜  17:00〜 
3/9(日)  11:00〜  13:00〜  16:00〜 
※<要予約制>ではありませんが、全体説明のあとの個別面談が、事前予約を含む先着順となります。ご予約いただくか、事前に予約状況をおたずねいただくと助かります。

A 無料体験授業特別週間
3/8(土)、9(日)、10(月)、13(木)、14(金)、15(土)の各日
小学生国語、算数、中学生国語、数学、高校生国語 に関しては、先着順にてすべての日に無料体験授業を受けていただくことができます。時間は個別に相談させていただきます。

その他の教科も承りますが、通常授業の休業期間中につき、日程の調整についてのみ、少し時間を頂戴します。ご承知置き下さい。

B 3/11(火)、12(水)、16(日)を除き、お問い合わせ・ご相談は、随時対応させていただきます。11、12の両日も、職員は在室しておりますので(11日13時〜17時、12日14時〜18時)、資料等がお入り用な方はお立ち寄り下さい。

言問学舎の本年度の入試合格実績は、概略では以下のような結果となりました。

◇大学受験 MARCH&日東駒専 完全制覇(MARCH延べ14合格)
◇高校受験 都立&国立高校 3人受験3人合格
◇中学受験 私立中学受験コース 2人受験2人第一志望合格

合格実績の詳細は、こちらからご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36724/
☆国語指導を中心にご案内する言問学舎の指導の特色は、こちらからご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36712/

jisseki.JPG


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

受験生のみなさん、お疲れ様でした!

2014年03月02日

 受験生のみなさん、と、ひと括りに言いましたが、この時期の「受験」というもの、決してひと括りにできるものではありません。現在まだ受験に臨んでいる方もおられますし、4月からの方向を決めた方を含めても、確率・統計の上から見た時に、すべての方が当初の希望通りではないからです。

 毎年毎年、受験生に寄り添って、この時期を乗り越えている私どもにとっても、それは同じです。受験生と同じように、どうにもやり切れない思いを持ちつづける年も、時にかならず、あるのです。そしてまた、国公立大や、私立大の後半の日程を受験された方々は、まだこれから結果待ち、もしくは受験そのものという場合もありますね。高校受験においても同じです。

 ですから、今日この場では、「受験生全般」、すなわちみなさんの現在の状況とは別に、それぞれの立場にあって、受験という、高いハードルに挑んだみなさんに、「お疲れ様」というねぎらいの言葉を、お届けしたいのです。

 それぞれの立場において、それぞれの結果があって、ここからみなさんの次のステップが、始まります。結果に対する自己評価も、またそれぞれあるでしょう。

 しかし、これだけは忘れないで下さい。みなさんのこれまでの努力は、結果がどうであれ、いつか必ず報われるのです。今、目の前にある結果がどのようなものであろうと、努力した経験は必ず自分の「糧(かて)」となり、将来のあなた自身を、力づけてくれるはずです。

 そんな思いから、この一文を贈らせていただきます。受験生のみなさん、本当にお疲れ様でした。これから発表のある方は、望みの叶うことを祈ります。さらに試験に臨む方には、今までの勉強を煎じ詰め、よい結果を招きよせることができるよう、応援します。



◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

新年度の費用の概要<正式決定版>をご案内させていただきます!

2014年03月01日

 昨日東京都立高校の合格発表が無事終わり、私どもの受験期にもひと区切りが訪れました。暦は3月となり、卒業、進学(就職)、進級をひかえる季節を迎えます。

そして学習塾としては新年度スタートの時期となりますが(言問学舎は例年、全学年3月15日新年度開講ですが、今年は曜日の関係で3月17日開講となります)、4月1日から消費税率が8%にアップする時期とも重なります。

以前からお伝えしております通り、私どもは現今の社会情勢をふまえつつ、子どもたちを大切にし、少しでもみなさまのお役に立つために、新年度(4月以降)の費用について、月謝の本体価格(税抜月謝)を全ポイントにおいて引き下げることと致しました。
 

実際に引き下げとなる額は、月単位で見れば数百円単位の些少な額ですが、1年間、あるいは2年、3年と長くお付き合いさせていただく上では、なにがしかのものになることと思います。そして額の多寡ではなく、お預かりするお子さんたちへの「心」によるものであることをお酌みとりいただけましたら、幸甚に存じます。

以下、各学年の基本コースの月謝を一覧の形でご案内させていただきます。なお、言問学舎ホームページの「授業料」および各対象別のページに掲載してある授業料・年間教材費等の表示については、現在修正作業中です。本サイト(ページ)を「お気に入り」に入れていただき、ご検討の参考になさって下さるようお願い致します。


★4月以降の新年度月謝一覧 ◇各学年の基本コースです
学年(コマ数)       税込月謝     税抜月謝(25年税抜月謝) 
新小1〜4(週2コマ)      19100円   17685円(18000円)
新小1〜4(週3コマ)      21300円  19722円(20000円)
新小1〜4(週4コマ)      27700円  25648円(26000円)
新小5総合(週4コマ)      31900円  29537円(30000円) 
新小5受験(週6コマ)      48000円  44444円(45000円)
新小6総合(週4コマ)      31900円  29537円(30000円)
新小6受験(週7コマ)      55300円  51203円(52000円)
新中1(3科週5コマ)      26600円  24630円(25000円)
新中2(5科週6コマ)      29800円  27593円(28000円)
新中3(5科週6コマ)@    29800円  27593円(28000円)
新中3(5科週8コマ)A    34000円  31481円(32000円)
新中3(A+土曜特訓)B 42600円  39444円(40000円)
 ※中3の@は1学期、Aは2学期9月・10月、Bは11月〜2月
新高1(3科週3コマ)    39400円  36481円(37000円)  
新高2(3科週3コマ)    39400円  36481円(37000円)
大学受験(1科週2コマ)  30800円  28519円(29000円)
大学受験(2科週4コマ)  44700円  41389円(42000円)
大学受験(3科週6コマ)  57500円  53241円(54000円)

★入会金は、以下の通りです。
3月31日までのお手続 10500円(税抜10000円)
    ただし高校生は 21000円(税抜20000円)
4月1日以降のお手続  10800円(税抜10000円)
    ただし高校生は 21600円(税抜20000円)

★年間教材費の例は以下の通りです(新中3の場合)
3月31日までのお手続 14700円(税抜14000円)
6月30日までのお手続 15750円(税抜14583円)
7月1日以降のお手続  16200円(税抜15000円)
現行:税抜15000円(税込15750円)からの変更です!

★年間テスト代(新小6/年間12回/国・算2科)の例
仕入れ先の変更に伴い  19440円(税抜18000円)
現行  18900円(税抜18000円)

※年間教材費およびテスト代は、入会時期に合わせて減額(教材費は1学期・2学期前半・2学期後半・3学期の別/テスト代は実受験回数分)となります。
※各学年とも、1教科から対応致します。詳細はご相談下さい。

☆都立高校合格発表の結果を含む最新の合格実績は、こちらからご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36724/

☆国語指導を中心にご案内する言問学舎の指導の特色は、こちらからご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36712/

☆次回入塾説明会は、3月8日(土)、9日(日)に開催致します。 


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

都立高校合格発表!<平成26年入試合格速報第10回>

2014年02月28日

 今日は2月28日、如月尽(きさらぎじん)です。「‐‐尽」とは、「月の最終日」をあらわす言葉ですが、自分自身の生まれ月であるためか、私はとりわけこの「如月尽」を好んでいます(ほかにも水無月、霜月など、4音の月のあとが、しっくり来るように思います)。

 さて、待ちに待った東京都立高校の合否報告がまいりました。今年弊塾では2人が都立を受験し、無事2人とも合格です!直前1週間は塾の休みが1日だけで、頑張った結果です。

東京都立北園高等学校
東京都立向丘高等学校

 なお昨日、未報告分の大学合格の報せも届きました。

青山学院大学経済学部現代経済デザイン学科(2人目)
中央大学経済学部国際経済学科

 2月28日現在、その他の合格実績は以下の通りです。

<大学入試>

明治大学商学部商学科
明治大学経営学部経営学科
青山学院大学経済学部現代経済デザイン学科
青山学院大学法学部法学科
青山学院大学経営学部経営学科
立教大学経営学部経営学科
上智大学神学部神学科
中央大学文学部人文社会学科
法政大学経営学部経営戦略学科
法政大学経営学部経営学科
法政大学経済学部国際経済学科
武蔵大学経済学部金融学科 2名
日本大学商学部経営学科
東洋大学経営学部経営学科
駒澤大学経営学部経営学科
専修大学経営学部経営学科 2名
清泉女子大学文学部英語英文学科 ここから下はAO
玉川大学農学部生物資源学科 
江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科

<高校入試>

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校  
駒込高等学校<アドバンスA>
東京成徳大学高等学校<進学選抜コース>

<中学入試>
女子聖学院中学校  
東京成徳大学中学校
日本大学第一中学校

☆明日3月1日土曜日に入塾説明会を開催致します。詳細はこちらからご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36673/

☆国語指導を中心にご案内する言問学舎の指導の特色は、こちらからご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36712/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎の指導の特色〜とくに「国語力をつけること」について

2014年02月27日

 「ここでしか受けられない国語指導」を提供すること、それが言問学舎の最大の特色です。小学生なら国語が好きになり、中学生は受験の決め手となり、高校生は「国語や、文章を読むことが本当にわかるように」なります(「 」内は今年の大学受験生3名の言)。

 具体的には、以下のような手法による国語指導を展開しており、あとにご紹介するような効果があります。

◇他に類例のない、音読を中心とした本質的な国語指導

 最大の「秘訣」は、言問学舎独自の「音読と読解」の授業にあります。歌人・小説家である言問学舎舎主・小田原漂情みずからが文章を音読し、正確な読み取りを身につけさせます。さらに小・中学生の場合は生徒も交代で音読して、正しい読み方を体得させます。

 そして感じたこと、考えたことを文章にして「表現」させます(この時、オリジナルの「読解シート」を用います。オリジナルの文章も、現在5作品を用意してあります)。中学生、高校生では問題を解くことが主になりますが、節目節目では「表現」の機会を設けます。

 この授業を受けることで、もともと国語が苦手、きらいと言っていたお子さんたちが、読解のポイントをしっかり身につけ、国語が得意になって行きました。今年の大学合格者の中にも、そうして成長して来た生徒がいます。

 そして国語ができるようになると、ほかの教科の成績も、上がって行きます。問題の意図が読みとれ、解説の内容もきちんと理解できるようになるからです。これはすべての教科に共通します。

 さらに「自分を表現する」ことのできるのが、言問学舎で学んだ生徒の強みです。「表現」の指導では、感想文や作文に加え、詩歌の実作などもしています。その力は、小論文や面接にも生きてきます。まさに昨今よく言われるところの「生きる力」そのものとなるのが、国語の力なのです。

 こうして培った国語の力を生かして、今年も多くの受験生が希望をかなえました。本日現在の合格実績は、こちらからご覧いただけます。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36682/

☆次回入塾説明会は、3月1日土曜日に開催致します。詳細はこちらからご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36673/

☆以下、対象・学年別の詳細ご案内をご覧いただけます。

新高校3年生のご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36395/

新中学1年生〜3年生のご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36258/

新小学6年生のご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35974/

新小学5年生についてのご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35668/

新小学4年生についてのご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35872/

新小学1年生〜3年生のご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36102/



◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

<平成26年入試合格速報第9回>

2014年02月26日

 2月も残すところあと2日、受験シーズンも大詰めにさしかかっています。本日、新たな合格の報が入りました。「2期」合格ですので、貴重な一報です!

日本大学商学部経営学科

 2月26日現在、その他の合格実績は以下の通りです。

<大学入試>

明治大学商学部商学科
明治大学経営学部経営学科
青山学院大学経済学部現代経済デザイン学科
青山学院大学法学部法学科
青山学院大学経営学部経営学科
立教大学経営学部経営学科
上智大学神学部神学科
中央大学文学部人文社会学科
法政大学経営学部経営戦略学科
法政大学経営学部経営学科
法政大学経済学部国際経済学科
武蔵大学経済学部金融学科 2名
東洋大学経営学部経営学科
駒澤大学経営学部経営学科
専修大学経営学部経営学科 2名
清泉女子大学文学部英語英文学科 ここから下はAO
玉川大学農学部生物資源学科 
江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科

<高校入試>

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校  
駒込高等学校<アドバンスA>
東京成徳大学高等学校<進学選抜コース>

<中学入試>
女子聖学院中学校  
東京成徳大学中学校
日本大学第一中学校

☆次回入塾説明会は、3月1日土曜日に開催致します。詳細はこちらからご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36673/


 2月も残すところあと2日、受験シーズンも大詰めにさしかかっています。本日、新たな合格の報が入りました。「2期」合格ですので、貴重な一報です!

日本大学商学部経営学科

 2月26日現在、その他の合格実績は以下の通りです。

<大学入試>

明治大学商学部商学科
明治大学経営学部経営学科
青山学院大学経済学部現代経済デザイン学科
青山学院大学法学部法学科
青山学院大学経営学部経営学科
立教大学経営学部経営学科
上智大学神学部神学科
中央大学文学部人文社会学科
法政大学経営学部経営戦略学科
法政大学経営学部経営学科
法政大学経済学部国際経済学科
武蔵大学経済学部金融学科 2名
東洋大学経営学部経営学科
駒澤大学経営学部経営学科
専修大学経営学部経営学科 2名
清泉女子大学文学部英語英文学科 ここから下はAO
玉川大学農学部生物資源学科 
江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科

<高校入試>

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校  
駒込高等学校<アドバンスA>
東京成徳大学高等学校<進学選抜コース>

<中学入試>
女子聖学院中学校  
東京成徳大学中学校
日本大学第一中学校

☆次回入塾説明会は、3月1日土曜日に開催致します。詳細はこちらからご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36673/

posted by 言問学舎 at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

次回入塾説明会(3月1日土曜開催)のご案内

 24日月曜日に、本年度の東京都立高校入試が終了。その合格発表と、今日の国公立大二次試験(前期)2日目、あとは国公立後期と私大の一部入試などを残すのみで、受験シーズンもいよいよ最終盤を迎えました。

 さて、先日来予告のみさせていただいております言問学舎の次回入塾説明会ですが、来る3月1日土曜日に、下記の要領にて実施致します。中学・高校・大学受験に関して、よいご報告と、その指導の特長を詳しくご案内させていただきます。

@平成26年度第2期入塾説明会第1回

 3/1(土)  11:00〜 13:00〜 17:00〜  
         ※3回のうち、ご都合の良い回にご出席下さい。
 
Aほか随時、お問い合わせ・ご相談に対応させていただきます。
 

 平日の13時30分以降は、授業時間にかかる場合もありますが、お電話、ご来訪とも常時受け付けさせていただきます(21:30まで)。授業時間中は短時間の応対とさせていただくこともありますので、ご承知置き下さい。
 
土曜日は13:00〜18:00で、平日に準じた対応をさせていただきます。

※その他の時間帯につきましても、事前にご相談・ご予約をいただければ、時間をあわせて対応させていただきます(日曜日を含みます)。

 言問学舎では、全学年が新年度のスタートを3月15日としていますので(ただし、中学受験コースの新6年生は、段階的に新年度体制に入ります)、現学年のクラスで体験授業を受けていただき、ゆとりのあるスケジュールで新学年の勉強に入ることができます(私立中学受験のカリキュラム終了は、社会が8月末、算数が10月上旬、理科が10月下旬の予定となります。少人数制で全体の進度を調整しながら進みます)。

 3月8日〜16日は春期休業期間に入りますので、個別の体験授業実施期間となります。当該期間の説明会とあわせ、別途ご案内させていただきます。

  
◇言問学舎の特長とメリット
・「本物の国語」をわかりやすく教える塾です。舎主(塾長)は国語の専門家です。
・少人数制で、舎主みずから一人一人の生徒を丁寧に指導します。
・文京区東部の南北線、三田線沿線にて、「地域の総合学習塾」のキャッチフレーズで中学・
 高校・大学受験すべてに対応して好評をいただき、12年目を迎えます。
・南北線東大前駅から徒歩3分と交通至便で、電車・バス利用の方にもたいへん通いやす
 い立地です。
・全教科にわたり、常時10〜15名の優秀なスタッフを擁しており、年長さんから大学受験まで、あらゆるニーズに対応します。
・本年度(本日まで)の入試合格実績は、文末のリンクよりご覧いただけます。

☆ご不明な点などありましたら、メール・電話にて何なりとおたずね下さい。
 
※言問学舎では、4月1日からの消費税改定に伴い、「みなさまの家計とともに歩む」ことをモットーとして、わずかずつではありますが、全学年において月謝の本体価格引き下げを実施します。詳細は下記よりご覧下さい。

4月1日以降の月謝について http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35617/

平成26年入試合格速報 http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36644/

今年の都立高校入試の分析@ http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36665/

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

広尾<男子>は受験時2.19倍!数学・理科では「新課程」が出題されました!

2014年02月25日

 かねて注目しておりました東京都立高校入試における「広尾高校・男子」の受験状況ですが、最終応募者数213人に対して昨日の受験者数は177人と、56人が受験しない結果となりました。これは日比谷男子の95人、戸山男子の73人、西男子の68人、日比谷女子の63人に次ぐ数字です。ほか国際が男女計で89人、新宿が男女計で49人、受験せずという結果が発表されています(ちなみに広尾女子は16人)。

 この時点で、募集定員(81人)に対する広尾男子の倍率は、2.19倍となっています。これもお伝えしております通り、この数字がそのまま「実質倍率」となるわけではありません。受験者数の177人を、28日に発表される「合格者数」で割った数字が、「実質倍率」となるのです。従って、最終的にどのような数字が今年の広尾男子の実質倍率となるのか、まだわかりません。

 いずれにせよ、願書締め切り後の志願者確定時倍率2.90倍より低くはなりますが、昨年の1.96倍を上回る可能性が高いと思われます(男女別定員緩和のため、合格者数が定員より少なくなり、現状より倍率が高くなる場合もあります)。「広尾高校・男子」が実質2倍を超える超人気校として定着するのか、来年受験のみなさんは、今後の動きに、大いに注目する必要があると言えそうです。

 その他の各高校についてですが、1000点満点の合格ラインが660点以上の各校は、2クラス募集の(中高一貫)併設型を除き、今年も高倍率となっており、現時点で1.5倍を下回っているのは、以下の各校です。

目黒男子1.38倍 目黒女子1.33倍 井草男子1.38倍 城東男子1.39倍 城東女子1.10倍

昨年、一昨年と比べると、広尾など特に高倍率になっている高校がある一方で、全体の印象としては、倍率の上ではわずかにゆるやかになったか?というところでしょうか。

何にしても、毎年受験生が口にする言葉ですが、「発表まで待ち遠しい、気が気でない」数日間が続きます。あわせて中学校では、今日から学年末試験を実施するところが多いことでしょう。今はとにかく、長い間の受験勉強の疲れを癒して下さい。

(おことわり:正式には、都立高校の「入試」は「入学者選抜」の「学力検査」であり、本稿で「受験者」などと表記している「受験」という用語は「受検」が正しいです。しかし本稿では、受験生、保護者一般の語感に従って、「受験」として統一させていただいております。また検証している対象は、主として23区内の全日制普通科としております)。

 なお、「入試対策」としてお伝えしていた「新課程」の内容ですが、数学では2次方程式の「解の公式」、資料の散らばりと代表値(啓林館版教科書の章名)の中から「中間値」、作図で「回転移動」、理科ではイオンが出題されたほか、視覚的に形式を一新した問題が見られます。社会の記述も昨年に引きつづき4題出されました。入試方式の変更と合わせ、来年、再来年の都立高校受験では、今まで以上に入念な準備が必要になりそうです。

☆次回入塾説明会は、3月1日土曜日に開催致します!その他の日も随時、お問い合わせ・体験授業を受け付け致しております。

※最新の合格実績は、こちらよりご覧いただけます。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36644/



◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

平成26年入試を振り返って〜都立高入試は最終科目、理科に奮闘中!

2014年02月24日

 今日が本番の都立高校入試は、14時20分から最後の科目である理科が始まりました。言問学舎の塾生たちも、今ごろ懸命に取り組んでいるはずです。

 合格発表が4日後ですから、「振り返って」というのは、まだ早いかも知れません。大学受験の方も、結果が出そろっているわけではありません。

 しかしながら、今日もMARCH2校に合格した生徒の報告があり、少し回想と分析をしてみたいと考えて、タイトルを決めました。

 現時点でMARCH5校のすべて、9学科に合格している、その受験生のことです。彼は9年間、塾に通ってくれました。小学生のころはやんちゃな腕白坊主で、勉強はあまりしない方でした。中学3年の時はかなり勉強しましたが、高校受験の最後まで、全力で勉強しぬいたわけではありませんでした。

 本人曰く、「今回(大学受験)が初めての、本気の受験です。」

 その言葉通り、高校での勉強も、1年次、2年次は、常に勤勉というタイプではなかったのです。

 それが今回、こちらも予想しなかったほどの快進撃(もちろんいくつかは受かるだろうと思っていましたが)。振り返ると、センター試験で緊張が取れ、一般入試にはリラックスして臨めたのが、好結果につながったように思われます。センターの自己採点後はかなり落ち込んでいましたが、「私大一般入試はセンター無関係。気持ちを切りかえろ。」と助言した通り、実力をいかんなく発揮してくれたのだと思います。

 そしてコンスタントに合格できたのは、英語、世界史の力に加え、国語で崩れることがなかったのが、大きな理由だと考えられます。「国語が得点源になる」という言問学舎の基本理念を、見事に証明してもくれました。

 この結果、2月24日現在の全合格実績は、以下の通りとなっております。

<大学入試>

明治大学商学部商学科
明治大学経営学部経営学科
青山学院大学法学部法学科
青山学院大学経営学部経営学科
立教大学経営学部経営学科
上智大学神学部神学科
中央大学文学部人文社会学科
法政大学経営学部経営戦略学科
法政大学経営学部経営学科
法政大学経済学部国際経済学科
武蔵大学経済学部金融学科 2名
東洋大学経営学部経営学科
駒澤大学経営学部経営学科
専修大学経営学部経営学科 2名
清泉女子大学文学部英語英文学科 ここから下はAO
玉川大学農学部生物資源学科 
江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科

<高校入試>

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校  
駒込高等学校<アドバンスA>
東京成徳大学高等学校<進学選抜コース>

<中学入試>
女子聖学院中学校  
東京成徳大学中学校
日本大学第一中学校

☆次回入塾説明会は、3月1日土曜日に開催致します!その他の日も随時、お問い合わせ・体験授業を受け付け致しております。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

東京都立高校、入試前日!

2014年02月23日

 東京マラソンが終了し、いよいよ明日は、都立高校の入学試験(学力検査)当日です。今までの受験勉強の努力が報われる、本番の時がやって来ました。

 言問学舎では、今、明日都立高校を受験する中3生たちが、最後の勉強にいそしんでおります。ただいま、漢字の読み書き200問ずつをやり終え、次は数学。そして最後に社会(今日の1時間目も社会)という段取りで、仕上げをします。

 あとは、今夜は早く休んで、明日万全の状態で受験に臨めるよう、メンタルの仕上げをして、送り出します。

 そして合格発表は、2月28日金曜日、午前9時から。一度中学校に登校してから各自高校に向かうため、9時15分ぐらいから10時過ぎにかけて、発表を確認、私のところへ報告して来る流れとなります。

 今回で12回目。多くの子たちの、いろいろなシーンがありました。送り出す今日も、また発表の日も。やるべきことはすべてやった状態ですが、本番では何が起こるかわからないのが、試験というもの。とにかく明日の成功を、祈るのみです。

☆単独で「入試速報」として掲載はしませんが、本日、中央大学商学部会計学科合格の知らせが届いています。これでこの受験生は、個人でMARCH5大学すべてに合格しました。小学校4年生の時から9年間、塾に通い続けてくれた生徒です。心から祝福したいと思います。その他の入試合格実績は、下記よりご覧いただけます。

 http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36615/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ