ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。
最近の記事

直前の土・日2日間を、最大限有効活用しましょう!

2014年02月22日

 東京都立高校の入学試験(学力検査)が、いよいよあと2日後に迫りました。今年は24日実施という異例の日程ですが(例年は23日)、直前が土・日で月曜日実施というのも、最近ではなかったように思います。

 全員が同じ条件ですから、何かと比較して誰が有利、ということはないのですが、かんたんに言って今年は、勉強できる日数が「1日多い」のです。また土・日であることは、勉強する分には有利なはずですが、取り組み方によっては「気が緩む」ことに、つながりかねません。

 ここの違いをうまく生かし切った受験生に、「合格」がもたらされる可能性が、大きいです。もちろん、今やるべきことは、以前からお伝えしている通り、社会・理科の暗記の強化、漢字や英単語のチェック、数学なら公式の確認等、「自信を深められる」内容のものに、することです。

 そしてもっとも重要なことは、「平常心」で受験本番に臨むこと。今までの努力が実るか否かは、すべてそこにかかっていると言っても過言ではありません。

 貴重なこの2日間を、無駄なく生かし切って下さい。泣いても笑っても、あと2日です!


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

<平成26年入試合格速報第7回>

2014年02月21日

 間もなく私立大学の一般入試も終りとなります(各大学の後期入試、3月入試などを除く)。国公立大学受験の方は、あと数日、最後の頑張りどきですね(前期に向けて)。本日分の合格実績をお知らせさせていただきます。

  立教大学経営学部経営学科

  青山学院大学経営学部経営学科

 2月21日現在、その他の合格実績は、以下の通りとなります。

<大学入試>

  明治大学経営学部経営学科

 上智大学神学部神学科

 中央大学文学部人文社会学科

 
 法政大学経営学部経営戦略学科

 法政大学経営学部経営学科

 法政大学経済学部国際経済学科

 武蔵大学経済学部金融学科 2名

 東洋大学経営学部経営学科

 
 駒澤大学経営学部経営学科

 専修大学経営学部経営学科 2名
 
 清泉女子大学文学部英語英文学科 ここから下はAO

 玉川大学農学部生物資源学科 

 江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科


<高校入試>

 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校  

 駒込高等学校<アドバンスA>

 東京成徳大学高等学校<進学選抜コース>
  

<中学入試>

 女子聖学院中学校  

 東京成徳大学中学校

 日本大学第一中学校

☆2月23日日曜日に、入塾説明会を開催致します!詳細は下記よりご覧下さい。
次回入塾説明会のご案内 http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36533/



◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

本年度大学受験国語科の指導を終了します(平成25年度)

2014年02月20日

 早いもので、今日は2月20日。当初より予定していた大学受験の国語の授業の、最終日です。ほぼ連日、午後の早い時間から授業を組んでいたため、冬期講習がずっと続いて来た感覚で、いささかの疲れを覚えています。

 受験生のほうも、多くの大学を受験しているため、昨日あたりは帰りの駅で行き会うと、「受験自体に疲れ気味だ」などの感想も、洩れたようです。集中して3教科の試験を受け続けるわけですから、気持ちはわからないでもありません。

 しかしながら、最後の最後まで頑張りぬいた受験生にこそ、大きな喜びが待っているものです。こちらもそのために、全力を尽くさなければなりません。

 そして東京都立高校の入試も、4日後に迫りました。高校受験の生徒たちは、最後の詰めの期間。今日から入試前日となる日曜日(23日)までは、毎日特訓授業です。いよいよ今年の受験も大詰めにさしかかりました。あと数日間、塾としても真の正念場です。

最新の合格実績は、こちらからご覧いただけます。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36536/

23日日曜日に、入塾説明会を開催致します。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36533/



◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

<平成26年入試合格速報第6回>

2014年02月19日

 各大学の入試(私大の一般入試)も、いよいよ終盤にさしかかって来ました。今日も合格の知らせが入っていますので、ご報告させていただきます。

中央大学文学部人文社会学科
 
 法政大学経営学部経営戦略学科

 東洋大学経営学部経営学科

 2月19日現在、その他の合格実績は、以下の通りとなります。

<大学入試>

 上智大学神学部神学科

 明治大学経営学部経営学科
 
 法政大学経営学部経営学科

  駒澤大学経営学部経営学科

 専修大学経営学部経営学科 2名

 武蔵大学経済学部金融学科 2名

 清泉女子大学文学部英語英文学科 ここから下はAO

 玉川大学農学部生物資源学科 

 江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科


<高校入試>

 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校  

 駒込高等学校<アドバンスA>

 東京成徳大学高等学校<進学選抜コース>
  

<中学入試>

 女子聖学院中学校  

 東京成徳大学中学校

 日本大学第一中学校

☆2月23日日曜日に、入塾説明会を開催致します!詳細は下記よりご覧下さい。
次回入塾説明会のご案内 http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36533/

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

2月23日日曜日に、入塾説明会を開催致します!

 例のない大雪がいまだに各地を苦しめていますが、心配された今日、明日の降雪は晴れ、曇りの予報に変わり、不幸中の幸いです。

 さて、先般ご案内致しました通り、国語力に定評のある文京区・東大前の総合学習塾言問学舎では、来る2月23日(日)に、本年度第1期3回目の入塾説明会を開催致します。詳細は以下の通りです。

@平成26年度第1期入塾説明会第3回

 2/23(日)  11:00〜 18:00〜  ※日曜日の開催です!
 
Aほか随時、お問い合わせ・ご相談に対応させていただきます。
 
平日の13時30分以降は、授業時間にかかる場合もありますが、お電話、ご来訪とも常時受け付けさせていただきます(21:30まで)。授業時間中は短時間の応対とさせていただくこともありますので、ご承知置き下さい。
 
土曜日は13:00〜18:00で、平日に準じた対応をさせていただきます(ただし22日土曜日は、臨時休業〜中3高校受験の授業のみ実施〜とさせていただきます)。

※その他の時間帯につきましても、事前にご相談・ご予約をいただければ、時間をあわせて対応させていただきます(日曜日を含みます)。

 言問学舎では、全学年が新年度のスタートを3月15日としていますので(ただし、中学受験コースの新6年生は、段階的に新年度体制に入ります)、現学年のクラスで体験授業を受けていただき、ゆとりのあるスケジュールで新学年の勉強に入ることができます(私立中学受験のカリキュラム終了は、社会が8月末、算数が10月上旬、理科が10月下旬の予定となります。少人数制で全体の進度を調整しながら進みます)。

 中学生・高校生は、大事な学年末試験にあわせ、無料体験授業をご活用下さい。入塾ご決定の方は、通常一週間の無料体験授業を学年末試験直前まで拡大することができます。
 
◇言問学舎の特長とメリット

・「本物の国語」をわかりやすく教える塾です。舎主(塾長)は国語の専門家です。
・少人数制で、舎主みずから一人一人の生徒を丁寧に指導します。
・文京区東部の南北線、三田線沿線にて、「地域の総合学習塾」のキャッチフレーズで中学・
 高校・大学受験すべてに対応して好評をいただき、12年目を迎えます。
・南北線東大前駅から徒歩3分と交通至便で、電車・バス利用の方にもたいへん通いやす
 い立地です。
・全教科にわたり、常時10〜15名の優秀なスタッフを擁しており、年長さんから大学受験まで、あらゆるニーズに対応します。
・本年度(本日まで)の入試合格実績は、文末のリンクよりご覧いただけます。

☆ご不明な点などありましたら、メール・電話にて何なりとおたずね下さい。
 
※言問学舎では、4月1日からの消費税改定に伴い、「みなさまの家計とともに歩む」ことをモットーとして、わずかずつではありますが、全学年において月謝の本体価格引き下げを実施します。詳細は下記よりご覧下さい。

4月1日以降の月謝について http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35617/

平成26年入試合格速報 http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36477/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

広尾男子の取り下げは22人〜2.63倍へ

2014年02月18日

 本年度の都立高校入試は、先週木曜日(13日)に願書取り下げ、金曜日(14日)に再提出が行なわれ、出願確定時2.90倍と注目された広尾高校は、235人から213人へと、出願者が22人減る結果となりました。

 これで最終応募段階での倍率は、「2.63倍」となりました。前にもお伝えした通り、これが「最終=実質倍率」ではありません。最終的な志願者数は213人で確定しましたが、当日受験しない人がいることと、広尾高校自体が定員通りの合格者とはしない可能性が高いからです。

 ちなみに広尾高校男子の昨年は、166人の確定志願者に対し、実受験者は141人で、当日25人が、受験していません。そして合格者数は、定員80人に対し72人となっています(定員より合格者が少ないのは、男女別定員を緩和する学校だからです)。結局141÷72=1.9583・・・を四捨五入した1.96倍が、昨年の実質倍率ということです。

 男女別定員のことは別にして、どの高校もだいたい同じような状況で、実質倍率が決まります。そして、1.5倍、1.6倍というような倍率の学校の場合、「3人に2人が合格」という率にはなりますが、そのぐらいなら、「目安」とされている合格ライン(1000点満点の得点ライン)が、大幅に変わるということはまずありません。つまり、広尾のように2倍を大きく超えるケースでなければ、今まで目標としてきたことをしっかりやり、必要な点数を取れば受かるのです。このことを、きちんと押さえていただきたいと思います。

 ほかに志願者の増減が目立ったのは、次の学校です(カッコ内が人数です)。

男子 豊多摩(−17)鷺宮(−22)文京(−17)大山(−29)小岩(−26)
   松原(+25)光丘(+15)江北(+18)
女子 雪谷(−20)大崎(−15)北園(−15)文京(−22)江戸川(−18)小岩(−17)
   江北(+15)足立(+15)城東(+16)東(+21)

 男女とも、15名以上の増減のあった高校を挙げてみました(23区内)。また志願確定倍率で2.5倍を超えている高校は、次の通りです(23区内)。

 日比谷男子2.99 三田女子2.55 戸山男子2.66 広尾男子2.63 広尾女子2.71 

 ただし、日比谷の男子は毎年100人以上が、受験していません。ここに挙げた他の高校も、日比谷ほどではありませんが、当日受験しない人が、相当数いる学校です。詳しくは、各校についての資料をご覧下さい。

 あと5日間、もっともきびしい時期ですが、倍率や噂に惑わされず、やるべきことをやり切った受験生こそが、合格の喜びを勝ちとれるはずです。最後まで気をゆるめることなく、頑張って下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

<平成26年入試合格速報第5回>

2014年02月17日

 各地で例のない大雪となり、山梨県など深刻な状況が続いている中で、ふたたび大雪の可能性が報じられています。雨の可能性もあるということですから、何とか雪にならないことを願うとともに、現在大雪の被害に遭われている地域の方々が少しでも早く日常の生活に戻れるよう、祈ります。
 

 新しい合格実績を、ご報告させていただきます。
 

 上智大学神学部神学科

 明治大学経営学部経営学科
  
 法政大学経営学部経営学科


 2月17日現在、その他の合格実績は、以下の通りとなります。


<大学入試>


 法政大学経済学部国際経済学科


 駒澤大学経営学部経営学科


 専修大学経営学部経営学科 2名


 武蔵大学経済学部金融学科 2名


 清泉女子大学文学部英語英文学科 ここから下はAO


 玉川大学農学部生物資源学科 


 江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科



<高校入試>


 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校


 駒込高等学校<アドバンスA>


 東京成徳大学高等学校<進学選抜コース>
  


<中学入試>


 女子聖学院中学校


 東京成徳大学中学校


 日本大学第一中学校


◇言問学舎の指導内容のご案内<新高校3年生>について 


http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36395/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

いよいよ受験も最終盤!入念に「仕上げ」をしましょう!

2014年02月16日

 2月も半ばを過ぎました。私立大学も、各校第1回の入試は終盤にさしかかり、都立高校(前期)も8日後。そして10日後には、国公立の二次試験(前期)も終わりとなります。

 それぞれに残された時間を、有効に使いましょう。ここまで来たら、あれこれといろいろなことをやるのでなく、的を絞ってできることに集中することです。

 大学受験の国語なら、出題傾向に合わせ、漢字や知識事項。そして選択肢の判別には、「レッスン」が有効です。漢文がピンポイントでも出る場合、ある程度白文の読み方もおさらいしておくと良いでしょう(センター過去問などを活用)。

 都立高校受験生は、とにかく社会です。特に近年は記述が増えているので、その対策も忘れずにして下さい。理科については、大問1、2を落とさないように、一問一答の問題集などを使って覚えるべきものを覚えましょう。国語の漢字もぬかりなく。今年は直前が土・日になります。その2日間を、無駄なく生かして下さいね。

 あと少しで、長かった受験勉強も終わりです。悔いが残らないよう、ラストスパートに全力を傾けて下さい。頑張りぬいた人には、きっと大きな喜びが待っています!


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

<平成26年入試合格速報第4回>

2014年02月15日

 先週の大雪に続き、またしても記録的な大雪となり、各交通機関に影響が出たほか、東急東横線では追突事故まで起きてしまいました。言問学舎の受験生も、今日4名が2つの大学に受験に行っておりますが、それぞれ1時間と2時間、開始時刻を繰り下げての試験実施となったようです。

 今日は大学合格が1つ、昨夜高校入試のチャレンジ合格の知らせが1つ、届きました。大学は今年MARCHの第1号となります。

 法政大学経済学部国際経済学科

 東京成徳大学高等学校 進学選抜コース ※チャレンジ受験で上のコースに合格しました! 
  

 2月15日現在、その他の合格実績は、以下の通りとなります。

<大学入試>

 駒澤大学経営学部経営学科

 専修大学経営学部経営学科 2名

 武蔵大学経済学部金融学科 2名

 清泉女子大学文学部英語英文学科 ここから下はAO

 玉川大学農学部生物資源学科 

 江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科


<高校入試>

 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校
 

 駒込高等学校<アドバンスA>

 東京成徳大学高等学校<進学選抜コース>※冒頭ご報告したものです


<中学入試>

 女子聖学院中学校
 

 東京成徳大学中学校

 日本大学第一中学校

言問学舎の指導内容のご案内<新高校3年生>について はこちらからどうぞ!
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36395/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

<入試最前線、各自奮闘中!>

2014年02月14日

 いま(午後6時前)外を見ると、雪はすこし小降りになって来たようです。が、予報では夜半まで降り続くとのことでしたし、油断はできません。

 そんな中、大学受験を明日に控える人たちが、それぞれ昼頃から集まって、各自猛勉強中です。国語の授業の合間に、日本の旧国名すべての再確認なども行ない、死角を減らしました。

 これだけの雪ですから、中学1年生、2年生は今日の授業を振り替え(本日休講)にしましたが、都立高受験の中学3年生は、入試本番が10日後のため、貴重な1日をつぶすわけには行きません。時間を繰り上げ、通常より1時間早く授業を実施することにしましたので、雪の中をいまごろ塾に向かっていることと思います。今日から入試前日までは、来週の日曜、水曜を除いて、連日授業の体制になっています。

 また、昨日は大学受験生の1人が、母校に頼んでおいた調査書が自宅に届かず、私が直接追跡調査をして郵便局に交渉し、最終的には本人が直接局まで受け取りに行って、事なきを得ました。無事に出願も済み、ほっとしましたが、あらためて「生徒が第一」ということを、胸にきざんだ出来事でした。



◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎の指導内容のご案内〜第6回<新高校3年生>について

2014年02月13日

 来年の大学入試センター試験は新課程対応となり、大学によっては必要教科も変わるなど、変更点に十分注意が必要です。そしてセンター試験そのものも、現在の形態はあと数年という方向になっていますが、来年大学進学を控えるみなさんは、国公立・私立、それぞれの目標に向かって、「自分が受かる」ことだけを考えなければなりません。
 
 ただいま、言問学舎の大学受験生は毎日のように入試本番に臨んでいます。今日までのところ、大学の合格実績は以下の通りです。

 駒澤大学経営学部経営学科 
 専修大学経営学部経営学科 2名
 武蔵大学経済学部金融学科 2名
 清泉女子大学文学部英語英文学科 以下AO入試
 玉川大学農学部生物資源学科 
 江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科


 もちろん一般入試・センター利用は「序盤」の結果です。では、これらの実績を上げている受験生たちにどのような指導をして来たか、その内容をご紹介しましょう。

◎新高校3年生
  
 現2年生のみなさん、「4月から」ではありません。もうみなさんの「受験」は始まっているのです。言問学舎では、一般入試・AOほか各種推薦入試・指定校推薦のいずれにも対応します。

 指導の特徴をひと言で申し上げると、東大生・東大院生を主力とする優秀なスタッフが、マンツーマンに近い形で、受験生の学力に合わせて丁寧に教えることです。大学受験科では、国語以外の教科は原則教師1名対受験生2名としておりますが、志望校合格が大前提ですから、学力差の大きい受験生を2名一緒にすることはなく、在籍状況によっては1対1となる場合も多くあります。

 予備校と比較される場合、社会人講師の比率は低いですが(本年度は英語のエキスパート1名が担当予定)、現役大学生・院生(塾全体で、採用基準は原則G-MARCH以上、かつ東大籍がほぼ半数/国語は原則言問学舎卒業生の日文・国文学科生で、25年度は日本女子大、國學院大文学部進学者)がほぼマンツーマンで、メンタル面まで含めて親身に指導するところに、メリットがあります。

 国語は舎主・小田原漂情が、全員のメイン指導にあたります(古文および入試対策期には、前述の日文・国文科生がサポートに入ります)。センター試験や私大一般入試なら8割、9割超、また東大等国公立二次の記述での高得点を目標ラインとしています(23年入試の東大理系では、80点満点で50点を取った受験生がいます)。

 「国語が得意」な文系受験者も、さらに深く国語の本質を知り、得点を伸ばすことができます。日文・国文志望の方にこそ、メリットは大きいと言えるでしょう。さらに東大二次文系の第四問で、文学・芸術系の出題については、舎主の専門領域です。

 またAO入試ほかの各種推薦入試についても、舎主・小田原漂情が直接指導します。エントリーシートの書き方から小論文対策、面接対策まで、一人一人の資質にあわせて綿密に指導します。

 受講可能科目は国・数・英のほか、世界史・日本史・政経、物理・化学・生物です(地理、地学等はご相談下さい)。なお従来、「現役生対象」としておりましたが、26年度より全教科で浪人生にも対応致します(自習室の利用時間、講師の対応可能時間等、「予備校」と異なる点もあります)。詳しくはご相談下さい。

※費用の面でも、言問学舎はご家庭とともに歩みます。詳細はリンクをご覧下さい。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35617/ 4月1日以降の月謝について 

新中学1年生〜3年生のご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36258/

新小学6年生のご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35974/

新小学5年生についてのご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35668/

新小学4年生についてのご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35872/

新小学1年生〜3年生のご案内は、こちらからどうぞ。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36102/

大学受験以外の合格速報は、こちらからご覧いただけます。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36330/



◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

次回入塾説明会は、2月23日(日)実施です!

2014年02月12日

 今日は受験生のうち3名が、同一の大学の入試に出かけました。「合格速報」は、ひと休みです。

 次回の入塾説明会は、2月23日日曜日に、開催致します。時間等は以下の通りです。

@ 新年度第1期入塾説明会<日程確定型説明会>

2/23(日)  11:00〜  18:00〜 

Aほか随時、お問い合わせ・ご相談に対応させていただきます。
 
平日の13時30分以降は、授業時間にかかる場合もありますが、お電話、ご来訪とも常時受け付けさせていただきます(21:30まで)。授業時間中は短時間の応対とさせていただくこともありますので、ご承知置き下さい(20日ごろまで、大学受験の授業があります)。
 
土曜日は13:00〜18:00で、平日に準じた対応をさせていただきます。

※その他の時間帯につきましても、事前にご相談・ご予約をいただければ、時間をあわ  せて対応させていただきます。なお2月16日日曜日は、お休みとさせていただきます。また2月22日土曜日は、一部授業のみの実施で、社休日とさせていただきます。

・本年度(本日まで)の入試合格実績は、文末のリンクよりご覧いただけます。

☆ご不明な点などありましたら、メール・電話にて何なりとおたずね下さい。
 
※言問学舎では、4月1日からの消費税改定に伴い、「みなさまの家計とともに歩む」ことをモットーとして、わずかずつではありますが、全学年において月謝の本体価格引き下げを実施します。詳細は下記よりご覧下さい。

4月1日以降の月謝について http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35617/

平成26年入試合格速報<第3回> http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36330/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

<平成26年入試合格速報第3回>

2014年02月11日

 8日に降った雪は、雪かきで道端に積み上げられた分を除いてあらかた溶けたようですが、今日は午前中の出社途中に小雪が舞い、また午後塾に来た受験生の話では、一部で雹が降ったそうです。

 そんな荒れ模様の一日でしたが、今日もひとつ、大学合格の知らせが届きました。


 駒澤大学経営学部経営学科 
  

 2月11日現在、その他の合格実績は、以下の通りとなります。


<大学入試>

 専修大学経営学部経営学科 2名

 武蔵大学経済学部金融学科 2名

清泉女子大学文学部英語英文学科

 玉川大学農学部生物資源学科 

 江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科


<高校入試>

 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校
 
 駒込高等学校<アドバンスA>

 東京成徳大学高等学校


<中学入試>

 女子聖学院中学校
 
 東京成徳大学中学校

 日本大学第一中学校


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 18:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

国語は受験の「得点源」です!

 もともと「国語が得意でない」受験生・生徒、また保護者の方々も、国語は「出たとこ勝負」「数をこなすだけ」などと、決めてしまっていませんか?たしかに国語は、受験生にしてみれば、「出て来た文章」によって、出来不出来が大きいという面も、あるかも知れません。

 でも、それは英語でも、その他の教科でも、同じことですね(得意な領域が出るか、不得意なところが出るか、という意味において)。

 そして国語は、「きちんと読むこと」(=読解)ができ、さらに「正解の見つけ方」(=テクニック)を身につけていれば、コンスタントに7割、8割以上をマークできる(もちろん9割、満点も)「得点源」なのです。本質がわかっていれば、これほど安定的に得点できる科目はありません。

 結果が出そろってから、本人たちの了承が得られれば詳述しますが、いま連日大学受験に挑戦している受験生たちは皆、「言問学舎で国語を学んでから、国語の解き方、点数の取れ方が変わった」と口にしています。また、高校受験の生徒たちは、このところ都立入試の過去問で、選択肢の問題ではほとんどミスをしなくなりました。

 さらに、高校受験、大学受験の過程で国語をしっかり学ぶことは、その先のステージで「物事を考え、自分を磨き、表現する」ことの、非常に大きな力となります。

 来年の受験の有無にかかわらず、お子さんたちに「国語」をきちんと勉強させたいとお考えの保護者のみなさま、長年にわたって“国語力に定評のある”言問学舎を、ぜひご活用下さい。

◇最新の合格速報は、こちらからご覧いただけます。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36320/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

<平成26年入試合格速報第2回>

2014年02月10日

 東京では45年ぶり、史上第3位の積雪量となった2月8日の大雪でしたが、弊塾の受験生たちは、元気に大学受験を終えて来ました。そして今日、一般入試及びセンター利用の第1号の合格の方が届きました。最新の合格情報をお伝えさせていただきます。

 専修大学経営学部経営学科 2名

 武蔵大学経済学部金融学科 2名

 駒込高等学校<アドバンスA>

 東京成徳大学高等学校

  
 2月10日現在、その他の合格実績は、以下の通りとなります。

<大学入試>

 清泉女子大学文学部英語英文学科

 玉川大学農学部生物資源学科 

 江戸川大学メディアコミュニケーション学部情報文化学科



<高校入試>

 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校


<中学入試>

 女子聖学院中学校
 
 東京成徳大学中学校

 日本大学第一中学校



◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

都立高校出願者数確定〜広尾男子が2.9倍!

2014年02月08日

 今日は大変な大雪となりました。大学受験のみなさん、お疲れ様でした。また明日受験の方は、大学、交通機関の情報等に注意して、間違いのないように試験会場に向かって下さい。

 さて、一昨日、昨日とも大学受験指導を中心に忙しく、帰り際に都教委ホームページの出願状況をプリントアウト、帰りの電車の中でチェックしました。

 やはり今年も、中堅以上の学校が軒並み高倍率になっていますが、中でも驚いたのは、広尾男子の2.90倍(初日2.89倍)です。手元に資料のある平成14年以降について、同校の出願確定時倍率(2日目終了後)を、一覧にしてみました。


      定員  志願者数  倍率 
平成14年 86   133  1.55
平成15年 84   147  1.75
平成16年 83   112  1.35
平成17年 83   111  1.34
平成18年 83     88  1.06
平成19年 79   147  1.86
平成20年 79   133  1.68
平成21年 80   178  2.23
平成22年 79   133  1.68
平成23年 77   120  1.56
平成24年 76   155  2.04
平成25年 80   190  2.38
平成26年 81   234  2.90
 

 一覧に見る通り、特に平成19年以降高い倍率が続いてはいましたが、今年は、昨年大泉の学級減の影響が北園に流れたとみられるような、大きな変動要因はありません(1クラスの増・減はあります)。その中で3倍近い高倍率になるとは、ちょっと予想しがたいことでした。(旧)学区は異なりますが、三田の合格ラインが大幅に上がってきたこと、広尾高校自体の変化が、人気を集める原因の一端となっているのでしょうか。

 詳しくは機会を改めることとして、広尾に限らず、先にお知らせした「願書の取り下げ・再提出」(志願変更)も、各エリアで重要なポイントになりそうです。広尾など高倍率の学校では、かなりの数の取り下げ者が出ると思われますが(昨年の北園の男子は19人)、取り下げをするかどうか、悩む人が多い中で、結果として各校の志願者数にどのような変化が生じるかは、14日の再提出後の集計発表(確定志願者数)を見るまで、わかりません。「取り下げ・再提出」をした方がよいか、しない方がよいか、それは一人一人が各自の状況において決断するほかないのです。

 私自身は、ここ数年来、「取り下げ・再提出」を積極的に活用するべきと考えておりますが、再提出先は十分に検討なさって下さい。微力ではありますが、お困りの方のご相談にも対応させていただきたいと思います。  


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

平成26年版・言問学舎の指導内容のご案内〜第5回<新中学1年生〜3年生>について

2014年02月06日

 今日2月6日木曜日は、東京都立高校入学試験(学力検査)前期日程初日の願書提出日です。多くの中学生が、朝の登校後、希望と不安を胸に、それぞれの志望校に向かったことでしょう。

 希望と不安は、私ども受験指導をする塾の立場の者にとっても同様です。今夜7時か8時過ぎには、今日の段階の志願者数が発表されます。例年、2日目に増えるのは全体から見ればごく一部ですから、大勢は今夜決する、とみて良いのです。

 「大勢が決する」とは、もちろん合否についてではありません。出願状況によって、当サイトでも何度かお伝えしている、「願書の取り下げ・再提出」等を検討する必要が出て来る、そのことを指します。

 さて、そのような一日ですから、今日は中学生の指導内容の特色について、ご案内したいと思います。中学生については、成績はもちろんのことですが、言問学舎ならではの特徴として、特に精神面の成長に対する配慮を重視しています。


<新中学1年生・2年生について>


 中学1年生・2年生では、おおむね偏差値60くらいまでの人の場合は、「復習が肝心」です。特に1年生は、新しく「中学校の領域」のものを習うので、先を急ぐよりも習ったことの「定着」を主眼としましょう。

 そして中学2年生は、極言すれば「学力」以上に「精神面」の成長を待つのが最重要課題です。なぜなら中2は、「思春期」のはじまり、その最たる時期だからです。もちろん、順調に勉強が進み、学力が伸びていれば問題ないのですが、そうでない場合にも、焦ることは禁物です。

 この年齢の子どもが悩むのは、勉強と学校のことだけではありません(もちろんどの学年でも同じですが、標準的に見て、それが一番強いのが、中学2年です)。中学校の3年間を通して見る時、中2の一年間は、じっくり育てる期間と言っていいでしょう。

 言問学舎の中1・中2の指導の根本は、こうしたことをふまえて、高校受験で成功するために必要な勉強を、じっくり積み重ねることにあります。もちろん、中学生ですから、内申点アップの指導を重視しており、徹底した定期試験対策で、中間・期末テストでの得点アップを図り、結果を出させます。また提出物をきちんと出すように、などの指導も、中1の時点から重視しています。これらのことが中3で実を結ぶように、メリハリをつけ、塩梅を加減して、うまく生徒をリードして行くことで、最終的な受験の成功につなげて行くのです。


<新中学3年生について>


 中学3年生は、言うまでもなく「勝負どき」です。部活動の有無、運動部か文化部か、目標とする学校の学力レベルは、などいろいろな要素がありますが、すべての子に共通するのは、高校入試を成功させる必要があるということです。公立中への進学という行き場もある中学受験、一年後の再チャレンジ(いわゆる浪人)という選択肢もある大学受験とは、ここが大きく違います。

 東京都の中学生の場合、大半の高校受験において、内申点(おおむね3年2学期の通知表の評定)が大きなウェイトを占めます。従って、特に2学期の期末に向けて照準を合わせ、評定を上げて行くことが求められます。来年から都立高校の入試では制度の変更が予定されていますが、都立推薦入試や他道府県の制度改革の流れ、大学入試の改革の方向性などを見ても、内申点の配分が極端に少なくなる可能性は、低いだろうと思われます。

 折りに触れてご案内しております通り、弊社は入試の仕組みや制度の変更といったことにはいち早く対応していますので、新たに高校受験をめざすお子さんたち、ご家庭のご心配にも、的確な対応でお応えすることができます。

 受験勉強において何より重要なのは、とにかく本人が「やる気」になることです。ほとんどすべてのお子さんに、中3の受験期を迎えるまでの3年間の「どこかのタイミング」で、心の奥深いところに「さあ、やろう」という火のともる時が訪れます。中学3年間の指導のうちでもっとも大切なのは、「その時」をうまく見つけ、引き上げることだ、と言っても過言ではないほど、「やる気」「燃えどき」をつかまえるのは重要で、また難しいことでもあります。逆に子どもにとっては、自分でも気づきにくいそのチャンスを見つけてあげ、集中して勉強できる環境を整えてあげることが、周囲の大人にできる最大のサポートだと言えるでしょう。


<無料体験授業、入塾のご相談等について>


 新中学1年生〜3年生とも、体験授業・ご入会は、随時お受けしております。特に新中3となる現2年生は、今月末の学年末試験に向けて、無料体験授業をご活用下さい。一週間の体験後、ご入会決定の方は、そのまま学年末試験終了まで、無料体験授業を延長させていただきます。ここから春期講習にかけて、1・2年領域の復習確認を徹底することが、受験の成功につながるだけでなく、いま考えている目標より1ランク、2ランク上をめざすことにつながります。

 新中2となる現1年生も、無料体験授業の扱いは一緒です。新学習指導要領によって学習内容が厚みを増している現在、以前にもまして、「復習」の時間はなくなっています。まずは学年末試験で成績を上げ、春期講習で1年生の「復習」をきちんとしてから、2年生となる新学期を迎えましょう。

 そして新中学1年生は、体験授業を利用して、まず「小学校の復習」に取り組みましょう。また「中学準備英語講座」(2月15日スタート)では、「中学の英語」に入る前の段階で、英語そのものに親しむ勉強の機会があります。ゆとりのあるスケジュール、カリキュラムで、安心できる中学へのスタートの準備ができます。お早めにご相談下さい。

※言問学舎では、4月1日からの消費税改定に伴い、「みなさまの家計とともに歩む」ことをモットーとして、わずかずつではありますが、全学年において月謝の本体価格引き下げを実施します。詳細は下記よりご覧下さい。

4月1日以降の月謝について 
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35617/

平成26年入試合格速報 
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36156/

第1期入塾説明会を、2月8日(土)、11日(火・祝)に開催します。
http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36253/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

2月8日(土)、11日(火・祝)に入塾説明会を開催致します!

2014年02月05日

 今日は2月5日、複数の私立中学校で、最終日の入試が行なわれたと思います。昨日、今日まで試験を受けた受験生と保護者のみなさま、ほんとうにお疲れ様でした。

 さて、先般ご案内致しました通り、国語力に定評のある文京区・東大前の総合学習塾言問学舎では、来る2月8日(土)、11日(火・祝)の両日に、本年度第1期の入塾説明会を開催致します。日時は以下の通りです。

@新年度第1期入塾説明会<日程確定型説明会>

 2/8(土)    11:00〜 18:30〜 
 2/11(月・祝)  11:00〜 18:00〜

Aほか随時、お問い合わせ・ご相談に対応させていただきます。
 
 平日の13時30分以降は、授業時間にかかる場合もありますが、お電話、ご来訪とも常時受け付けさせていただきます(21:30まで)。授業時間中は短時間の応対とさせていただくこともありますので、ご承知置き下さい(20日ごろまで、大学受験の授業があります)。
 
土曜日は13:00〜18:00で、平日に準じた対応をさせていただきます。

※その他の時間帯につきましても、事前にご相談・ご予約をいただければ、時間をあわ  せて対応させていただきます(日曜日を含みます)。

 言問学舎では、全学年が新年度のスタートを3月15日としていますので(ただし、中学受験コースの新6年生は、段階的に新年度体制に入ります)、現学年のクラスで体験授業を受けていただき、ゆとりのあるスケジュールで新学年の勉強に入ることができます(私立中学受験のカリキュラム終了は、社会が8月末、算数が10月上旬、理科が10月下旬の予定となります。少人数制で全体の進度を調整しながら進みます)。

 中学生・高校生は、大事な学年末試験にあわせ、無料体験授業をご活用下さい。入塾ご決定の方は、通常一週間の無料体験授業を学年末試験直前まで拡大することができます。

 
◇言問学舎の特長とメリット

・「本物の国語」をわかりやすく教える塾です。舎主(塾長)は国語の専門家です。

・少人数制で、舎主みずから一人一人の生徒を丁寧に指導します。

・文京区東部の南北線、三田線沿線にて、「地域の総合学習塾」のキャッチフレーズで中学・
 高校・大学受験すべてに対応して好評をいただき、12年目を迎えます。

・南北線東大前駅から徒歩3分と交通至便で、電車・バス利用の方にもたいへん通いやすい
 立地です。

・全教科にわたり、常時10〜15名の優秀なスタッフを擁しており、年長さんから大学受験まで、
 あらゆるニーズに対応します。

・本年度(本日まで)の入試合格実績は、文末のリンクよりご覧いただけます。

☆ご不明な点などありましたら、メール・電話にて何なりとおたずね下さい。
 
※言問学舎では、4月1日からの消費税改定に伴い、「みなさまの家計とともに歩む」ことをモットーとして、わずかずつではありますが、全学年において月謝の本体価格引き下げを実施します。詳細は下記よりご覧下さい。

4月1日以降の月謝について http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/35617/

平成26年入試合格速報 http://mbp-tokyo.com/kotogaku/column/36156/


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

大学受験、反省・分析のあとは、さっと気持ちの切り替えを!

2014年02月04日

 2月に入って4日。私立大学受験者は、もう本番に入った人が多いと思います。そして第1回、第2回の手応えも、それぞれに異なるものがあることでしょう。

 手応え上々、の方は、気持ちを緩めず、そのまま突っ走って下さい。そして「落とし穴」にだけ気をつけ、「本命」への対策を、しっかり進めましょう。

 ここまでの出だしがよくなかった方、ここが踏ん張りどきです。「失敗」を、気持ちの上で引きずってしまうと、そのままずるずると、すべてのスケジュールが終わってしまいます。
失敗した教科、領域は、きちんと反省・分析をして、次につなげましょう。

 そして大事なのは、「気持ちの切り替え」です。好きな音楽を聴く、友達と話す、感銘を受けた本を読み返す、あるいは半日「何もしない」などなど、手段はいくらでもあります。自分に一番合った気分転換をして、よくない結果(手応え)のことは、さっと忘れて下さい。

 そして新鮮な気分で、次の受験に臨みましょう。暗い気持ち、悪いイメージで受ける試験は、たいていうまく行きません。よいイメージ(つまり、受かって大学生になっている自分)を持ち、気持ちに張りを持って受けることで、きっとよい結果が得られます。

 泣いても笑っても、時間はあとわずか。限られた時間をうまく使った人に、「合格」の喜びが訪れます!頑張って下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

東京都立高校受験「願書の取り下げ・再提出」について

2014年02月03日

 土曜日から私立中学の受験が始まり、今日は東京都立の各中等教育学校(併設型中学校)と千代田区立九段中等教育学校の入試(適性検査)が行なわれました。

 そして今週、6日木曜日と7日金曜日が、東京都立高校一般入試<前期>の願書提出日となっています。それぞれの日の夜インターネットで、また新聞紙上では翌日朝刊に、出願者数や倍率などが、発表されます。

 すでに志望先を決めておられる方が多いと思いますが、試験ごとですから予測のつかない部分が多いですし、不安も大きいことと思います。

 2008年のリーマン・ショック以降、都立志向はずっと高まって来ていて、今年も高止まりの予測がされています。こうした状況下では、端的に言うと何が起こるかわからないですから、「取り下げ・再提出」を視野に入れて、出願にのぞむのが良いと思われます。

 「取り下げ・再提出」とは、以下のようなしくみです。

・2月6日または7日 A高校に願書を提出
・2月7日、願書提出締め切り→出願者数、倍率確定(※)
 ここで、A高校の倍率があまりに高い場合、次の日程で「取り下げ・再提出」をします。
・2月13日 A高校に行って、提出した願書を取り下げ
・2月14日 B高校に、願書を再提出
・2月24日 B高校を受験
・2月28日 合格発表

 以前は受験前、願書と一緒に「自己PRカード」を提出したため、再提出に当たって「自己PRカード」もB高校用に書く必要がありましたが、現在は合格後の提出のため、願書の再提出のみで良いです。受験料を再度納める必要もありません。

 この「取り下げ・再提出」を利用することで、最初に出願した高校が例年より極端に高い倍率となった場合などに、そのリスクを避け、確実性の高い受験をすることができます。再提出する学校は、最初の出願よりやや難易度の低い学校にする場合と、同程度で倍率の低い学校にする場合とが考えられます。なお、自校(グループ)作成校には注意が必要です。昨年、平成25年入試では、旧第4学区の北園高校で、男子18人、女子11人が取り下げをしました。

 この「取り下げ・再提出」と「分割後期・二次募集」、そしてもちろん私立高校の各種併願制度など、さまざまな可能性を組み合わせて、「もっとも行きたい高校」への進学がかなうよう、受験準備を進めて下さい。一般入試の出願が間に合う私立高校も、まだたくさんあります。

 中学受験、高校受験、そして大学受験、みなさんの合格を、お祈り致します。

(※)ここでの倍率は「出願締め切り時倍率」です。「(最終)実倍率」は、当日の実受験者数を実合格者数(定員から増減する場合があります)で割ったものです。



◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはページ下部のメールフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ