ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。
最近の記事

本年度の受け入れ体制(残席状況)についてご案内申し上げます。

2018年05月19日

 新緑の初夏の季節、いわゆる「夏日」がつづいています。5月もあと10日あまり。学校の「年度」では、2か月目の後半ですが、平成30年としては、あとひと月と少しで、ちょうど半分が終りとなるこの頃です。

 おかげさまで言問学舎としては、昨年の暮れから順調に新しい塾生のみなさんを迎えており、一部の学年・コースでは、定員まで残席が少なくなって来ております。ちなみに定員は、1学年8名で、うち中学受験コースと私立・国立中生コースは定員4名としております。また、高校生の国語以外のクラスは、上限を1クラス3名としており、だいたい2名までの範囲で運営しています。ほかに、2名まで限定の「個別指導クラス」の設定もあります。

 5月18日現在、定員までの残席が少なくなっている学年・コース(クラス)をご案内させていただきます。これらのコース(クラス)は夏期講習に向けて早めに定員一杯(募集締め切り)となる可能性がありますので、通塾をお考え下さる方は、ぜひお早めにご相談下さい。

◇残席が少ない学年・コース(クラス)

・小学4年生 月曜国語、漢字 あと2名

・小学5年生 受験コース    あと2名
        学年として    あと4名
・小学6年生 受験コース    あと2名
※本年度の中学受験コースは公立中高一貫校受験対策中心で、私立中受験対策は首都県模試偏差値五十台後半の2科および各種記述式入試のみ対応致します。

・高校1年生 国語        若干名

・大学受験 AO・推薦対策  あと2名 
   
 夏期講習説明会実施シーズンに先立って、好評の「国語の相談会/入塾説明会」を、来週5月26日土曜日に開催致します。詳細は以下のリンクにてご確認下さい。午前11時、午後4時半、計2回開催の予定です。

http://blog7.kotogaku.co.jp/article/183268849.html 国語の相談会/入塾説明会のご案内


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

(公立)中学生の勉強の仕方を、解決!アスクミージジコに書きました

2018年05月16日

 5月も後半になりました。私立中学・高校では順次中間テストがはじまっており(千代田区立九段中等教育学校は二期制のため6月上旬)、最寄りの文京六中は来週末が運動会、文京三中は今月最終週に修学旅行が実施されるなど、区立中では行事が目白押しのこの時期です。

 さて、その区立中でも6月後半には期末テストが行なわれますし、新年度もひと月半が過ぎた今、家庭での勉強の状態も、しっかりととのえる必要がありますね。このほど「解決!アスクミージジコ」編集部より依頼を受け、区立中学生の学年ごとの勉強のしかたをまとめて執筆、去る13日日曜日に掲載の運びとなりましたので、ご紹介申し上げる次第です。

解決!アスクミージジコ<新学期、中学生は復習を中心に勉強して高校受験を目指そう!学年別の勉強法を解説>
https://asqmii.com/jijico/2018/05/13/articles30481.html 

 くわしくは記事にお目通しいただければ幸いに存じますが、かいつまんで学年ごとのポイントを整理すると、次の通りです。

・中学1年生は、復習をしっかりやること

・中学2年生は、復習を基本にしながら、英語の教科書の本文は、予習として読んでみること。国語も、興味のある文章については、予習として読んでおくこと。

・中学3年生は、受験のために1、2年領域の復習がきわめて重要。2年生と同じように復習と英、国の予習を基本としながら、「自分はここが苦手だ」という領域、単元を見つけ、その部分の復習をうまく組み合わせること。

以上です。それぞれの背景、理由などは、リンク先の文章でていねいに説明してあります。

 また、もちろん言問学舎では、上記のポイントを確実に押さえながら、一人一人にあった的確な日常学習、定期テスト対策(そして3年生には受験指導)を行ないます。中学での学力向上、内申点(評定)確保を確実にして、希望の高校進学を果たしたいとお考えの中学生、保護者のみなさまは、どうぞお早めに言問学舎へご相談下さい。

※上記の勉強の目安は公立中学校の多数の生徒を対象と想定した内容です。私立中学、公立中高一貫校の場合、それぞれの学校の教育方針や試験のありようによって異なりますから、学校の先生のご指導を、しっかり受け止めて下さい。また高校生は復習だけを考えていると、毎日の授業の進度についていくことができません。予習をしっかりするよう、心がけて下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

都立高校推薦入試得点開示/個人面接・集団討論満点の報告がありました!

2018年05月12日

 今春高校に進学した新高校1年生は、まもなく初めての中間テストを迎えるところです。その中の一人から、昨夜連絡がありました。

 入試結果報告において2月1日からお知らせしてきた、都立北園高校に推薦入試で合格、進学した生徒からの連絡で、内容はその推薦入試の得点開示を受けた、結果報告でした。

 北園高校は、調査書点500点、個人面接・集団討論250点、作文250点なのですが、彼の結果は、個人面接・集団討論が250点中250点、作文が250点中235点というものでした。個人面接・集団討論は文句無しの満点、作文の得点率が9割4分、双方あわせて(実際の入試得点率で)9割7分という、すばらしい結果を出してくれたのです。

 この生徒は中学時代に生徒会長を務め、ほかにも幅広い体験、経歴を持っていて、面接の練習をしていても、本当に面接向きだな、と感心させられる生徒でした。ですから個人面接・集団討論の満点は、彼自身の実力によるものと考えております。いっぽう作文でも、こちらの指導をしっかり受け止め、的確に反映させる対応力を見せてくれました。そんな彼からの「先生の細かなご指導のおかげです」という言葉は、まことに嬉しく感じられました。

 本年度中3生につきましても、随時都立高校推薦対策をスタートします。指導科目は小論文・作文と個人面接・集団討論対策です。二学期期末テストまでのレギュラー授業では小論文・作文と内申対策(中間・期末テスト対策と読解力養成)を中心とし、夏期講習で集団討論対策を実施します。

 小論文・作文を書く力や面接・討論での幅広い対応力は、一朝一夕に身につくものではありません。また一般入試との二段構えで臨む上では、平成28年入試で小山台高校に合格・進学した受験生(現高校3年生)が、一般入試(共通問題)の国語で100点満点を取ってくれるなど(こちらも得点開示の結果です)、一般入試の国語で高得点を取らせる指導も、言問学舎の授業の強さとして定着しています。

 来春、推薦入試を含めて都立高校合格をめざす方は、お早めに言問学舎にご相談下さい。無料体験授業は、月・水・金のレギュラー授業に一週間分ご参加いただけます。科目・曜日などの詳細は、直接おたずね下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎はオリジナルの国語教育を柱とした総合学習塾<4科・5科対応>です

2018年05月05日

◎はじめに

 本質的な国語力をはぐくむ文京区の言問学舎は、現在地にほど近い文京区本郷で平成15年に創業し、ことし6月1日より、16年目の歩みに入ります。近年、自社ホームページほかのWebサイトを大変多くのみなさまにご覧いただき、また実際の塾の授業にも、新たに多くの方たちに加わっていただいておりますが、ちょうどよい折ですから、「言問学舎の全体像」をすこし、お話しさせていただきたいと思います。

 日ごろ、本コラム(当サイト)でみなさまにお目通しいただく言問学舎発の教育関連の記事のテーマは、国語に関するものの比率が高いです。Webサイトにお目通し下さる方々の貴重な時間の或る部分をお借りするわけですから、それにお応えするべく、お伝えできる内容が多く、深いものをお届けするのが、発信者として当然のことと考えているためです。次いで受験情報が比率の多くを占めるのも、私自身が30年にわたって教育産業、教育現場に身を置いて、数多くの児童・生徒・学生とその保護者のみなさまや、また正対する学校の先生方、学習塾の先生方やその身近にあって教育を支える方々とお付き合いをさせていただき、さらには自分自身が学習塾=言問学舎を経営する上で知り得たことがらの一端を、子育て、教育に心を砕いておられる保護者のみなさまの益に資するよう、ご提供したいと考えてのことであります。

 言問学舎という塾の名、またこうした日々の情報発信を目に留めていただくための記事が主となるふだんの活動からすこしはなれて、今日は言問学舎の、国語以外の部分のご紹介が中心です。


◎沿革
 言問学舎は、舎主であるわたくし小田原漂情が経営する有限会社言問学舎単体の企業体です。資本的にも、指導方針その他の面でも、親会社やグループの指示、影響といったものを一切受けることなく、わたくし自身の理念と良心にもとづいて、すべての経営方針を定めております。「音読と読解、表現の講座」を中心とする独自の国語指導に、最大の特色があります。

 しかしながら創業時より、小学生の4教科、中学生・高校生の5教科に完全対応をする総合学習塾として、とくに文京区本郷・西片界隈の地元のお子様方を対象に、日常学習(勉強の習慣づけ、勉強に対する意識づけ)から中・高の定期試験対策、そして中学・高校・大学受験指導まで、幅広いニーズに対応してまいりました(大学受験は初年度より対応、中学3年の3期生が大学受験に挑んだ平成20年より、全面的に募集・対策を致しております)。


◎人員体制
 4科・5科対応を可能とする体制面の支えとして、英語のエキスパートをはじめとする3名の社会人講師に加え、最寄りの東京大学の大学院生・学生と、言問学舎で勉強した卒塾生である大学生からなる講師陣を常時10名から15名、擁しています。この講師たちは長く定着して力を発揮してくれており、また採用時には面接のほかに作文試験を実施して人間性を見きわめた上、研修を通して言問学舎の教育理念への理解を十分深めてから、教務の実務に投入しています。また、ふだんの授業の様子にも舎主自身が目配りを欠かしませんから、「講師に任せっぱなし」のようなことはなく、講師との打ち合わせも常時綿密に行なっています。


◎入試に対する取り組み
 現在の東京都立高校入試においては、音楽・美術・技術家庭・保健体育の実技4科の評定が、調査書点(内申点)で2倍になります。従って、定期テストでの実技4科の結果が、受験校選びや実際の合否において、大きく影響するのです。

 言問学舎では、やはり創業当初(実技4科の評定が1.3倍の時代)から、3年2学期には期末テスト対策として、実技4科のテスト対策を行なって来ました。そして2倍になることがわかった平成27年からは、全学年の1・2学期に、実技4科のテスト対策を拡大しています(3年2学期以外は、実費教材費のみをいただく任意申込制です)。


◎全力で、全科に対応します
 このように、国語の力をつけることを主眼としながら、塾に来てくれる子たちの最大の目標である「受験」に対して、望み得る限りの対策を徹底し、子どもたちの夢をかなえることが、言問学舎の本質であり、大きな特色です。高校受験、中学受験においては、長いお付き合いのある私学さんとも綿密に連携して、入学後にもさまざまに気を配ります。

 またわたしくは、小学生の国語・算数・社会、中学生の国語、数学、社会、高校生の国語、日本史を担当します(高校2年までは、世界史、政経、現代社会も)。昨年度の中学3年生の数学では、偏差値を18伸ばし、数学が苦手だった生徒から、「得意教科になった」との言葉をもらいました。


◎一部クラスは残席わずか。お早めにご相談下さい
 この連休中は、4日から6日までお休みとさせていただいておりますが、7日より通常営業として、新たな塾の仲間をお待ちしております。小学4年生の1クラス(月・水クラス)、小学6年生の受験クラス(本年度は公立中高一貫校受験生を中心としております)については、募集定員まで残席が少なくなっております。言問学舎で国語ほか各教科の学力を伸ばし、受験を成功させたい方は、ぜひお早めにご相談下さい。
 

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

新年度入塾生をひきつづき募集しております!4月30日・5月3日は受付日です!

2018年04月25日

 生徒・児童のみなさんにとっての一年のはじまりである4月が、あと少しで終わろうとしています。上の学校へ進学した方たちは、新しい環境の通学に、慣れてきましたか。またすべての学年のみなさん、新しい学年、新しいクラスになじんでいますか。

 環境になじむとともに、新しい学年の勉強もしっかり取り入れ、自分のものにしていきましょう。ゴールデンウィークは、家族での旅行や外出などを楽しむ、または学校の部活動などに打ちこむ時期ですが、この1か月に習ったことをしっかり復習する時間としても、とても重要です。「学校からの宿題」は、多くがそうした内容になっているはずですから、時間を決めて、しっかり取り組むようにして下さい。

 さて、本質的な国語力を育む文京区の言問学舎では、春前から多くの新入塾生をお迎えして、活気のある毎日を送っておりますが、本年度の新入塾生の方々を、ひきつづき募集致しております。連休中は保護者のみなさまのご予定も多いと考えられることから、入塾説明会等の行事は実施致しませんが、以下の日程は塾を開け、随時ご相談を受け付けさせていただきます。授業や面談などを実施している時間帯もありますので、入塾相談・体験授業をご希望の方は、メールまたは電話でおたずね下さい。

◇ゴールデンウィーク期間中の営業日・時間

4月28日(土)   11:00〜18:30
4月30日(月・祝) 13:00〜18:00
5月1日(火)    13:30〜21:30 通常営業(授業も通常どおり)
5月2日(水)    13:30〜21:30 通常営業(授業も通常どおり)
5月3日(木・祝)  13:00〜18:00
※4月29日および5月4日〜6日は休業とさせていただきます。5月7日より通常営業致します。一部学年・曜日の授業は空席が少なくなっております。お早めにご相談下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

大学受験の国語における「文法」について〜無料体験授業も開催致します!

2018年04月17日

 大学受験生のみなさん、いよいよ受験年度が走り出しましたが、国語、特に文法についての対策は、できていますか。ここでいう対策とは、動詞の活用を全部覚えているとか、助動詞の意味・用法や活用を暗記し終えているという意味ではなく、それらを古文の文章中で的確に判断する、その力が身についているでしょうか?という問いかけです。

大学受験における文語文法、すなわち古文の文法は、きわめて大事です。古文の出題がない大学(センター利用を含めて)だけを受験する方はもちろん不要ですが、国公立理系受験の方を含め、受験科目に古文が入っている方は、一学期のうちに文法の骨格をきちんとつかんでおきましょう。

センター試験では、古文のうち文法の出題は、ほぼ1問です。私大一般入試では大学の出題傾向にもよりますが、1問から3問程度の大学が多いです。

このことから、文法はないつもりで…と口にする高校生を時おり見かけますが、それでは全体で合格ラインを突破できるだけの得点を、国語で上げることはできません。その理由は大きく言って二つあります。

 まず、いわゆる文法、すなわち助動詞や助詞の識別などの問題は1問でも、センターではほかに文中での語釈の問題が3問あり(第3問の問1)、ここでも語句の意味だけでなく、文法の基礎知識が必要になります。これだけで、古文50点のうちの20点を占めるわけです。私大の一般入試においてもほぼ同様です。

 そして、さらに重要な点ですが、古文の場合は文法(と重要古語の意味)を押さえていないと、文章の内容が読みとれないことがあります。完璧でないにせよ、文法の基礎は十分理解しておかないと、大まかな流れをつかむこともできないのです。それができていて、ようやく次に、登場人物の動作や会話を切り分けて行く、という段階にすすみます。また、漢文受験が必要な方も、古文の文法がわかっていないと、理解できない部分が出てきますね。

 こうした文法の基礎の部分への対策を、夏休み、あるいは2学期になってからはじめようというのでは、合格の可能性を自らせばめようとするようなものです。夏休み、2学期には、身につけた文法を駆使して、文章理解に注力してこそ、高いレベルの得点をめざすことができ、合格もぐっと身近にたぐりよせることができます。

 今週末の21日土曜日、13時から、「大学受験のための古文・文法<無料体験授業>」を開催致します。国語を武器に大学受験を成功させたい方は、ぜひこの機会をご活用下さい。既卒者(浪人)の方にも対応致します。詳細は以下のリンクからご確認下さい。
http://blog5.kotogaku.co.jp/article/182977770.html 4月21日無料体験会のご案内


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com




posted by 言問学舎 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

21日土曜日は国語の相談会/入塾説明会と国語の無料体験会の二本立てです!

2018年04月14日

 学校の新学期がはじまってほぼ一週間が過ぎました。週明けからは、ほとんどの学校で授業が本格的にはじまってゆくことでしょう。新しく電車通学などを経験するようになった新1年生のみなさんは、すこし慣れて来られたでしょうか。

 言問学舎は、ことばの力を子どもたち一人一人がしっかり受けとめられるよう、音読を通して国語への親しみを深めさせ、感じ、考えたことを文章表現の形でしっかりあらわす力を身につけさせる、本質的な国語力をはぐくむ学習塾です。受験でも、国語や小論文・作文を武器にして夢をかなえた子たちがたくさんいます。

 新学期第3週目の21日土曜日は、年明けから大好評の「国語の相談会/入塾説明会」に加え、実際にお子さんたちに言問学舎の国語指導を体験していただく無料体験会を併催します。当日のスケジュールは以下の通りです。無料体験ご希望で、当日の内容・学年以外の方は、別途個別に対応させていただきます。ご相談下さい。

◇国語の相談会/入塾説明会および国語の無料体験会 実施要領

開催日
4月21日(土)        
 
時程・内容
11:00〜 
国語の相談会/入塾説明会 
好評の説明会です。ご予約なしでご参加いただけます。

13:00〜 80分授業
大学受験のための古文・文法<無料体験> 定員3名
大学受験生の方の、文語文法を無駄なく理解するための講座内容です。
※高2の方はご相談下さい。

16:30〜 60分授業 
小学生の作文<無料体験> 定員4名
小学5・6年生対象で、公立中高一貫校の適性検査対策を主眼とします。
※その他の文章記述希望の方、4年生以下の方もご相談下さい。

予 約
「国語の相談会/入塾説明会」は予約不要ですが、全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。国語の無料体験会は、前日までにご予約下さい。

※ご相談、無料体験授業等は、随時受け付け致しております。内容に関しても、随時、電話・メールでお気軽にご相談下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

ことばの力を受けとめる実例と、言問学舎の国語教育

2018年04月12日

 昨日、日ごろお世話になっている私学さんの入試報告会にお邪魔するため、上野の不忍池のほとりを歩いていました。ソメイヨシノはもうほとんど散っていましたが、オオシマザクラというのでしょうか、白い花と緑の葉が同時期に盛りを迎える樹種の桜がみごとに咲きほこっており、折からの強い風にあおられて、白い花弁がぱあっと散るさまを、目の当たりにしたのです。

 近ごろ私は短歌の実作を日常のなりわいとはしていないのですが、その時は、久しぶりに言葉が向こうからたずねて来てくれる感覚で、一首が整いました。

   ゆくりなく花散りきたり不忍の池のほとりをもとほれる朝  漂情

 「ゆくりなく」は思いがけず、とつぜんに、といった意味の形容詞(連用形)、「もとほれる」は巡る、回るという意味の四段動詞「もとほ(お)る」に完了・存続の助動詞「り」を接続させたものです。

 かつては短歌を主として執筆をしていましたから、言葉を選び、一首を仕上げるのは恒常的な生活の一部でしたが、実作が日常のリズムの中に位置を占めていない現在、すうっと一首の短歌の形に言葉が組み上がるのは、ちょっと不思議な感じでした(もちろん快さが付随しています)。

 さて、本題に入りたいと思います。私の個人的感懐におつき合いいただくのが目的ではなく、子どもたちの「国語の勉強」に関しても、同様のことがありうるということをお伝えしたいと考えて、この一文を掲載させていただいております。

 子どもたちは、「むずかしい国語の勉強」をくりかえす中で、「国語力」を身につけ、向上させるのでしょうか。むろん国語が好きな子、あるいは高校生レベルになれば、そういうケースもあるでしょう。しかし国語の勉強とは、テクストとして読んでいる多くの作品、そしてそこで用いられている数多の「ことばの力」にふれること、そこから国語そのものの力を受けとめることにこそ、その最大の価値があると考えるのが、私ども言問学舎の国語教育の理念です。

 国語の授業で詩歌を書かせることもありますが、具体的なそうした取り組みについて言うのではありません。学校の教科書や塾用の教材、また言問学舎オリジナルの国語教材に掲載されている文章を、塾での年間の授業に限っても、二、三十編は読むはずです。そうした文章にちりばめられていることばの力を、子どもたちの中に潜在的に蓄えられている力と出会わせること、そこから子どもたちが国語力を伸ばすこと。それが国語指導の目標なのです。そのために「音読」が、大きなウェイトを占めています。

 こうした言問学舎の国語教育が、多くのご家庭やお子さんたちに受け入れられ、親しまれて、大きく羽ばたいた子たちがおおぜいいます。その国語指導のありようを、「国語の相談会/入塾説明会」で保護者のみなさまに、また無料体験授業でお子さんたちに、それぞれお伝えしております。次回「国語の相談会/入塾説明会」は14日土曜日開催です。詳細は以下のリンクよりご確認下さい。
http://blog7.kotogaku.co.jp/article/182944290.html 「国語の相談会/入塾説明会」ご案内

DSC_0248 (002).JPG


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
 


posted by 言問学舎 at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

【募集】2018年度第1回実用英語技能検定実施のお知らせ<準会場>

2018年04月10日

 文京区の総合学習塾言問学舎は、英検・漢検の準会場として多くの皆さまの受検(会場ご利用)をお待ちしております。本年度第1回の英検を以下の日程で実施致します。

<2018年度第1回 実用英語技能検定【準会場】 実施要項> 

実施日 6月2日 土曜日

時間帯および検定料 
〜今回は級別の実施順が決定済みです。開始時間の大体の目安を記します。 

3級  12時20分ごろスタート   検定料3,400円

5級  13時55分ごろスタート   検定料2,000円

2級  15時00分ごろスタート   検定料5,400円

4級  17時10分ごろスタート   検定料2,100円

準2級 18時25分ごろスタート   検定料4,800円

※正式なスタート時間は、すべての方のお申し込みが終了した後で最終決定致します。本日お知らせの目安の前後15分ほどの幅で、変更となる場合があります。級ごとの順序は変わりません。また検定料は協会所定の準会場検定料です。

お申し込み方法
 お問い合わせメールフォームまたはお電話にてお申し込みの上(この時点で正式に受付し、お席を確保します)、一度弊社までお申し込み手続きにお出で下さい。ご遠方もしくはお仕事のご都合などで事前手続きのしにくい方は、言問学舎舎主小田原まで、電話でご相談下さい。  

お申し込み締切日 5月9日 水曜日 

※各検定協会の規程により、お申し込み後のキャンセルはお受けしかねますので、ご承知置き下さい。

★南北線東大前駅下車徒歩3分、大変利用しやすい環境です。
(ほか、都営三田線・大江戸線春日駅徒歩10分。根津駅・本郷三丁目駅や路線バスもご利用になれます。詳しくはHPのアクセスをご覧下さい。)

★言問学舎の塾生以外の一般の皆様(検定のみの方)も、ぜひご遠慮なくご利用下さい。塾生になる必要などはありません。準会場としてお断りするまでもないことですが、受検されるにあたって「入塾の勧誘」に類する行為は一切行なっておりません。詳細については言問学舎専用ホームページ「英検・漢検の準会場」のページ等、あわせてご覧下さい。

★本年度新学期入塾生についても募集中です。日々の勉強や受験のことでお困りのことがある方は、本サイトほか言問学舎からのご案内を、ぜひご覧下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

ひきつづき「国語の相談会/入塾説明会」を開催致します!

2018年04月07日

 南北線東大前駅1番出口を地上へあがったところの本郷通りは、桜がみごとです。この数日、その木々が完全に葉桜になって来たな、と思うと、これも毎年見慣れている根津神社のつつじ祭りの看板が立っていました。今日からつつじ祭りがはじまったようです。十数年前に一度行ったことがありますが、最近は土曜日も夜まで授業をしているため、なかなか仕事帰りに根津神社へ、というわけにも行きません。しかし都内有数のつつじ苑はみごとなものですし、屋台もたくさん出ていて、味わい深いです。

 さて、受験から進学、進級の桜の時期が過ぎ、つつじの季節になると、学校は新学期。子どもたちにとっては新しい一年のはじまりですし、塾としては、新学年の子たちをできるだけ順調に新しい勉強になじませてゆくべき、大事な時期となります。

 ひきつづき、今年1月から大好評の「国語の相談会/入塾説明会」を開催致します。詳細は以下の通りです。

◇新学期第2回国語の相談会/入塾説明会

日 時:4月14日(土) 11時00分〜/16時30分〜

会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 南北線東大前駅徒歩3分
          白山駅、春日駅、本郷三丁目駅、根津駅もご利用いただけます。

内 容:15分〜20分の全体説明の後、個別相談(お申し込み先着順)となります。ご参加の組数によっては、当初から個別相談となる場合もあります。

予 約:不要ですが、全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。

※ご相談、無料体験授業等は、随時受け付け致しております。内容に関しても、随時、電話・メールでお気軽にご相談下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

公立中高一貫校受験コース(記述対策授業)は来週からスタートします!

2018年04月06日

 毎年各校で6〜7倍以上の志願者を集めている、東京都立などの公立中高一貫校の適性検査では、何よりもまず「記述力」が問われます。特に「適性検査T」の長文記述では、課題文の内容を正確に読みとる「読解力」と、条件に従った上で自分の考えをきちんと書く「表現力」が重要で、多くの受験生が苦戦しているところでもあります。

 本質的な国語力をはぐくむ言問学舎では、この「適性検査T」の指導を、都内の公立中高一貫校がそろった当初から、得意としています。昨年度は、千代田区立九段中等教育学校受験を目標に入塾した生徒を無事、合格させることができましたが、その受験生の親御さんからは、「言問学舎で記述対策授業を受けるようになってから、模試における適性検査Tの成績が伸びて行き、合格につながった」とのお言葉をいただきました。

 授業においては、現在制作進行中の国語教材『音読で育てる読解力』や、小石川中等教育学校の初期の適性検査T対策で制作・販売した『国語の要』などオリジナル教材をふんだんに使うほか、読解、表現を根底から育てる本質的な国語指導の力を、少人数(1クラス募集定員4名)の生徒たちにしっかりと注ぎます。

 来週から本格的に「公立中高一貫校受験コース(記述対策授業)」がスタートしますので、受講ご希望の方は、下記のスケジュールにあわせて、無料体験授業にご参加下さい。新5年生、新6年生とも、募集人員は3名となっています。お早めにお申し込み下さい。

◇公立中高一貫校受験コース(記述対策授業)・時間割

・新小学5年生 毎週木曜日 18時10分〜18時55分 ※多少の延長あり
・新小学6年生 毎週火曜日 18時10分〜19時10分

 上記時間割が「適性検査T」を主対象とする記述対策の授業です。実際の通塾時には、ほかに算数・社会・理科などの授業を組み合わせることができます(5年生は国語も)。詳細はご相談下さい。

 4月14日(土)に、新学期第2回の「国語の相談会/入塾説明会」を開催致します。時間は午前11時〜正午と、午後4時半〜5時半の2回です。詳細は以下のリンクよりご確認いただけます。
http://blog5.kotogaku.co.jp/article/182920591.html


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com





posted by 言問学舎 at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

新学期第1回「国語の相談会/入塾説明会」を4月7日(土)に開催致します!

2018年03月30日

 例年より早く開花した桜の花が、日々道ゆく人々を楽しませてくれています。私ども学習塾の業界は、2月、3月が「新学期」というなりわいですが、学校をベースとした社会全般の感覚では、4月、とくに始業式が行なわれて、はじめて「新学期」というところでありましょうか。新中学3年生には、受験生としての自覚を持たせるために、都立高校入試(一次・前期)が終わった時から「中3」扱いをしているのですが、本人たちは「3月31日までは中2です」と、必死に抵抗している次第です。

 春期講習も、前半の一週目が終りに近づきました。今年お迎えした新入塾生たちもすっかりなじんで、教室は毎日活気にあふれています。新5年生、新6年生それぞれに、公立中高一貫校受験コースもスタートしました。

 春期講習中の授業を無料体験授業とすることができる旨、すでにご案内させていただいた通りですが、
春期講習明けの4月7日土曜日、「新年度」第1回の「国語の相談会/入塾説明会」を開催致します。この説明会の前に無料体験授業を受けていただくと、学校の新学期がはじまるのとほぼ同時に、塾での勉強を効果的にスタートさせることができます。開講学年・科目・時間については、個別にお問い合わせ下さい。

◇新学期第1回国語の相談会/入塾説明会

日 時:4月7日(土) 11時00分〜/16時30分〜

会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 南北線東大前駅徒歩3分
          白山駅、春日駅、本郷三丁目駅、根津駅もご利用いただけます。

内 容:15分〜20分の全体説明の後、個別相談(お申し込み先着順)となります。ご参加の組数によっては、当初から個別相談となる場合もあります。

予 約:不要ですが、全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。

※ご相談、無料体験授業等は、随時受け付け致しております。内容に関しても、随時、電話・メールでお気軽にご相談下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com





posted by 言問学舎 at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

新高3生、新中3生の春期講習/合格のためのスタートは、まさに今!春期講習説明会も実施します

2018年03月14日

 3月も半ばとなりました。あたたかい一日です。来春大学受験、高校受験に臨む新高3生、新中3生のみなさん、受験勉強の準備は整っていますか。国語を受験の柱とする文京区の言問学舎では、3月24日から春期講習を開講します。本日は、とくに大学受験生、高校受験生の方たちのために、春期講習直前のご案内をさせていただきます。

 新高3生のみなさん、大学受験の「国語」では、古文と現代文、双方とも高得点を取ることが、合格のために重要です。「古文は文法中心で」「現代文は出たとこ勝負(あるいは問題演習をひたすらやるだけ)」という姿勢では、第一志望やチャレンジ校の合格は、望めません。国語は8割以上が狙える科目ですから、ここで稼ぐ側に回れば、合格をぐっと手もとに引き寄せられるはずなのです。

 そのためには、まずこの春期講習で、文語文法の一通りの復習(自信がある人は、総点検)をしてしまいましょう。知識・基礎としての文法を固めることで、入試問題への対応もしやすくなりますし、文法を前提としての内容理解まで、すすむことができます。

 また現代文は、春期講習から1学期の間は、「文章読解力そのものの勉強」ができます。たとえばこれまでの一年間に習った夏目漱石の『こころ』を通して文章の深さを味わうこともできますし、評論文の骨格となる文章(あまり難解でなく、一方で多様な文章を読むためのベースとなるような良い文章)を読んで、評論を読む地力を養うこともできるのです。

 国語で大学受験を成功させたい方は、ぜひ言問学舎の春期講習を活用して下さい。

 新中3生のみなさんは、どうでしょう。「実際の受験勉強はまだ先だ」あるいは「夏までに教科書の勉強を終わらせる」など、ある雰囲気に惑わされていないでしょうか。たしかに私立最難関校を受験することが確定している場合、早期に中学のカリキュラムを終えることは必要です。しかしそれ以外の大多数の中3生は、まず2学期の通知表の評定、いわゆる内申点の確保が、2学期までの間ではもっとも重要な要素となります。

 そしてまた、本番の高校入試に臨む上でも、中学の定期テストできちんと得点して内申を上げるためにも、等しく大切なのは、これまで勉強してきた1・2年領域の復習を、徹底することです。特に数学・英語は、今までの弱点をできる限り克服しておかないと、3年生の一年間の勉強を理解し、身につけて行くことが非常に難しくなります。言問学舎の中3生の春期講習は、1・2年の復習確認を徹底する、新中3の高校受験生のための講習です。

 高校受験のためにベストのスタートを切りたい方は、ぜひ言問学舎の春期講習を活用して下さい。

 春期講習直前説明会/国語の相談会を、3月17日(土)、21日(水・春分の日)に開催致します。詳細は以下の通りです。
 
◇春期講習直前説明会/国語の相談会

日 時:3月17日(土)   16時30分〜
    3月21日(水・祝) 11時00分〜/17時00分〜

会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 南北線東大前駅徒歩3分
          白山駅、春日駅、本郷三丁目駅、根津駅もご利用いただけます。

内 容:15分〜20分の全体説明の後、個別相談(お申し込み先着順)となります。ご参加の組数によっては、当初から個別相談となる場合もあります。

予 約:不要ですが、全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。

※ご相談、無料体験授業等は、随時受け付け致しております。内容に関しても、随時、電話・メールでお気軽にご相談下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

真の国語力はどうすれば身につけられるか?言問学舎の読解力・表現力指導法

2018年03月11日

◎いまの子どもたちの「国語力」について

 「国語力を身につけることが大切だ」とお考えの保護者の方が、ここ数年比率としても増え、さらに真剣さの面でも、従来以上にその度合いを強くしていることを感じています。新学習指導要領や大学入学共通テスト(仮称)の影響も大きいでしょうし、一方ではまた、子どもたちの国語力の低下を、身をもって感じている方が増えているためではないでしょうか。

 言問学舎は2003年6月の開業です。かんたんに言って、00年代、10年代という二つの時代を見て来ていますが、それより前、90年代にも、私は学習参考書の出版社に勤めていて(88年より)、多くの塾の先生方から、子どもたちが国語が苦手である、国語を何とかしたい、というご意見を、お聞きしておりました。この時の経験が、言問学舎の創業にも大きく関与しています。

 さて、では00年代と10年代で、子どもたちの国語力、国語に対するかかわり方は、変わったのでしょうか。はっきり「そうだ」と言える面もあり、「変わってはいない」面もあるというのが、率直なところです。変わった方から挙げると、読むのがきらいだ、読んでも何も感じない、という子がさらに多くなったと言えますし、その低年齢化も進んでいるように思われます。単純に原因・理由を決めることはできませんが、携帯電話・スマートフォンに代表されるデジタル機器の普及が進んだこと、小学校でのテスト(国語)が増え、1年生でもテストの得点で悩む子が多くなったことなどが、その背景にあると思われます。

 後者については、2009年に小学校、2010年に中学校の指導要領が改訂され、いわゆる「ゆとり教育」から「学力重視」への転換が行なわれるようになりましたから、00年代と10年代の「変わり目」として、大きな要素であったことは間違いないでしょう。前述した通り「理由は一つではない」のですから、「学力重視」が国語力低下の原因だなどとは、毛頭考えておりません。ただ、テストが多くなる環境の中で、子どもたちが国語を学ぶ場面にゆったりと言葉を味わい、感性を育むような土壌が期待できるのかというと、望みは薄いように思います。

 ところで、「国語が苦手、きらい」な子が、21世紀になって突然増えたわけでもありません。先述した90年代にも、「大学生の国語力低下」が言われていましたし、40年前、50年前にも、もちろん国語が苦手な子は大勢いたのです(ただ、「読んでも何も感じない」と公言するような子は、少なかっただろうと考えられますが)。その意味では、2010年代の現在とて、子どもたちの国語に対するかかわり方は、「変わっていない」とも言えるわけです。文章を読むこと、そして考えて書くことが苦手な子どもは、いつの時代にもいるのが当然だ、というのも、一面また真実だと言えるでしょう。

◎どうすれば「国語力」は身につけられるのか

 さて、ではどうすれば、国語力を身につけることができるのか。これが本題です。そして答えは、かなり単純なのですが(しかし、決して簡単ではありません)、正しい音読をし、国語そのものに親しむこと。そして、言葉そのものの持つ力を思考と体感の両面から吸収し、自分自身の力に置き換えて行くことです。

 言問学舎では、「音読と読解、表現」の授業で、このことを実践しています。去年の秋から通っている小学生のお母様は、「読むことが楽しくなり、書くことにも自信が持てるようになったようだ」という意味のことを、先日言って下さいました。「正しい音読」とは、文章の意図するところが子どもにしっかり伝わるような音読のことですが、いま一つ、それは子どもにとって「楽しい」ものであり、もって国語が「きらい」から「好き」になる最初の架け橋であるのです。

 そして、言問学舎オリジナルの読解シートで、読んだ文章の内容について無理なく考えたことを書き出して行き、最後に短い感想文にまとめることで、「読み、考えて、書く」という国語のもっとも大切な過程を十分に経験することができるのです。冬期講習では、『ごんぎつね』について新規に作成した読解シートを使って、学校の授業ではだいぶ苦戦していたという子が、親御さんが感心されるほどの感想文を書き上げることができました。

◎国語の力は、一生の力

 この形の国語学習は、もちろん「受験」のためにも大きな力になります。私立中学受験生の場合、当然過去問や、その前の段階でも「国語」の問題演習を併用しますが、4年生、5年生の段階で「音読と読解、表現」の授業をしっかり受けている生徒の方が、首都圏模試等の模試の成績も一般にすぐれています(問題演習を中心に指導した子にくらべて)。公立中高一貫校の適性検査の記述対策に適していることは言うまでもなく、中学、高校へ進んでからも、さらに大人になってからも自分を支え、作り上げて行く「言葉の力」を身につけることのできる、本質的な国語の勉強なのです。

 現在、「国語の相談会/入塾説明会」および「中高一貫校受験希望者のための長文記述(作文)無料体験会」の開催をお知らせしておりますが(14日まで)、それ以外の学年の方の無料体験授業やご相談も、随時受け付け致しております。国語、受験その他お子様の教育全般について、お気軽に言問学舎舎主・小田原漂情にご相談下さい。

 
◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

3月期「国語の相談会/入塾説明会」を、土・日および平日夜・昼と開催します!

2018年03月06日

 土、日、月と暖かい日がつづきましたが、今日はだいぶ気温が下がりました。明日の朝はさらに冷え込むという予報も出ています。この季節の常とはいえ、体調を崩さないよう、お子さんたちも保護者の方々も、十分注意していただきたいと思います。

 合格発表を心待ちにし、あるいはこれからの試験に力を尽くす方たちもまだおられる時期ですが、来年以降の受験をめざす方たちには、新しい一年のはじまりの時期となっています。本質的な国語力をつける文京区の言問学舎では、1月以来大好評の「国語の説明会/入塾説明会」を、来週にかけて土・日および平日夜、昼と開催致します。中・高・大学受験生、また先々を見すえてお子さんにしっかりした国語力を、とお考えの保護者の方々、ぜひこの機会に言問学舎をおたずね下さい。

 実施要領は以下の通りです。多様な時間設定をしておりますので、ご都合の良い時間帯にお出かけ下さい。
 
◇第7回(週) 入塾説明会/国語の相談会

日 時:3月10日(土) 10時30分〜/13時30分〜/17時30分〜
    3月11日(日) 10時30分〜/14時30分〜/17時00分〜
    3月13日(火) 18時30分〜
    3月14日(水) 15時30分〜

会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 南北線東大前駅徒歩3分
          白山駅、春日駅、本郷三丁目駅、根津駅もご利用いただけます。

内 容:15分〜20分の全体説明の後、個別相談(お申し込み先着順)となります。ご参加の組数によっては、当初から個別相談となる場合もあります。

予 約:不要ですが、全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。

※ご相談、無料体験授業等は、随時受け付け致しております。内容に関しても、随時、電話・メールでお気軽にご相談下さい。

★同期間に、「中高一貫校受験希望者のための長文記述(作文)無料体験会」も開催致します。詳細は以下のリンクよりご確認下さい。
http://blog5.kotogaku.co.jp/article/182580240.html 長文記述(作文)無料体験会のご案内


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

公立中高一貫校受験は言問学舎で!長文記述(作文)の無料体験会を実施します!

2018年03月04日

 真の国語力を身につけると、それは一生の力となります。受験でも、大きな力になります。受験については、今年、千代田区立九段中等教育学校<区分B>の合格者、東京都立北園高校の推薦入試合格者が、そのことを実証してくれました。

 国公立大学の前期合格発表と後期試験、都立高校の二次募集・分割後期募集、その他私立大学、私立高校の3月入試なども残っていますが、多くの入試が終了し、雛祭りも終わって、今日はあたたかい一日となっています。ようやく春がやって来ましたね。

 さて、言問学舎は「本質的な国語の力をつける学習塾」であり、公立中高一貫校の「適性検査T」にあたる長文記述(作文)指導を、得意としています。今回九段に合格した受験生は、もともと大手の中高一貫対策塾に通っていて、結果的に合格まで<併用>しましたが、大手塾の模試の成績から見ても、「適性検査T」の部分が言問学舎に通いはじめてから上昇し、それが合格の決め手になったということを、親御さんが言って下さいました。

 これから中高一貫校をめざすお子さんたちのために、長文記述(作文)の無料体験会を開催致します。新6年生を主対象と致しますが、新5年生にもご参加いただけます。新4年生以下の学年の方は、別途無料体験授業が受けられますので、ご相談下さい。

◇言問学舎 中高一貫校受験希望者のための長文記述(作文)無料体験会

日 時
3月10日(土)14時50分〜15時50分
        15時55分〜16時55分
3月13日(火)17時00分〜18時00分
3月14日(水)17時00分〜18時00分

対 象
新小学6年生(新小学5年生も参加可です)

定 員
新小学6年生 4名 ※新小学5年生を含め、最大6名まで

費用・持ち物
無 料 筆記用具だけお持ちください

お申し込み方法 
電話またはメールでお申し込み下さい。残席が少なくなりましたら、Webにて告知します。

※10日(土)、11日(日)には好評の「国語の相談会/入塾説明会」開催します。詳細について以下のリンクよりご確認下さい。
http://blog7.kotogaku.co.jp/article/182580395.html 国語の説明会/入塾説明会のご案内

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

お待たせしました!2018年春期講習のご案内をさせていただきます。

2018年03月02日

 昨日、東京都立高校入試の合格発表がありました。普通科全体の倍率が1.4倍を超えるようになってから、都立入試は高倍率がつづいており、今年は普通科以外がやや大きく倍率を下げましたが、普通科はわずかな減にとどまり、ひきつづき厳しい入試となりました。

 まもなく発表されるであろう二次募集・分割後期募集を受験する方もおられるでしょう。二次・分割後期は倍率が高く、精神的にもきびしいものがあると思いますが、取り下げ・再提出も十分検討し、体調管理にも万全を期して、最後のチャンスに全力を尽くして下さい。

 さて、言問学舎でも2017年度の受験指導は完了しました。ご案内が遅くなりましたが、本年度春期講習の概要をご案内させていただきます。「春期講習」ページの更新も並行して作業中ですが、そちらの方は少々お待ち下さい。

◇2018年 言問学舎 春期講習のご案内

学びの「一年の計」は、春期講習にあり!現在の小・中・高校生にもっとも必要なのは今までの復習です。復習をしっかりやって、かろやかに新学年のスタートを切りましょう!

講習内容<概要>

★受験生

中学受験の新小学5年生
中学受験のための勉強のスタート。国語では「読解」の根本の力を養います。

中学受験の新小学6年生
8月〜10月で全課程を終え、過去問演習に入るための土台づくりをします。

新中学3年生
中3生はこれから1年の学習が最重要。そのために1・2年の復習確認を徹底します。

新高校3年生
長丁場かつ短期間の大学受験。春期は必須のことを最短・最速でマスターしましょう!

★受験生以外

小学生
算数では苦手の克服と重要単元の復習。国語は感性をゆたかにする音読・読解を。

新中学1年生  
小学校のおさらいと中学校の最初の範囲の学習
(算数・数学=正負の数、国語=言葉の単位、英語=アルファベット、単語、be動詞=学校図書版・トータルイングリッシュでは一般動詞)→中学校の授業に無理なく入れます

新中学2年生
1学期は部活も勉強も大変。せめて1年の復習はしっかりやっておきましょう。

新高校1年生
受験した人はこれからスタート!一貫生は、高校生活の足場をここでつくりましょう!

新高校2年生 
国語を中心に、2年次は「実戦型」への転換期。「実戦力」のベースをつくる時です。

実施要項<コマ数・費用等>

小学1年生〜4年生
総合コース
1,980円×受講時数
国語専科
2,500円×受講時数

小学5・6年生総合コース
2,400円×受講時数
国語専科
3,200円×受講時数

小学5年生私立中受験コース
2,700円×受講時数
小学6年生私立中受験コース
3,200円×受講時数

中学1年生・2年生
7日間計14時限 3教科   
講習費23,800円  教材費1,728円

中学3年生
8日間計24時限 5教科   
講習費29,800円  教材費2,160円
各学年 国語専科4,500円×受講時数

高校1年生・2年生
2,900円×受講時数    
高校3年生
3,600円×受講時数
各学年 国語専科4,500円×受講時数

※ご相談、無料体験授業等は、随時受け付け致しております。内容に関しても、随時、電話・メールでお気軽にご相談下さい。
※また明日、明後日、本年大好評の「国語の相談会/入塾説明会」を開催します。詳細は以下のリンクよりご覧下さい。
http://blog7.kotogaku.co.jp/article/182534036.html 国語の相談会/入塾説明会のご案内


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

AI時代、グローバル時代だからこそ国語が大事!言問学舎は真の国語力をつける学習塾です!

2018年02月24日

 大学入試センター試験に代わる「大学入学共通テスト」の導入まで、あと3年になりました。2年後からは、小学校で新学習指導要領も実施されます。新学習指導要領では、「言語能力の確実な育成」が掲げられており、大学入学共通テストは、資料や課題文からの読み取りではあるものの、従来型の「知識・正解」を問うテストではなく、自ら考えて正解を創り出す設問、すなわち、「思考力」が問われるテストとなります。

 そしてAI(人工知能)が多くの分野で人間にとって代わり、グローバル化の時代とされるこれからの世の中ですが、そうした時代だからこそ、国語=日本語の力をしっかり身につけることが、重要になるでしょう。AIに代行されない力、それは人間の力すなわち「心」であり、言葉=国語がその大元をつかさどるからです。言問学舎は、本質的な国語の力をつける学習塾です。

 真の国語力を身につけると、それは一生の力となります。受験でも、大きな力になります。今年、中学受験では、千代田区立九段中等教育学校<区分B>の合格者が、そのことを実証してくれました。

 東京都立高校の一般入試(第一次・分割前期)も終わり、春ももう、すぐそこまで来ています。ひきつづき、好評の入塾説明会/国語の相談会を開催致します!

◇第6回(週) 入塾説明会/国語の相談会

日 時:3月3日(土) 10時30分〜/13時30分〜/16時30分〜
    3月4日(日) 10時30分〜/13時30分〜/17時00分〜

会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 南北線東大前駅徒歩3分
          白山駅、春日駅、本郷三丁目駅、根津駅もご利用いただけます。

内 容:15分〜20分の全体説明の後、個別相談(お申し込み先着順)となります。ご参加の組数によっては、当初から個別相談となる場合もあります。

予 約:不要ですが、全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。

※ご相談、無料体験授業等は、随時受け付け致しております。内容に関しても、随時、電話・メールでお気軽にご相談下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

まもなく都立高校一般入試!今週は土曜日に入塾説明会/国語の相談会を開催します!

2018年02月20日

 今週金曜日、23日に都立高校の一般入試(第一次・分割前期募集)が行なわれます。専門学科等を含めた全体では、少々倍率は下がり気味ですが、全日制普通科では微減であり、今年もきびしい入試となりそうです。

 私ども言問学舎でも、去る土・日に2日間連続で対策特訓授業を実施し、ほぼやれることはやり切ったと考えられる状況下で、国語の大問4の記述など、具体的に得点の上積みが図れそうな内容を個人別にピックアップして、最終調整をすすめております。

 いつもお話しする通り、最後の授業を終えて送り出してしまえば、あとは祈るのみ。それでもあと2日間、やれること、やるべきことをやりつくして、受験生たちが最大限の力を出せるよう、例年通りの過ごし方をするばかりです。

 金曜日に都立高校一般入試が終わると、今年の受験指導も終了。新しい仲間を迎えるために、ひきつづき好評の入塾説明会/国語の相談会を開催致します。公立中高一貫校を含む中学受験、都立推薦を含む高校受験、センターからの国公立大学を含む大学受験。そして長いスパンでしっかりした国語力をつけさせたい保護者のみなさま、多くの方のご来塾を、お待ち致しております。

◇第5回 入塾説明会/国語の相談会

日 時:2月24日(土) 10時30分〜/16時30分〜
    
会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 南北線東大前駅徒歩3分
          白山駅、春日駅、本郷三丁目駅、根津駅もご利用いただけます。

内 容:15分〜20分の全体説明の後、個別相談(お申し込み先着順)となります。ご参加の組数によっては、当初から個別相談となる場合もあります。

予 約:不要ですが、全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。

※ご相談、無料体験授業等は、随時受け付け致しております。内容に関しても、随時、電話・メールでお気軽にご相談下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

好評の<書く力、考える力を育てる言問学舎の入塾説明会/国語の相談会>を土・日開催!

2018年02月12日

 一昨日から、私立高校の一般入試(併願優遇を含む)が実施されています。塾生たちは2日間で受験を終えましたが、今日以降も試験に臨む受験生がおられるでしょう。体調管理に気をつけて、全力を出し切ってほしいと思います。

 都立高校の一般入試も、11日後となりました。併願先も確保でき、あとは本番まで、できることをやるだけです。インフルエンザもはやっていますから、本当に健康管理には気を配って欲しいです。過去には2月15日ごろにインフルエンザに罹った高校受験生、1月31日に罹った中学受験生もいました。幸いその人たちは合格できましたが、入試前の貴重な時間を、闘病のために費やすようなことにだけは、避けたいものです。

 今週末の土曜・日曜は、都立入試前の最後の仕上げで、受験生に土・日特訓を行ないます。並行して、1月以来好評をいただいております入塾説明会/国語の相談会を、2日間にわたって開催します。これからの時代に強く求められる国語力、その本質的な力を多くの子どもたちに身につけさせて来た言問学舎の国語指導のありようを、ご覧下さい。

◇第4回 入塾説明会/国語の相談会

日 時:2月17日(土)  11時00分〜/16時20分〜
    2月18日(日)  11時00分〜/16時45分〜

会 場:言問学舎 ※文京区西片2−21−12 南北線東大前駅徒歩3分
          白山駅、春日駅、本郷三丁目駅、根津駅もご利用いただけます。

内 容:15分〜20分の全体説明の後、個別相談(お申し込み先着順)となります。ご参加の組数によっては、当初から個別相談となる場合もあります。

予 約:不要ですが、全体説明後の個別相談は、予約を含む先着順となります。

※ご相談、無料体験授業等は、随時受け付け致しております。内容に関しても、随時、電話・メールでお気軽にご相談下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
http://www.youtube.com/watch?v=9d_nMZpDjbY&feature=youtu.be

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ