ひろく一般のみなさまへ

言問学舎から一般の方へのお知らせです。
最近の記事

言問学舎の夏期講習・高校受験生のための無料体験授業ご案内

2017年08月19日

 長い夏休みも、東京都の公立小・中学校の多くで3分の2が終わり、のこり10日あまりとなりました。宿題は順調にすすんでいますか?また中学3年生で高校受験をされる方たちは、2学期からはいよいよ受験に向かってまっしぐらですね。9月末、10月はじめに行なわれる2学期の中間テストが、受験校を決める最初の勝負になります。

 文京区・東大前において15年にわたり、高校受験で高い実績を出しつづけている言問学舎では、夏期講習終盤から2学期の中間テストを見すえて、受験生を強力にサポートして行きます。ここから一生懸命頑張って成績を上げ、夢をかなえた卒業生もたくさんいます。

 中3生の夏期講習第V期は、以下の日程で7日間、これまでの復習の仕上げと中間テストの準備に入ります(特に国・数・英)。少人数制ですから、今から体験・入塾する方にもきめ細かく対応致します。

8月21日(月)17:40〜21:00 数学・理科・理科
8月22日(火)17:40〜21:00 英語・英語・国語
8月23日(水)17:40〜21:00 社会・国語・数学
8月24日(木)17:40〜21:00 数学・理科・理科
8月25日(金)17:40〜21:00 国語・英語・英語
8月28日(月)17:40〜21:00 国語・社会・数学
8月29日(火)17:40〜21:00 英語・英語・数学

 新しく言問学舎に来られる方は、以上の授業のうち8コマ(5教科受講予定の場合)を、無料体験授業として受講していただくことができます(9コマ目からは、1コマ1,838円×受講時数で受講可能です)。ここで言問学舎の授業を体験し、9月から本格的に中間・期末対策の勉強、そして高校受験に向けてスパートをかける、あるいは夏期講習V期から全力で勉強する、また一部教科のみの受講など、高校受験のために頑張る人の個別のニーズに、きちんとお応えします。

 上記授業への体験のお申し込みは、当日の16時までお受け致します(メールは13時まで。13時以降は電話でお願いします)。また日曜日は定休日となっています。その他の学年、内容に関しましても、電話またはメールでお気軽にご相談下さい。

※東京都の「受験生チャレンジ支援貸付事業」もご利用になれます。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

【改訂】言問学舎の夏期講習・大学受験国語特別体験授業のご案内

2017年08月16日

 言問学舎では、今日から夏期講習の後期日程に入りました。夏休みもあと2週間あまり。来春大学受験をめざすみなさんのために、<国語を武器に大学受験を成功させる>言問学舎の国語の授業を、無料体験授業として受けていただける機会を作りました。

・苦手の国語を克服して、センター突破をめざす方
・得意の国語に磨きをかけ、センター高得点はもとより、二次対策までがんばりたい方
・私大合格の切り札として、国語の得点力を上げたい方

 そのほか、大学受験(AO・各種推薦入試を含む)の国語の勉強、得点力アップを今から志す方のニーズに、幅広くお答えします。

 また、夏期講習特別企画として、通常は1回2時間までの国語の体験授業を、この特別体験授業限定で2時間×2回、受講していただくことができます。

 これから真剣に国語の勉強をしたいとお考えのみなさん、ぜひお見逃しなく、この機会を活用なさって下さい。

◇言問学舎の国語・夏期講習特別体験授業

日時
8月22日(火)18:50〜21:00 古文(希望あれば漢文含む) ※この回の日時を変更しました
8月26日(土)10:00〜12:00 現代文

会場
言問学舎 文京区西片2−21−12 ※南北線東大前駅徒歩3分

受講料
無料 ※弊塾所定の無料体験授業扱い。今回の講座に限り、2回無料で受講していただくことができます(どちらか1回受講して、その他に無料体験授業が設定できるわけではありません。「2回」はこの体験授業をまとめて受講する場合に限ります)。

内容
古文(文法含む)、現代文の基礎からセンターレベルまで ※ご希望に合わせます

受講を希望される方は、メールまたは電話でお申し込み下さい。2回とも前日夜8時までの事前予約制です。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

 
posted by 言問学舎 at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

暦の上では秋!夏期講習後半戦を有意義にご活用下さい!

2017年08月10日

 先月以来、豪雨に見舞われ深甚な被害を受けた福岡県、大分県ほか、今夏の豪雨の被災地と被災された方々に、心からお見舞いを申し上げます。

 東京は、一昨日立秋の声を聞くや33度の真夏日となり、昨日は37度、38度という猛暑日となりました。長い夏休みも今日で前半が終わりとなり、季節感としては、これから一日ごとに、秋に近づいて行く日々となります。子どもたちの夏休みも、このあたりからは進むのが速く感じられて、宿題のペースが遅い人は、だんだん焦りが出て来ることになるでしょう。

 言問学舎の中3生の一人は、かなりの量が出されている学校の宿題を、毎日午後1時から塾の自習室に来て計画的に進め、すでに終えました。今は高校受験に向けて、苦手科目を中心に、勉強に励んでいます(夕方からは夏期講習の授業に出て、夜9時まで)。

 学校の宿題のほか、帰省そのほか夏休みのイベントなどもたくさんあることと思いますが、特に来春大学受験、高校受験、中学受験をする受験生のみなさんは、秋からの勉強にそなえて、夏休みの後半を有意義に使うことが大切です。

 言問学舎の夏期講習は、16日(水)から後期日程に入ります。この中でご都合の良い日に体験授業を受け、9月からの通塾で受験に備えるなど、ご希望にあわせて柔軟に対応することができます。15日(火)の午後2時より受け付けを開始致しますので、国語を中心に、受験の「決め手」をさがしておられる受験生、保護者のみなさま、お気軽にご相談下さい。もちろんメールでのお問い合わせは、常時受け付け致しております。

 なお、大学受験、高校受験で基準に適合する方は、東京都の「受験生チャレンジ支援」制度の利用が可能です。資料も当方にありますので、お声がけ下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com





posted by 言問学舎 at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

立原道造「村ぐらし」を朗読しました!

2017年08月05日

 各地の豪雨、さらに台風と、なかなか夏らしい日がやって来ません。「詩の朗読」をはじめた一昨年以来、夏休みは立原道造の詩を朗読するならいでしたが、今年は「智恵子の半生」の朗読が7月の終りまでかかりましたので、少々遅くなりました。立秋を迎える前には、と思いまして、本日初期詩篇の中から代表的な「村ぐらし」を読ませていただきました。

 作品中、「あの人はそのまま黄色なゆふすげの花となり」という一節があります。のち昭和11年(1936年)には、「ゆふすげびと」という作品がありますが(「詩の朗読」既発表)、この頃から「あの人」は「ゆふすげの花」になぞらえられていたようです。この女性について、室生犀星の文章を引用します。

 「追分村の旧家に一人の娘がいて、立原はこの娘さんを愛するようになっていた。(略)私はその娘さんを一度も見たことはないが、一緒に散歩くらいはしていたものらしく、その途上にあった雑草とか野の小径や、林の上に顔を出している浅間山なぞが、娘さんのからだのほとぼりを取り入れて、匂って来るような彼の詩がいたるところにあった。娘さんとの交際は一、二年くらいの短さで終り、東京の人と結婚したらしい、いわば失恋という一等美しい、捜せばどこにでもあってしかもどこにもないこの愛情風景が、温和(おとな)しい立原に物の見方を教えてくれただろうし、心につながる追分村が、ただの村ざとでなくなっていたのであろう。」(我が愛する詩人の伝記)

 7月には、塾生の高校生が、お母さんと軽井沢へ泊りに行った土産話を聞き、私自身も立原や堀辰雄の軽井沢、追分にあこがれた学生時代や、その後数回遊びに行った二十年ほど前の一時期のことを、なつかしく思い返しました。

 まことに立原さんらしい、初期の一篇です。お目通しいただければ幸いに存じます。

https://www.youtube.com/watch?v=CAekqkXEVV4&feature  村ぐらし


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

夏期講習前期日程あと5日!体験授業にご利用下さい

2017年08月04日

 週明けの月曜日は立秋。暦の上ではこの日から、秋となります。子どもたちにとっては、まだまだ夏休みは先が長く、楽しい盛りであることと思いますが、来週いっぱいで、その夏休みも前半を終えることになります。

 私ども言問学舎の夏期講習も、来週、10日木曜日で、前期日程が終了となります。かねてお知らせ致しております通り、夏期講習をその先の勉強のために体験利用していただくこともできますから、夏休みの勉強の見直しやしめくくりとして、前期日程を体験し、後期または2学期から、本格的に勉強するきっかけとしていただくことが可能です。

 特に夏期講習後期・2学期からの勉強に向いているのは、高校受験の中学3年生、大学受験の高校3年生・既卒生です。夏期講習後期日程では、既成のカリキュラムだけでなく、少人数制の利点を生かして一人一人にあわせた対応が可能です。また大学受験の国語でも、ご本人の状況に合わせて、今後のために最適のプログラムを、個別に設定します。

 一人一人を大事に育てることで15年、文京区本郷・西片で信頼を守りつづけて来た言問学舎で、のこり半年の受験勉強を実りあるものとし、大きな夢を実現させましょう!

 もちろん他の学年の方、小学生の読書感想文指導についても、同様に体験授業から後期受講、2学期受講を申し込んでいただくことができます。多様なニーズにきめ細かく対応できますので、お気軽にご相談下さい。

※無料体験授業は、通常期の受講予定コマ数を、一週間分受講していただくことができます。詳細はメール・電話でおたずね下さい。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com




posted by 言問学舎 at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

「智恵子の半生」の朗読を終えました!

2017年07月29日

 5月の初めから、詩集『智恵子抄』に収められている「智恵子の半生」の朗読をつづけてまいりましたが、このほど全4回の朗読、公開を終えました。

 この、「智恵子の半生」の結びの部分で注目すべきは、智恵子さんがかつて油絵を断念し、断たれたかに思われた彼女の美へのこだわりが、紙絵政策によって成就した、とされている点でしょう。原文を引用します。

 <(前略)精神は分裂しながらも手は曾て油絵具で成し遂げ得なかったものを切紙によつて楽しく成就したかの感がある。百を以て数へる枚数の彼女の作った切抜絵は、まったく彼女のゆたかな詩であり、生活記録であり、たのしい造型であり、色階和音であり、ユウモアであり、また微妙な愛憐の情の訴でもある。彼女は此所に実に健康に生きてゐる。彼女はそれを訪問した私に見せるのが何よりもうれしさうであつた。私がそれを見てゐる間、彼女は如何にも幸福さうに微笑したり、お辞儀したりしてゐた。(後略)>

 わたくし自身も、この「智恵子の半生」の全文を朗読させていただき、改めて、言葉と文学の持つ力の大きさ、深さを、思いみた気がしています。

 なお「半生」とは、文字通り「人生の半分」の意であると辞書には書かれており、前半生、後半生というような使い方をするほか、現に生きている人の人生の一半を指すことが多い言葉だと思われます。それを、智恵子さんの生涯をつづったこの文章のタイトルにされたのは、もちろん光太郎さんの率直な思いとして、智恵子さんを、「すでに世を去った人」としたくなかったのだとも思われますが、より以上に、「智恵子は個的存在を失ふ事によつて却て私にとつては普遍的存在となつたのである事を痛感し」、「言はば彼女は私と偕(とも)にある者となり」という、のちの「元素智恵子」の「元素智恵子は今でもなほ/わたくしの肉に居てわたくしに笑ふ」に通ずるところの、「ともにある存在」としてのあり方が、大きな理由なのではないかと感じます。

 秋以降、関連の詩作品や文章の朗読を、つづけたいと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=OAdQ27kO8UU&feature 智恵子の半生 第4回(完結篇)


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 18:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

大学入試/過去の合格者&保護者の声をまとめてお伝えします

2017年07月26日

 夏期講習も、まもなくスタートして一週間となります。講習内容や指導のポイント、過去の実績など、これまで私ども内部からの発信内容をお伝えすることが多かったので、今日は大学受験に関して、過去の受験生や保護者の方からお寄せいただいた声を、まとめて紹介させていただきます。「口コミ」や「お客様の声」に掲載しているものが主となりますが、すこしちがった角度からご覧下さい。

Aさん
 私は小学校の時と高校3年の夏から通いました。高校3年次は、教科は国語で、私は3教科の中で一番苦手だった国語を教えてもらっていました。ここでは国語の概念がかわって苦手教科ではなくなり、文章を読む力もこの高3の夏からという短い期間でつくようになりました。

B君
私は小学校時代から、ずっと言問学舎に通いました。最後の一年間、高校3年生になって、その真価を知ることができたと思います。

 それは、ひと言でいうと、大学受験の勉強をしていながら、「受験勉強オンリー」ではなく、真の学力、教養が自分の身についたと感じることです。大学受験の評論文の勉強をする時でも、先生は、大学進学後の勉強を見すえて、いろいろな考え方や基礎知識も、教えてくれました。

 もちろん受験勉強としても、ここで国語の勉強をすれば、国語は平均して点が取れるようになるので、志望校合格を強力に後押ししてくれるようになりますよ。

 私大の一般入試期間などは、受験スケジュールにあわせて、授業時間に融通を利かせてくれますし、自習室もほぼ常時使えるので、とても勉強しやすい環境です(自習室については、小学生がいてにぎやかな時もあります)。
 最後にひと言。センター試験の自己採点の結果が芳しくなく、電話で報告した時の先生は、めちゃくちゃ優しかったです(笑) 

★AさんとB君は、もう一人の高3時のクラスメートと3人で、現在英語の講師として、言問学舎で活躍してくれています。みな留学を済ませたり、これから行こうとしたりしています。

C君のお母様
公募推薦入試では、小論文がむずかしいと思っていましたが、本人の書いた原文をもとに、高校生が書けるような添削例をきちんと作っていただき、それを手本に勉強したので、希望する学習院大学文学部哲学科に合格することができました。
D君のお母様
一年間ていねいに指導していただき、無事合格できました。最後の2ヶ月は毎日徹底的に見ていただいたので、その効果があったようです。ありがとうございました。

E君のお母様
 本当にメンタル面が弱く、本番ではどうなることかと思いましたが、とにかく国語はしっかり得点できる力をつけていただきましたので、希望する大学に合格することができました。

 みなさんが寄せて下さった言葉の通り、国語できちんと得点できる力をつけるほか、AO・各種推薦入試の小論文指導、そして受験直前期の集中特訓など、小回りの利く少人数制ならではの強さを生かして、入試前日まで綿密に受験のお手伝いを致します。

 夏期講習、少しでも時間が多く取れるうちに、言問学舎をおたずね下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com

posted by 言問学舎 at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

智恵子の半生 第3回の朗読を致しました!

2017年07月23日

 一昨年からYouTubeで、「小田原漂情 詩の朗読」の投稿をつづけています。今年は5月から、高村光太郎の「智恵子の半生」に取り組んでおり、当初は夏休み前に全文の朗読、発表を終える心算でしたが、諸々の事情により、このほど全4回のうちの第3回の発表となったものです。智恵子さんの病について、光太郎さんがその実相を推測されている下りですから、YouTubeの「説明」に書いた内容を、そのまま転載させていただきます。

 <智恵子は入院生活に至る直前まで、「異常」ではあったが、「異状」ではなかった、と光太郎は述懐する。「異常」とは、その眼に「阿多多羅山の山の上に出てゐる天空」を湛え、「隔絶的に此の世の空気と違つた世界の中に生きてゐた」ことを指す。そして「異状」ではなかったとしながらも、「四六時中張りきつてゐた弦のやうな」智恵子はついに、「極度の緊張に堪へられずして脳細胞が破れ」、「精根つきて倒れたのである」という。1947年(昭和22年)6月の「報告(智恵子に)」にみられる以下の詩句は、こうした智恵子のきびしい緊張を思って書かれたのだと、「智恵子の半生」は教えてくれる。

(前略)すつかり変つたといつても、 
    それた他力による変革で 
    (日本の再教育と人はいひます。) 
    内からの爆発であなたのやうに、  
    あんないきいきした新しい世界を   
    命にかけてしんから望んだ 
    さういふ自力で得たのでないことが  
   あなたの前では恥しい。
(後略)                       >

 わたくし自身、こうして「智恵子の半生」を朗読することで、これまで以上に『智恵子抄』の各作品に対する理解が深まってゆくことを実感しています。光太郎さんと智恵子さんのことを勉強する方のために、少しでもお役に立てば幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=rAr10bwzjNI 智恵子の半生 第3回


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

中学1年生・2年生対象の作文講座を開催します!〜表現力を育てる言問学舎

2017年07月22日

夏休みがはじまって2日。まだまだ先が長く、夢見心地の中学生も大ぜいおられることでしょう。特に1、2年生は、勉強面で大きな目標はないのがふつうですから、「勉強」より「遊び」の方に、心を奪われがちかも知れませんね。

ある面で、それも当然のことではありますが、まったく勉強のことを忘れてしまっては、あとで自分が大変なことになります。特に夏休みの宿題(課題)は、できるものから着実に終わらせることが肝心です。そうすることで余裕が生まれ、他の宿題も効率よく進みますし、その分だけ数学や英語の勉強にも、身が入るようになります。

国語力に定評があり、表現力を育てることに長けている言問学舎では、中学生の夏期講習のカリキュラムの中に、作文講座を組みこんでいます。夏休みの宿題の作文のほか、読書感想文にも対応します。宿題をクリアするだけでなく、作文や読書感想文を書くことで、全体的な国語力の向上も図れるのが、言問学舎の作文指導の特徴です。

開講日と費用、体験授業の扱い等、実施要項は以下の通りです。

◇中学1・2年生 夏休み作文講座のご案内

開講日 
中学1年生、2年生とも 8月8日(火)17:40〜19:50 (60分×2コマ)

費 用
60分1コマ3,240円×コマ数
中学1・2年生は、当日2コマのうちの1コマを無料体験授業扱いとすることもできます(弊塾所定の無料体験授業を充当します)。また中学2年生は、7月25日(火)の17:40〜または18:50〜の国語の授業に、無料体験授業として出席していただくことも可能です。8月8日に読書感想文指導を希望される方は、ぜひこの形式でご参加下さい(7月25日に体験、8月8日に授業2コマ出席)。

内 容
先述の読書感想文、作文のほか、一般的な小論文・作文にも対応します。ご相談下さい。

募集人員
中学1年生=4名 中学2年生=3名

受講のお申し込み、お問い合わせは、メールまたは電話で、言問学舎舎主・小田原漂情までお願いします。定員が少ないため、お早めにお願い致します。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
    
   
posted by 言問学舎 at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

都立推薦受験志望のみなさんへ〜集団討論および小論文・作文の導入授業を実施します!

2017年07月19日

 いよいよお子さんたちが待ちに待った夏休みの到来です。もちろん高校受験をひかえた中学3年生は、受験に向けて、勉強の正念場でもあります。

 国語を武器に受験を成功させる言問学舎では、夏期講習中にも、東京都立高校推薦入試の集団討論、小論文・作文対策の授業を組みこんでいます。真剣に受験に取り組む受験生のため、この特別授業のみの参加者も募集致します。

7月31日の集団討論の際は、教材として「大学入学共通テスト(仮称)」の「モデル問題例1」を使用しますので、来春高校受験でない方(私立中生など)も、将来の勉強に向けてご参加下さい。8月4日の回は、学校の宿題の作文・読書感想文指導も内容に含みますので、「文章を書くこと」そのものを基本から勉強したい方も、宿題のペースアップをかねてどうぞ。

 特別授業の時間割は、以下の通りです。回によって募集人員に違いがありますので、ご注意下さい。またこの特別授業は体験授業扱いを致しませんが、希望される方は、他の時間枠で60分1コマの無料体験授業を受けていただくことができます。

◇小論文・作文/集団討論対策特別授業 実施要領

・7月31日(月)18:50〜21:00 集団討論対策 募集人員2名
 「大学入学共通テスト(仮称))」のモデル問題例1の考え方、解き方(記述のしかた)を1時間、勉強した後、2時間目に、都立推薦型の集団討論を行ないます。「大学入学共通テスト」や、思考力・表現力の勉強のためにご参加いただいてもけっこうです。

・8月2日(水) 18:50〜21:00 都立推薦入試の小論文作文対策 募集人員4名
 都立高校推薦入試の「小論文・作文」に特化した授業です。ただし対象校は問いません。現在、大まかに志望校として想定しておられる学校の、過去の問題に対応します(一部、当日のお申し出では特定の内容に対応できない場合があります。どこかの年度または類似問題においては、必ず対応します。※希望される学校の過去問がホームページに掲載されていることが条件となります)。また、小論文の書き方の基本指導も含みます。

・8月4日(金) 18:50〜21:00 小論文・作文対策一般 募集人員3名
 小論文・作文の基本指導、すなわち文章そのものの書き方を含めて、幅広く記述力を育てる時間となります。この日は、学校の課題作文や読書感想文の持ちこみにも対応します。読書感想文の場合は、必ず課題図書を読み終え、ご持参の上でご参加下さい。

・受講料 上記いずれの場合も、2コマ8,100円となります(消費税込、教材費不要)。他の夏期講習の授業と併用される場合は、個別にご案内致します。

 受講のお申し込み、お問い合わせは、メールまたは電話で、言問学舎舎主・小田原漂情までお願いします。定員が少ないため、お早めにお願い致します。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com






posted by 言問学舎 at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎の夏期講習は、今からでも受講可能です!

2017年07月18日

 夏休みまで、いよいよ最後のカウントダウンとなりました。私立の学校では、今日、明日ぐらいで、すでに終業式の学校もありますね。言問学舎は、つねに子どもたちの学校生活とともにある、地域の学習塾ですから、21日金曜日から、夏期講習を開講致します。

 そして例年通り、今後も随時、夏期講習受講、ご相談、体験受講を受け付け致します。小学生、高校生は当初から講習費がコマ割り制ですし、中学生も、T・U・V期の期別のほか、さらに細かく、教科別の受講なども可能です。詳細はお気軽にご相談下さい。

 全学年の夏期講習の日程(一部学年は選抜)を掲載した「今後の夏期講習ご相談のご案内」を、「季節講習会のご案内」のページに、掲載致しました。以下のリンクよりご確認の上、魅力あふれる言問学舎の夏期講習を、どうぞご活用下さい。
http://blog9.kotogaku.co.jp/article/180379283.html 夏期講習今後のご案内

◇電話番号・メールアドレスは以下の通りです。        
 03‐5805‐7817  
E-mail toiawase@kotogaku.co.jp
 
posted by 言問学舎 at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

国語を武器に志望大学合格へ!言問学舎の夏期講習・大学受験土曜講座のご案内

2017年07月15日

 一学期最後の三連休。生徒諸君の様子を見ていると、もうほとんど夏休みに入りかけている感覚ですね。来春大学受験をめざすみなさん、国語の勉強は、しっかりできていますか。国語を武器に大学受験を成功させる言問学舎では、夏期講習中、毎週土曜日の午前を利用して、基礎から読解の本質までを身につけられる、大学受験土曜講座を開催致します。

 なぜこの講習で、大学受験レベルでの、国語の得点力を上げることができるのか。ポイントは次の3つです。

@個々人の「わからないレベル」「わからない内容」に対して、的確に手がかりを手渡すから。

 国語は「答え」を見ればそこへのたどりつき方がわかる教科ではありません。予備校など大人数の授業では、先生の話の中から自分で手がかりを見つけ、正解にたどりつくしかありませんが、言問学舎では、一人一人がわからないでいることを、こちらからさぐりあて、解決します。だから伸びます。

A文法も、的確かつ省力的に必要最低限、かつ頻度の高いものをマスターできるから。

 文法書やプリントの「丸暗記」などをさせることはありません。必要、かつ重要な部分をわかりやすく教え、文中の反復練習で定着を図ります。文語文法が苦手な人も、夏休みで骨格をつかみ、受験までにはきちんと「武器」にできるようになることでしょう(ただし覚えるための「反復練習」は必要です。また秋からは、授業時間に指導する機会は少なくなります。文語文法に不安のある人は、この夏期講習が勝負です)。

B読解の根本の力が身につくから。

「解き方のテクニック」だけでなく、文章を読む力の根本を育てます。したがって、国語がもともと得意な人は、さらに得意に。大学から先で必要な国語力までしっかり身につけられます。卒業生には、現役の国語の先生として活躍している女性もいます。
 もちろん国語が苦手な人も、しっかりまとまった得点を上げられるようになります。

 この夏、国語を磨いて受験への自信をつけたい人も、国語を何とか強くしたい人も、国語を武器に大学受験を成功させる言問学舎で、受験への強力な足掛かりをつくってみませんか!

◇言問学舎の夏期講習・大学受験土曜講座 開講要領

実施日時:7/22、29、8/5、19、26の各土曜日、10:00〜12:00

講習費用:2コマ8,100円×日数 ※消費税込、教材費不要
入会金:夏期講習時は不要。本入会時に21,600円を申し受けます。

受講形態:1日から5日まで、単発受講も可能です。また土曜日以外に、プラスアルファの授業を組むこともできます。

他の教科:国語以外の受験科目の受講も可能です。その場合の日時・費用等はご相談下さい。

備 考
 東京都在住で要件を満たす方は、「受験生チャレンジ支援」の対象となります。本年度の案内では、既卒の方も対象となるようです。ご確認下さい。

 本講座では、「無料体験授業」の扱いは致しませんが、他のコマ(日時)で、60分×2コマ、国語の無料体験授業を設定致します(日時はご相談の上、決定します)。


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com




posted by 言問学舎 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎の夏期講習・直前相談会のご案内

2017年07月13日

 九州地方のただならぬ豪雨と、その深刻な被害の前に、言葉を失う何日かを過ごしました。犠牲になられた方々のご冥福を衷心よりお祈りするとともに、各地区の復興が一日も早く果たされることを願います。

 東京都内の小学校、中学校、高等学校は、ちょうどあと一週間で一学期の終業式を迎え、夏休みに入ります。夏期講習説明会を連続して開催してまいりましたが、今週末、夏休み前最後の休日(三連休)となりますので、「直前相談会」を開催致します。今回は、16日日曜日は休業で、15日(土)・17日(月・祝)の実施です。夏期講習を現在おさがしの方は、ぜひご予定下さい。

 なお、国語と思考力・表現力を伸ばす言問学舎の夏期講習として、以下の特別講習が目玉となっています。詳細については舎主・小田原漂情までおたずね下さい。

★中学生〈作文・小論文〉の特別講習
中1 8/8(火) 18:50〜21:00 作文(学校の課題OK)
中2 8/8(火) 18:50〜21:00 作文(学校の課題OK)
中3 7/31(月) 18:50〜21:00 集団討論(都立推薦型)
中3 8/2(水) 18:50〜21:00 小論文・作文( 〃 )
中3 8/4(金) 18:50〜21:00 作文(学校の課題OK)

★高校生は、学年別に各種特別講習があります!
高1 文語文法の基礎を固める
高2 小説を読んで読解力、思考力を高める
高3 夏から勝負の大学受験講習(既卒生含む)
※高1、高2の授業日程は、個別にお問い合わせ下さい。大学受験の国語特別講習は、土曜午前を中心として、文法の基礎固めから読解まで。後日詳報をアップします。

★小学生は、読書感想文を言問学舎で!
小学生の読書感想文は、「思考力・判断力・表現力」を養う最初のきっかけです。夏休みに心と思考力を成長させる絶好の機会を、ぜひ言問学舎で生かして下さい。

◇2017夏期講習 直前相談会のご案内

日 時 7月15日(土)13:00〜/17:30〜 
7月17日(月)11:00〜/13:00〜  ※各回1時間程度

会 場 言問学舎 文京区西片2−21−12 ※南北線東大前駅徒歩3、4分

 お問い合わせ・体験授業に関しては、この相談会以外にも、随時受け付け致しております。また7月21日の夏期講習開講後も、ご相談・体験授業を受け付け致します(夏期講習の一部体験受講可)。国語を中心に、思考力を育て大きな成長を願うみなさまのため、多くのニーズにお応えできる態勢を整えて、ご相談をお待ち致しております。また、講習費等の詳細は下記リンクよりご確認下さい。特別講習の講習費につきましては、別途お問い合わせ下さい。

http://www.kotogaku.co.jp/lesson/summer.html  夏期講習のページ


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com








posted by 言問学舎 at 13:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

これからの子どもたちに求められる学力について、「JIJICO」に執筆しました!

2017年07月08日

 1989年から続けられて来た「大学入試センター試験」が、あと3回、現高校1年生の現役受験時をもって廃止となり、新たに「大学入学共通テスト(仮称)」が実施されることとなっています。5月に「モデル問題例」が発表されたことは、本コラム(当サイト)でもお伝えしましたが、その際内容に関しても、後日ご紹介する旨、表明しておりました。

 その「モデル問題例」の紹介のみの内容ではないのですが、以前から依頼を受けて教育問題などのテーマで執筆をしている「JIJICO」より、「大学入学共通テスト」と新しく求められる学力について解説して欲しい、との依頼がありましたので、執筆し、本日公開されましたので、ご案内させていただく次第です。国語のモデル問題例1については、簡潔に内容をまとめてあります。

JIJICO「大学入試激変!思考力・判断力・表現力を身につけるには?」
https://asqmii.com/jijico/2017/07/08/articles27343.html 

 この「大学入学共通テスト」に象徴される新しい学力のキーワードの一つに「思考力・判断力・表現力」があります。私ども言問学舎は、独自の国語教育でこの「思考力・判断力・表現力」を高めることに長けております。

 また、特に夏期講習では、小学生は読書感想文、中学生は作文など、学校の課題をクリアしながら思考力と表現力を伸ばせるという特色があります。

 夏期講習の「土・日説明会」は今週で終了となりますが、ご相談(面談)・体験授業は随時受け付け致しております。もちろん、国語以外にも、小学生の4科、中高生の5科すべて(高校地歴は日本史、世界史、理科は物理、化学、生物、地学に対応)に優秀なスタッフをそろえてえおり、中学・高校・大学受験のすべてに対応致します。

 今後のご案内にもご注目下さい。

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com



posted by 言問学舎 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

夏期講習説明会第4週(日曜最終開催)は、7月8日・9日実施です。

2017年07月04日

 言問学舎近辺の中学校では、六中が先週期末テストを終え、三中は昨日からスタート。また各私立中学・高校は、だいたい今週中か、今週から来週にかけて実施というスケジュールになっています。

 4月から入塾した六中の中3生は、数学、英語とも大幅に得点が上がったと、喜んで昨日テスト結果を持って来てくれました(いずれも30点近い得点アップ)。春休みに入った私立中2年の生徒は、中間テストや、4月実施の塾内テストで国語、数学が大きく伸び、英語もよくわかるようになって来たということで、勉強への手ごたえを感じてくれているようです。

 さて、今週末にも夏期講習説明会を開催しますが、それにあわせて、小学生と中学生の、大まかな講習設定日をご案内致します。

小学1・2年生 7/21、24、25、26、27、28、31、8/2、3、7、8、9、10、16、17、18、21、23、24、28     各日10:45〜12:10 ※このうち1教科4コマ以上の受講が必要

小学3・4年生 7/21、24、25、26、27、28、31、8/2、3、4、7、8、9、10、16、17、18、21、23、24、28     各日10:45〜12:10 ※このうち1教科6コマ以上の受講が必要

小学6年生 7/21、24、25、26、27、28、31、8/1、2、3、7、8、9、10、16、17、18、21、22、23、24、25、28、29 各日13:00〜17:30 ※このうち1教科6コマ以上の受講が必要 

中学1年生 7/24、25、26、31、8/4、5、8、21、22、29 
      各日17:40〜21:00、ただし8/5のみ14:10〜17:30
      ※国・数・英の3科実施 T期、U期、V期の一部受講、また1科からの受講も可能

中学2年生 7/24、25、26、27、28、31、8/7、8、9、18、21、22、28、29 
各日17:40〜21:00 ※国・数・英・社・理の5科実施 T期、U期、V期の一部受講、また1科からの受講も可能

中学3年生 7/21、24、25、26、27、28、31、8/1、2、3、4、5、7、8、9、21、22、23、24、25、28、29 各日17:40〜21:00(一部変更あり) ※国・数・英・社・理の5科実施 T期、U期、V期の一部受講、また1科からの受講も可能 ほか追加特訓講習あり。一部日程の振り替えも可能。

 高校1、2年生は複数コースがありますので、個別にお問い合わせ下さい。また小学5年生、大学受験生は発生手配となり、個別に日程をご相談致します。小学生の国語は読書感想文(または絵日記)をメインとし、中学生は各学年とも「作文講座」を含みます。中学生の「作文講座」単独のご案内は、後日掲載させていただきます。

 説明会第4週の実施要項は以下の通りです。

◇夏期講習説明会 第4週のご案内

日 時 7月8日(土) 10:50〜/17:30〜  ※各回1時間程度
    7月9日(日) 13:00〜/16:00〜  ※各回1時間程度

会 場 言問学舎 文京区西片2−21−12 ※南北線東大前駅徒歩3、4分

 お問い合わせ・体験授業に関しては、この説明会以外にも、随時受け付け致しております。また9日日曜日は、事前予約の場合上記以外の時間でも対応致します。国語を中心に、思考力を育て大きな成長を願うみなさまのため、多くのニーズにお応えできる態勢を整えて、ご相談をお待ち致しております。また、講習費等の詳細は下記リンクよりご確認下さい。

http://www.kotogaku.co.jp/lesson/summer.html 夏期講習のページ


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com 





posted by 言問学舎 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

言問学舎で思考力と表現力が伸ばせる理由は、ここにあります!

2017年06月27日

 2020年度から実施される予定の大学入試新テスト(仮称:大学入学共通テスト)、また同年の小学校から改訂される新学習指導要領の方向性などから明らかにされる通り、これからの子どもたちには学力の基本として「思考力・判断力・表現力」が、求められます。

 先日来、言問学舎の夏期講習では、この「思考力・判断力・表現力」を身につけ、磨くことができるということをご案内しておりますが、今日はより具体的に、言問学舎の国語教育でなぜそれが可能になるのか、そのことをお話したいと思います。

 これまでにもいく度かご紹介しておりますが、言問学舎における小学生のレギュラーの国語の授業「音読と読解、表現の講座」では、次のようなスタイルで授業をすすめます。

@15分程度で読み終えることのできる短い物語を舎主と生徒たちが交代で音読をする(マル読みまたは段落読みで、舎主のお手本のあとを生徒たちが読みます)。

A物語の中の大事なポイントに対して内容面の問いかけをする「読解シート」に、自分の感じたことを書き出して行く。

B「読解シート」にまとめたことをもとに、400〜600字の感想文を書く。

 ここで大切なことですが、Aでは原則として「正解」を求めません(一部の「設問」を除く)。学校でのテスト形式(必ず○×がつけられる)のために国語ぎらいになったと思われる子どもたちを、たくさん見ているからです。〇×ではなく、一人一人の子どもたちが感じ、考えたことから、読解、思考ははじまってゆくのです。

 近年は、Aの読解シートの段階で悩む子が多くなりましたが、問いかけと対話を通じて、心の中にあるものを形にあらわす、その学習を繰り返すことで、思考の幅は広がります。そしてAからBへすすむ過程で、思考と判断を重ね、表現の力を身につける、これが言問学舎の国語の勉強です。自ら主体的に学ぶ力も、この国語学習を通して培われて行きます。

 夏期講習では、小学生は読書感想文の指導を通して、また中学生は作文・小論文の授業などで、上記のプロセスと同じ「学び」を得ることができます。高校生も、大学受験の指導を含めて(大学受験の現代文には、形を変えた深い「思考」の過程があります)、言問学舎ならではの本質的な国語の授業が受けられます。もちろん国語のみならず、小学生の4科、中高生の5科にわたって、実りある夏期講習をご用意しております。

 次回、夏期講習説明会は、今週末の土・日開催です。リンクよりご確認下さい。
http://blog7.kotogaku.co.jp/article/180175931.html


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com









posted by 言問学舎 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

夏休みこそ、「思考力」を育てましょう。読書感想文は大きなきっかけになります!

2017年06月17日

 夏休みの6週間、子どもたちにとっては、夢のようにうれしい時です。もちろんお母様方を中心として、保護者の皆様には、何かとご苦労も多い季節であることも、よく承知しております。とりわけ、小学3年生以上で宿題とされている「読書感想文」には、悩まれる方が多いのではないでしょうか。

 私ども言問学舎は、創業以来ただいま15年目ですが、「読書感想文が苦手」というお子さんは、当初からたくさん見てきました。いや、四十年前、五十年前の私の子ども時代にも、苦手な人はたくさんいたことでしょう。

 加えて近年では、文章を読むことも苦手、その内容について考えることはもっと苦手、というお子さんが、増えています。それなのにほとんどの学校では、ただ「書いて来なさい」ということで、指示だけが出されるのですから、子どもたちの困惑、保護者の方々のご苦労も、容易に想像できるというものです。

 しかし、見方をすこし変えると、これは大チャンスでもあります。2020年度からの大学入試改革、同じ年からの小学校の指導要領改訂では、「思考力」、「判断力」、「表現力」そして「主体的に学ぶ力」が従来以上に強く求められて行くのですが、読書感想文こそは、何よりもその大きなきっかけになるはずの、うってつけの機会なのですから。

 言問学舎の夏期講習では、小学生は国語の授業で、「読書感想文」を主たるテーマと致します(中学受験クラスを除く)。基本的には、言問学舎の推薦図書の中から本を選んでもらい、一冊を読んだ後、オリジナルの「読書感想文シート」を使って、まず感想文執筆の下準備をします。この過程で、感想文を書くという仕事の5、6割は、できたのと同じです。

 さらに本文を書くにあたっては、正すべき箇所への添削はもちろん、「書き出しがわからない」、「内容と内容のつなげ方がわからない」などの悩みに対し、時には具体的な例文の提示までして、全面的にサポートします。ただし、あくまでそこに書かれることは、生徒本人の心の中、頭の中から出て来たことであり、子どもたちが自分で考え、表現した読書感想文が書き上げられる、という点に、その大きな特長があるのです。

 これすなわち、「思考力」「判断力」「表現力」を育てるプロセスです。もちろん一度の感想文ですべてが終わるわけではありません。ここを入り口に、さらに深く、国語を学びながら「思考力」「判断力」「表現力」を育んでゆく言問学舎の国語指導の一端を、知っていただくことができます。読書感想文という夏休みの大きな課題をクリアしながら、大切な勉強のいとぐちを経験できる言問学舎の夏期講習を、ご活用下さい。講習内容の詳しいご案内は、以下のリンクよりご覧いただけます。

http://blog5.kotogaku.co.jp/article/180058206.html 夏期講習・小学生の特徴


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com




posted by 言問学舎 at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

思考力・表現力を大きく伸ばす言問学舎の夏期講習・2017/小学生のご案内

2017年06月15日

 文京区の小学校では、まもなく6年生が順次、魚沼の移動教室に出かけます。豪雪の冬季と違い、この季節の魚沼は、山の緑に囲まれた川沿いの平地の田んぼで、青く伸びはじめた稲が風にゆらいでおり、えも言われぬ実りの予感を漂わせています。大きく伸びようとする子どもたちは、魚沼で何を見つけて来るでしょうか。

 さて、すべての子どもたちにとっての大きな実りの時である夏休みも、あとひと月あまりとなっています。勉強の面でも、生活面と同じく成長して欲しいと願うのが親御さんのお気持ちだと思いますが、夏休みはただでさえ大変な時でもありますね。

 言問学舎の夏期講習は、勉強面では「復習」を中心にしながら(受験クラスは別で、後述します)、親御さんたちにとって悩みの種である読書感想文、作文や絵日記などにも対応する、うれしい講習です。

 毎年夏休みの後半になると、読書感想文を代わりに書く業者の存在が、ニュースにもなったりしますが、言問学舎の読書感想文指導では、子どもたちが自分で考え、取捨選択などの判断をし、自分の言葉で書き上げるため、ただ「感想文ができあがる」だけでなく、思考力・判断力・表現力を芽生えさせ、伸ばすことができます。そしてここを第一歩として、真の国語力を身につける学びの道へ、すすんで行くことができるのです。

 算数では、今まで苦手だったところをしっかり復習することと、3、4年生の小数、分数、面積、5、6年生の割合、約数と倍数など、特に重要な単元を集中して勉強します。ただ問題を解くだけでなく、子どもたちの興味・関心を引き出して、「なぜ?どうして?」から算数のしくみを学んで行く学習の仕方が、長年好評を得ています。

 以下、学年ごとの日程、費用等をご案内致します。詳細につきましては、メール・電話でおたずねいただくほか、17日(土)からの夏期講習説明会にお出かけ下さい。

◇小学6年生 
 6年生は3コースに分かれます。ひとつは私立中受験コースで、現在、国語・社会・理科の授業を実施しています。ただし算数も、ご希望があれば対応します。首都圏模試の偏差値60程度の志望校まで受け入れ可能です。また社会・理科とも、一部単元をのぞいて復習・過去問対策が前提となります。2科受験、適性検査型受験の場合は、この限りではありません。募集人員は、あと1名となっております。

 中高一貫校受験コースは、長文記述対策(小石川の適性検査T)中心の授業を実施しています。ただし、他の領域(小石川の適性検査U、V)にも対応するほか、上記の通り私立中の適性検査型入試にも対応します。今から私立中を志望される方には、適性検査型に勝機があるかも知れません。募集人員は、あと1名となっております。

 区立中進学予定の方のための総合コースは、先に述べた読書感想文を通しての思考力・判断力・表現力を身につけられる国語学習と、中学進学に備えての算数の基礎・応用の勉強ができます。こちらの募集人員はあと2名です。
※私立中・中高一貫校受験コースと国語専科=1コマ(60分)2,980円×受講時数。
総合コース=1コマ(60分)2,020円×受講時数。
標準コマ数=私立中受験4科・80コマ、2科・60コマ。総合コース1科6コマ以上。
中高一貫校受験はご相談の上決定します。

◇小学5年生
 5年生は、私立中受験または総合コースに分かれます。中高一貫校受験志望者は、併願の可能性や算数・理科の勉強の深度によって、いずれかをメインとします(ほかに記述対策授業を組み合わせます)。
 私立中受験を今から目指す、あるいは今から組み替える方にも対応できます。総合コースは読書感想文をメインに思考力・判断力・表現力を養う国語学習と、基礎の復習から応用まで個別対応の算数の勉強ができます。
※私立中受験コース・中高一貫記述対策=1コマ(60分)2,340円×受講時数。
総合コース=1コマ(60分)2,020円×受講時数。
国語専科=1コマ(60分)2,980円×受講時数。
標準コマ数=私立中受験4科・60コマ。総合コース・記述対策1科6コマ以上

◇小学1〜4年生
 学年に応じて、学校の課題に対応する文章指導(読書感想文、作文、絵日記等)を中心とする国語学習で、思考力・判断力・表現力を養います。また算数では、4年生までの基礎学力を固めるために、復習から応用までの幅広い学習で、算数の楽しさを教えます。
総合コース=1コマ(40分)1,700円×受講時数。
国語専科1コマ(40分)1,700円×受講時数
標準コマ数=私立中受験4科・60コマ。総合コース・記述対策1科6コマ以上

 開講日・時間等等の詳細については、メール・電話でお問い合わせいただくか、17日(土)からはじまる夏期講習説明会にお出かけ下さい。その他のご質問も、お気軽にどうぞ。

http://www.kotogaku.co.jp/lesson/summer.html 言問学舎 夏期講習

http://blog5.kotogaku.co.jp/article/179973514.html 説明会第1週のご案内

◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com


posted by 言問学舎 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

思考力・表現力を大きく伸ばす言問学舎の夏期講習・2017/高校生のご案内

2017年06月14日

 高校1年生の現代文における『羅生門』、2年生の『山月記』、3年生の『舞姫』の授業は、だいぶすすんできたでしょうか。そして6月半ば、夏休みまであとひと月あまりの時期になりましたが、夏休み(以降)の勉強の計画の方は、いかがでしょうか?

 いま高校生の方たちは、「センター試験を受ける最後の世代」とされています(現高1の方たちの現役受験時が、最終実施年)。「センター試験」に代わる新テストを受ける可能性はあまり(ほとんど)ないわけですが、世の中の流れから考えると、みなさんもまた、「思考力」、「判断力」、「表現力」、そして「主体的に学ぶ力」を求められてゆくであろうということは、言えると思います。

 特に国語の領域では、知識中心、演習中心(従来の問題を使用するタイプ)の勉強でなく、思考力や表現力を身につけることのできる国語学習が、必要ではないでしょうか。

 言問学舎では、高校生のみなさんにも、「思考力・表現力を大きく伸ばす」講習内容を、用意しています。もちろん、大学受験という、高校時代の勉強のひとつのゴールが待っているわけですから、そこに向かうための各学年の勉強も、一人一人の生徒をていねいに指導できる体制で(国語以外は原則1対2まで)、整えています。大学受験まできちんと指導する言問学舎で、有益な夏期講習の時間を過ごして下さい。

 以下、学年ごとの時程、費用等をご案内致します。詳細につきましては、メール・電話でおたずねいただくほか、17日(土)からの夏期講習説明会にお出かけ下さい。

◇高校3年生・既卒生<大学受験> 
 直近3年間、センター試験国語の弊塾受験生の平均得点は、100点満点換算で毎年20点以上、全国平均を上回っています。また私立大学の一般入試の国語では、だいたい8割、9割得点できる力を身につけるので、多くの受験生が、「国語の高得点のおかげで合格できた」と言ってくれます(当初から国語が得意だった人に限りません)。
 もちろん、他の教科にも、優秀なスタッフをそろえています。国語以外は原則として教師1名に対し生徒2名まで、いわゆる個別指導と違いのない体制ですから、自分がわからないところを自分に合わせたペースで、学ぶことができます。
 本年度夏期講習は、国語・英語・数学のほか、物理・化学・生物、日本史・世界史の担当教員が在籍しています(政経、地理、倫理、地学については、ご相談下さい)。
 夏期講習直前には、最近受験を経験したスタッフによる「大学入試ガイダンス」で、心がまえにはじまり、受験教科の勉強の仕方や大学選び、学科選びなど、身近な立場の先生から、身になる話を聞くこともできます。そして入試本番まで、勉強内容はもちろん、メンタル面のサポートまで、きめ細かくお手伝いします。1教科から受講できます。
※1コマ(60分)3400円×受講時数のコマ割り制。標準コマ数=1教科21コマ。
東京都の方は、受験生チャレンジ支援制度が利用できます。 

◇高校2年生
 高2の夏休みは、「進路を考える」という大きな課題がありながらも、「受験まではまだ時間がある」と考えて、気持ちも行動もゆるんでしまう人が少なくありません。けれども、そのままの調子で2学期が過ぎると、あっという間に3年の春がやって来ます。高校生活で一番楽しい夏休みを満喫しつつも、将来に向けた勉強の方も、しっかり押さえておきましょう。
 数・英は、一人一人の必要に応じて、今までの復習から先をにらんだ予習まで、柔軟に対応します。国語では文語文法を仕上げして、古文の文章の大意がとれる段階をめざします。また現代文できちんと小説を読み、思考力から表現力をきたえる授業も行ないます。もちろん進路の相談等も、きめ細かく対応します。1教科から受講できます。
※1コマ(60分)2770円×受講時数のコマ割り制。標準コマ数=1教科12コマ。

◇高校1年生

 入学して2ヶ月ほどが経ぎ、学校生活にもなじんで来た頃でしょう。勉強の方は、うまくペースがつかめていますか。まだまだ大学受験は先のことと感じられる人が多いでしょうが、秋にはもう、文系/理系の選択をしなければなりません。
 自分が文/理のどちらに進むのか、その判断をするためにも、この夏休みは、高校での勉強をきちんと復習し、基礎固めをするとともに、将来を考える機会を作ることが大切です。
 また国語は、1学期に習った文語文法を総整理し、2学期にそなえます(「助動詞」をひととおり、教えます。中高一貫校の方は、さらに先の内容まですすみます)。
 1教科から受講できます。2学期に向けて、苦手・不安をのこさないようにしましょう。
※1コマ(60分)2770円×受講時数のコマ割り制。標準コマ数=1教科9コマ。

http://www.kotogaku.co.jp/lesson/summer.html 言問学舎 夏期講習

http://blog5.kotogaku.co.jp/article/179973514.html 説明会第1週のご案内


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ

思考力・表現力を大きく伸ばす言問学舎の夏期講習・2017/中学生のご案内

2017年06月13日

 期末テストが2週間後、3週間後に近づいて来ました。1学期の通学そのものも、あと1か月と少しです。夏休みを楽しみにしている中学生のお子さんたちも、多いことでしょう。

 もちろん、夏休みを楽しく過ごすのは、とても大事なことです。昨今は学校から出る宿題も多いので、「できるだけ勉強せず、遊びたい」と思う人も、増えているかも知れません。

 でも、学校の宿題は、ほとんどの場合「これだけやって来なさい」と与えられる課題であり、自力で全部解ければ復習になりますが、わからないところは、何とかしてわかるようになり、自分でできるようにならなければなりません。

 受験学年である3年生はもちろん、2年生も、1年生も、この夏休みの過ごし方しだいで、2学期からの学力が大きく変わります。学力を伸ばす上で、多くの中学生にとって大切なのは「復習」です。夏休みという貴重な時間に、今までの弱点をしっかり復習し、2学期からの勉強にそなえることで、生活と勉強の両面から、夏休みを有効に活用して欲しい。それが言問学舎の夏期講習のコンセプトです。

 また国語では、各学年とも「作文」の時間を日程中に組み込みます。昨年まではオプションでしたが、今年は必修の時間割の中で、舎主・小田原漂情が直接作文指導をする時間を設定します。内容は、学校の課題作文をメインとしますが、3年生は、都立高校推薦入試の小論文対策の時間もあります。「思考力・表現力を大きく伸ばす」夏期講習の目玉となる部分です。

 以下、学年ごとの日程、費用等をご案内致します。詳細につきましては、メール・電話でおたずねいただくほか、17日(土)からの夏期講習説明会にお出かけ下さい。

◇中学3年生 
 時間単価(60分)約1,150円となる、リーズナブルで力のつく夏期講習(5科63コマ全受講の場合)。前半(T期、U期)で1・2年の復習確認を徹底し、後半(V期)に2学期の予習と応用・仕上げをして、受験までの基礎体力をつけさせます。1教科から、またT期のみ、U期のみ、V期のみの受講も可能です。講習費は消費税込の金額です。
※全21日・63コマ(1日3コマ)/講習費72,500円、教材費3,024円。
 期別の講習費は、下記リンクから夏期講習のページをご覧下さい。
東京都の方は、受験生チャレンジ支援制度が利用できます。 

◇中学2年生
 高校受験の際に用いる内申点(調査書点)は、東京都では3年2学期の通知表の評定を用いますが、昨今多くの学校で、直前の期間(3年1学期→2学期など)だけではあまり評定を上げてくれない傾向が強くなっています。2年生の評定を、大事にしましょう。
 2年生は42日間の夏休み中、14日間(1日3コマ)出席の、受けやすい講習です。ここでしっかりいままでの復習をして、2学期以降にそなえましょう。1教科から、またT期のみ、U期のみ、V期のみの受講も可能です。講習費は消費税込の金額です。
※全14日・42コマ(1日3コマ)/講習費51,000円、教材費1,944円。
 期別の講習費は、下記リンクから夏期講習のページをご覧下さい。

◇中学1年生
中学生にとって大切なことは「復習」です。中学入学から1学期の間に習ったことを、夏休みにしっかり復習しておかないと、2学期からの勉強が、大変です。1年生は全部で11日間、たいへん受けやすい講習です。中学生らしい作文の書き方も、勉強できます。2学期から本格的になる「中学の勉強」にそなえるために、ここできちんと基礎固めをしておきましょう。1教科から、またT期のみ、U期のみ、V期のみの受講も可能です。講習費は消費税込の金額です。
※全11日・33コマ(1日3コマ)/講習費42,000円、教材費1,944円。
 期別の講習費は、下記リンクから夏期講習のページをご覧下さい。

http://www.kotogaku.co.jp/lesson/summer.html 言問学舎 夏期講習

http://blog5.kotogaku.co.jp/article/179973514.html 説明会第1週のご案内


◇電話番号は以下の通りです。 
 03‐5805‐7817 舎主・小田原漂情までお願いします。
 メールはフォームよりお願いします。

言問学舎の生のすがたは、こちらの動画からもご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=c2OdlIl8T44

国語の勉強をお手伝いする国語専門サイト・国語力.com
http://www.kokugoryoku.com
posted by 言問学舎 at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひろく一般のみなさまへ